IGNの記事によると、データを解析したところポケモンGOのアップデートに『ポケットモンスター金・銀』に登場した100匹のポケモンのコードが含まれている事が分かりました。

元の記事はこちら:http://jp.ign.com/pokemon-go/8882/news/pokmon-go

※今回の記事の引用元もこちらの記事になります

金銀の100匹のポケモン、更にメタモンも確認

TheSilphRoadによると、「Pokémon GO」Android版の最新アップデート0.45.0には152匹目から251匹目――金・銀の図鑑そのもの――のコードが確認された。

ポケモン金・銀と言えばヒノアラシやチコリータ、ワニノコの御三家やルギア、ホウオウといった伝説のポケモンが登場した作品ですね。
金銀からポケモンに道具を持たせられたりタマゴによる孵化があったり、色違いのポケモン、珍しいポケモンの大量発生など後のシリーズにも引き継がれる新たな要素が数多く追加されました。
また、伝説のポケモンのバックグラウンドやアンノーンと遺跡の関係など、ポケモンの世界観を深く掘り下げたタイトルでもあるので非常に人気の高い作品です。

その金銀に登場したポケモンが新たにポケモンGOにも登場が近いと思うと、ワクワクしますね!
…私も早くスマホを買い替えて遊びたい(´・ω・`)

 

だが、これらのポケモンが使う技のコードはまだ確認されていない。実際に登場する前に、さらにアップデートが必要となる可能性が高い。いつになったら飛び出してくるか、現時点ではまだ不明というわけだ。

ポケモンのコードが追加されたとはいえ、まだもう少し実装までは時間がかかるのでしょうか?
これから先寒くなりますが、お正月の時期に追加だとタイミング的には外出の機会もあったり丁度いいでしょうか。
いや、私は多分寝正月になりますけど…。

早めに実装して欲しい反面、これから先雪が降ったりするのを考えると春先になってからの方が遊びやすいかもしれません。
地面が凍っている時に歩きスマホは危ないですしね。

 

だが、メタモンの有名な技「へんしん」は発見され、アニメーションも存在するようだ。メタモンは「Pokémon GO」にまだ登場していない初代ポケモンの6匹のうちの1匹だが、登場する日も近いかもしれない。

メタモンが未だ実装されていないのは知っているのですが、伝説のポケモンと並んでメタモンが未だシークレットなのは何か理由があるのでしょうか。
原作ではメタモンと育て屋に預ければ同種のポケモンが必ず生まれたりしますが、その辺がポケモンGOでも何か関係ある…?

それとも『へんしん』のアニメーションも存在するとの事ですので、好きなポケモンにへんしんさせて何か出来たり、特殊な使い道があるのかもしれませんね。

 

何にせよ、ポケモンGOのアップデートやポケモンの追加はまだまだこれからみたいです。
金銀のみならずルビー・サファイアやダイヤモンド・パール、ゆくゆくは最新作のサン・ムーンの新ポケモンやリージョンフォームしたロコン、ナッシー達も追加されるのが待ち遠しいですね。

最終的にはポケモンの総数が増えすぎて歩き回って探すのも大変になりそうですw

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0