9月14日朝7時からニンテンドーダイレクト配信、『スマブラ』のタグが付いていた…?

任天堂は日本時間で2017年9月14日、朝7時から『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)』を配信すると発表しました。

公式ページはこちら

5ヶ月ぶりのダイレクト、時間は50分

『ニンテンドーダイレクト』とは、任天堂が『直接』最新情報をお知らせする為に配信している動画で、今年の4月にも一度配信されています。

9月14日の朝7時から、およそ5ヶ月ぶりに『ニンテンドーダイレクト』を配信すると任天堂は告知しました。

 

 

世界同時配信なので日本では少し朝早いですが、『スーパーマリオ オデッセイ』などを中心に、年末に向けたタイトルの情報が発表されるようです。

つい先日、海外では『東京ゲームショウの前にニンテンドーダイレクトが配信される』と予想されていましたが、まさに予想が的中する形となりました。

内容については当日のお楽しみですが、恐らく『ファイアーエムブレム無双』や『ゼノブレイド2』といった任天堂に関わるタイトルの他、『スカイリム』や『FIFA 18』、『ロケットリーグ』、『モノポリー』など、海外で開発されたタイトルも取り上げられそうです。

また、放送時間は約50分が予定されており、今までのニンテンドーダイレクトでも最長レベルの配信時間になっています。

その為、まだ発表されていないサプライズなタイトルにも期待できるかもしれません。

ただし、今回の配信ではスマートフォンアプリに関する情報はないとの事です。

なので、以前から開発がコメントされている『どうぶつの森』のアプリなどについては、また別の機会を設けるようです。

配信ページのタグには『スマブラ』が

今回のニンテンドーダイレクトでは、ニンテンドースイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』が発表されるのではないか?と予想されています。

元の記事はこちら

この予想自体は昔からあり、4月のニンテンドーダイレクトや、6月のE3でも発表が期待されていましたが、どちらも肩透かしに終わってしまいました。

しかし今回の予想には1つ理由があり、それはYouTubeの配信ページに『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』というタグが付けられていたそうです。

これはGoogleの『YouTube Gaming』というサービスでタグ付けされたもので、現在は削除されていますが、このタグをクリックする事で同じゲームの動画を一覧で探せる、というものです。

このタグは視聴者が自由に付ける事はできず、YouTubeが意図的にタグを付けたという事になり、今までの噂よりは少し信憑性が高まっています。

また、50分という配信時間も今までのニンテンドーダイレクトに比べると明らかに長く、スマブラが発表されるならこの長さも頷ける、というユーザーもいるようです。

とはいえ、本当に『大乱闘スマッシュブラザーズ』が発表されるかはもちろん分かりません。

あまりスマブラにこだわらず、『何かサプライズはあるかな?』くらいの気持ちで見ているのが一番楽しいかもしれませんね。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    なんだと…
    ボードゲームはいらないから、亜空の使者をリニューアルして実装して欲しい!
    ところで桜井さんは今頃何してるんだろう…

  2. 匿名 より:

    スマブラはE3で・・・ってイメージが強かったけどどうなんだろう
    新作じゃなくてリメイクならあり得るかな?

  3. 匿名 より:

    50分とかカンファレンス並みの規模ですなあ

    ダイレクト前は各所で、内容に関する予想 考察 謎リークが飛び交うから面白い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。