9月14日に『ニンテンドーダイレクト』が配信、海外との違いも面白いかも…?

どうもみう太です(=゚ω゚)ノ

本日、2017年9月14日に『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)』が配信されました。

まさかの配信時間50分と、これまでにない長さでしたね!

サプライズは薄めでも、しっかりとしたプレゼン

さて、どのような内容が発表されたかについては、私が記事をいちいち書くより動画を見るのが手っ取り早いし、分かりやすいと思います(´・ω・)

 

今回のダイレクトでは『ゼノブレイド2』と『スーパーマリオ オデッセイ』の2本を中心に、年末年始に向けたタイトルが紹介されました。

3DSとNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、両方のニュースがありましたが、やはり基本的にはニンテンドースイッチがメインのようですね。

タイトルの多くはすでに発表されているものが多く、強いサプライズはそれほどありませんでしたが、50分の時間をフルに使って多種多様なゲームが紹介されました。

(DOOMとかは人によってはとんでもないサプライズだったかもだけどね)

特徴的なのは『スカイリム』や『DOOM』のような大規模のゲームと、『Poly Bridge』や『ネクロダンサー』といったインディーゲームが同じように扱われている事であり、リリースされるゲームの幅の広さがチェック出来ます。

ニンテンドースイッチは据置ハードにも携帯ハードにもなる特性から、すべてのユーザーが壮大なRPGを望んでいる訳ではなく、外で気軽に遊べるゲームを望んでいるユーザーも少なくありません。

今回の50分のダイレクトでは、それぞれのユーザーに合ったソフトを見つけるきっかけになったのではないでしょうか?

個人的には『ネクロダンサー』がめっちゃ欲しいです(´・ω・)

 

 

さて、今回のダイレクトは全世界で同時に配信されたのですが、日本と海外では少しだけ配信の内容も違います。

例えば『マリオ × ラビッツ』はすでに海外で発売されていますので、日本の配信でしか取り扱われていません。

逆に、日本ですでに発売されている『レイトン ミステリージャーニー』は、海外の配信でしか紹介されていませんね。

他にも細かな違いがあって、海外ではFPSやTPSの人気が高いのもあって『モーフィーズ・ロウ』や『スカイリム』の紹介が少し長くなっていたり、『ソニックフォース』や『WWE 2K18』、『L.Aノワール』なども紹介されています。

…日本でも『ソニックフォース』とか紹介して良かったんじゃなかろうか…(´・ω・)

『カラオケ JOY SOUND』などの紹介が無い分、海外の方が5分ほど短い動画になっていますが、見比べてみるのも面白いかもしれません。

 

あと、また配信を見ながら喋る動画を撮ったんですけど、今回なんかマイクの音質がすごい悪くてですね…(´・ω・)

50分もあって流石に長いので、お暇な方はシークバーをちょこちょこ動かして飛ばし飛ばし見て貰えれば嬉しいですw

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    実況動画見たよ

    • 管理人のみう太 より:

      ありがとうございます!
      今回のマイク音声、なんかくぐもった感じになっちゃったんですよねー。
      ちょっとお聞き苦しくて申し訳ないー(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。