クラシックゲームセレクションに入れて欲しい!オンラインで遊びたいゲーム【ファミコン編】

どうもみう太です(=゚ω゚)ノ

任天堂はNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のオンラインサービスの1つに『クラシックゲームセレクション』を発表しました。

これはファミコンでリリースされた懐かしのゲームを1つにまとめ、オンラインで遊べるようにリメイクされたゲームソフトのようです。

現在は『スーパーマリオブラザーズ3』と『バルーンファイト』、『ドクターマリオ』の収録が発表されていますが、追加ラインナップは追って発表との事で、オンラインで遊んでみたいファミコンタイトルをまとめてみました(´・∀・)!

テニス(任天堂)

 

古い!ファミコンの中でも初期のゲームで、テニスの試合そのものをゲームに落とし込んだ作品はこれが世界初です。

操作は十字キーで移動してボタンで打つだけのシンプルなものですが、打ち方やボタンの押し方でスマッシュ、ロブなんかも打ち分けられる奥の深いゲーム性だったりします。

すべてのテニスゲームの祖と呼べる存在なんですが、最近のゲームのように親切ではないので、ちゃんと振ったラケットがボールに当たるように動かないと打ち返せなかったりちょっとシビアではありますw

2人プレイにも対応しているのですが対戦は出来ず、ダブルスで協力してコンピューターと戦うモードになります。
とは言え最近のゲームにはない難しさが、敢えて今友達と遊んでみる事で盛り上がるかもしれませんね(´・∀・)

アイスクライマー(任天堂)

 

任天堂の開発したアクションゲームで、ひたすら雪山を登っていくゲームです。
アイスクライマーはスマブラにも参戦していたので、それで知っている人も多いかも…?

上の足場を壊しながらひたすらジャンプで登っていくのですが、ジャンプの制御に癖があって思い通りに動かしにくく、それが意外とかえって面白くなっていたりします。

2人で同時プレイする事も可能で、協力して山頂を目指す…ハズなんですが、大体仲間が邪魔になってバトルになるという流れが鉄板です(´・ω・)
オンラインでも一緒に遊べれば間違いなく楽しいタイトルだと思いますよ!

ヨッシーのたまご(任天堂)

 

落ちてくるブロックを揃えて消す、ヨッシーを主人公にしたパズルゲームです。
まぁヨッシーが主人公と言いながら操作するのはマリオなんですけど…w

特徴的なのは、これまでの落ちものパズルゲームは落ちてくるブロックを動かすのが主流でしたが、ヨッシーのたまごは下の受け皿を動かすシステムになっています。
これが結構難しくて、思い通りに動かすにはコツがいるんですよね。

2人での対戦プレイが可能で、ブロックの全消しをするか、相手がブロックで詰まれば勝ちとなります。
これもコンピューター戦より対人戦が1番楽しいので、オンラインで遊べれば白熱しそうですね(´・∀・)

しかしヨッシーの初登場が1990年で、1991年にはタイトルに使われるってスピード出世だな…。

ツインビー(コナミ)

 

コナミのグラディウスに並ぶシューティングゲームと言えば『ツインビー』じゃないですかねー。
これまでシューティングゲームと言えばシリアスな雰囲気で高難易度、と言うイメージが強かったのですが、ポップでコミカルなシューティングが新しくユーザーの心を掴んだ作品です。

グラディウスは横シューティングなのに対してツインビーは縦シューティングで、音楽もグラフィックもとても評価が高いです。

2人同時プレイが出来るのも、当時交代制が多かったシューティングでは珍しく、仲間同士で手をつなぐと強力なショットが撃てたりとギミックが用意されているのも良いですね(´・∀・)

コナミワイワイワールド2 SOS!パセリ城(コナミ)

 

コナミの発売したアクションゲームで、『がんばれゴエモン』のゴエモンや『悪魔城ドラキュラ』のシモン、『魂斗羅』のビルなどオールスターなゲームとなっています。

グラフィックはコミカルで親しみやすく、小さい子供でも遊びやすい作りになっています。
また、アクションステージだけなく『グラディウス』や『ツインビー』をベースにしたシューティングステージも用意されており、原作を知っていると更に楽しめるタイトルだと思います(´・∀・)

こちらも2人で同時プレイが出来るので、2人で色々なキャラクターを使い分けて遊ぶのが楽しそうですね。

因みにワイワイワールドは1もあるのですが、初代ワイワイワールドは『グーニーズ』と『キングコング』が原因で復活が難しいとかなんとか…。

ダブルドラゴンⅡ The Revenge(アークシステムワークス)

 

『ダブルドラゴン』シリーズの2作目で、双截拳の使い手であるビリーとジミーが恋人や仲間の敵を討つ為、謎の武装集団に戦いを挑むベルトスクロールアクションゲームです。

パンチとキックだけでなく空中での回転蹴りや、威力の高い膝蹴り、相手の武器を奪って使ったりアクションの幅も広い名作だと思います。

純粋にゲームとしてとても面白いんですが、真骨頂はやっぱり2人プレイですね!
味方への攻撃がヒットするので、思いがけず同士討ちになったり邪魔をしあったり…、協力プレイではなくバトルゲームとして楽しむのも良いかもしれません。

スーパーチャイニーズ(カルチャーブレーン)

 

おもしろゲームを開発する事に定評のある『カルチャーブレーン』のアクションゲームで、かなり長くシリーズの続いた作品です。

2人の主人公、ジャッキーとリーを操作して、妖魔軍団を退治するのが目的となります。
ジャッキーとリーはパンチとキック以外にも『ガンボール』と言う闘魂弾を使ったり、強敵も倒せるようになる剣も使う事が出来ます。

ステージには割と頻繁にワープゾーンが用意されていて、これを利用すれば結構簡単に最終面まで…と思いきや、途中のアイテムを集めないと倒せない敵が出てきたり詰む事があるので、結局舐めるようにステージをクリアする必要がありますw

2人同時プレイが可能で、協力して遊ぶとアイテムの回収などもしやすくて楽しいゲームですよ。

いっき(サンソフト)

 

伝説のクソゲー、みたいなポジションを確立していますけど、実はとんでもないクソゲーと言う訳でもなくちゃんと遊べるゲームだったりします(´・ω・)

高い年貢に我慢できなくなった農民を操作してお代官様の館を目指す、と言うストーリーで、邪魔をしてくる敵を倒しながら小判を拾い集めます。
一揆とはいったい…。

基本的には鎌を投げて戦うんですが、フィールドに落ちているパワーアップアイテム『竹槍』を取るとパワーアップ!…のハズが、遠距離攻撃が一切出来なくなるというまさかの罠アイテムだったりします。

2人同時プレイが可能で、簡単にやられてしまう事から友達と遊ぶとこれも意外と盛り上がるタイトルです。
実際PS3で『いっきオンライン』がリリースされてたりするし(´・ω・)

もっと定番タイトルが追加されるかも?

と言う訳で、勝手にオンラインで遊べたら面白いかもなーなんてファミコンタイトルを並べてみました(´・ω・)
もちろん『ボンバーマン』や『桃太郎電鉄』、『ぷよぷよ』のような定番タイトルもあると思うんですが、今ではシリーズが出ていないタイトルを中心に選んでみましたよー。

『ダウンタウン熱血物語』とかも絶対楽しいけどねぇ…(´・ω・)

そもそもこのサービスで何本タイトルが収録されるのか、まず任天堂以外のタイトルは収録できるのか、とかもあるんですが、可能性はありそう…かな…?

もしあれがオンラインで友達と遊べたら楽しそう、なんてタイトルがあればコメントに書いて頂ければ、私が『なるほどな~』って思います(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    くにおくんシリーズはオンラインで遊べたらどれも楽しそう
    個人的に遊びたいのはスパイvsスパイかな

    • 管理人のみう太 より:

      スパイvsスパイも入れようか迷ったんですよね!
      くにおくんは絶対楽しいですよ、運動会とかドッジボールとかでも絶対盛り上がりますね(´・∀・)

  2. 匿名 より:

    実はもう3世代も前でレトロゲームに片足突っ込んでたりするGCのゲームが来たらいいな(Wiiの3世代前はスーファミ!)
    というかエアライドやりたい

    • 管理人のみう太 より:

      GCのゲームって中古でも高いんですよねぇ(´・Д・`)
      2,000円くらいでも全然良いんで、エアライドやペーパーマリオRPG、ピクミン2とかやりたいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。