『クラッシュ・バンディクー』がスイッチに出る?PS4独占ではない噂は以前から

海外のゲーム情報メディアによると、『クラッシュ・バンティクー ブッとび3段もり!』がNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で出るかもしれないとの事です。

元の記事はこちら

単なる間違いの可能性もあるが、元々独占ではない噂も

『クラッシュ・バンティクー ブッとび3段もり!』とは、現在は『アクティビジョン・ブリザード』がパブリッシャーとなっているアクションゲームで、ソニーの生み出した人気キャラクター『クラッシュ』シリーズを3作詰め込んだリメイク作品です。

日本ではソニーが販売を担当しており、リメイク前のゲームはソニーが開発したものである事からPS4独占タイトルだと考えられていましたが、ニンテンドースイッチ版の可能性がわずかにあるようです。

今回の噂が出た原因は、海外のサイト『Keymailer』に、ニンテンドースイッチ版を表す『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy on Switch』が表記された事です。

この『Keymailer』は少し特殊なサービスを扱っているサイトで、ゲームそのものを売っている訳でなく、配信で必要になる『ゲームキー』を販売しています。

つまり、YouTubeやTwitchでゲームの配信をする時、この『Keymailer』にリクエストを送って料金を支払う事で、そのゲームを配信する許可を買う事が出来るみたいです。(多分)

サイトにニンテンドースイッチ版『クラッシュ・バンティクー』が表示されたのは、何かそれに基づくデータがあったのか、それとも事務的な間違いがあったのかは分かりません。

しかし、元々はソニーのキャラクターである『クラッシュ』ですが、2001年からはコナミが、2004年からはユニバーサルが、2008年からはアクティビジョンが販売を担当しており、これまでGBAやゲームキューブでも作品がリリースされてるので、100%任天堂のプラットフォームに出ないという訳ではないようです。

また、本作は以前よりPS4以外のプラットフォームでも発売するのではないか?と噂されていました。

それは本作のUIを担当したKara Zisa氏の公開した動画が理由で、彼の動画では画面下部のボタンがXboxのものになっており、別のバージョンを思わせるものになっていた為です。

 

これが実際にXbox Oneで動いていたのか、それともPCから動かしていたのかは定かではありませんが、他のプラットフォームでの開発を期待するユーザーも海外では特に多いようです。

本作は全体的なデザインが海外寄りになった為、日本では少し苦手に感じるユーザーもいるようですが、海外では非常に高い人気を継続しており、他のプラットフォームで展開される可能性もあるのかもしれません(´・ω・)

 

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. NS より:

    海外の奴だから修正はどこもされずにそのままSwitchには移植されそうですね。

    • 管理人のみう太 より:

      日本じゃ販売はソニーですから、移植はされても販売がどうなる…(´・ω・)
      WiiUのレイマンでUBIが自らVita版を出したように、アクティビジョンが自ら販売を担当しないとダメなのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。