EAは『FIFA 18』の成功によって、ニンテンドースイッチを更にサポートする

海外のゲーム情報サイトによると、アメリカのゲームデベロッパ『EA』は『FIFA 18』が成功すればNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)へのサポートを強めるだろうと掲載しています。

元の記事はこちら

携帯プラットフォームで最高のFIFA

EAこと『Electronic Arts』は海外のゲーム情報誌『EDGE』のインタビューで、今後のニンテンドースイッチへのサポートに関して答えています。

EAは2017年9月29日に全世界でサッカーゲーム『FIFA 18』をリリース予定であり、PS4やXbox One、ニンテンドースイッチの他、PS3、Xbox 360といった前世代のプラットフォームでも展開されます。

EAの今後のニンテンドースイッチへのサポートは、この『FIFA 18』の結果に左右されるようです。

エグゼクティブ・プレジデントであるPatrick Söderlund氏はニンテンドースイッチを支持しており、今後もインストールベースの拡大を支援したいとコメントしています。

 

私が言いたい事は、消費者やユーザーはあらゆるプラットフォームの上にいるという事です。

私たちはニンテンドースイッチのインストールベースの成長の一部になりたいと考えています。
だからこそ、今年FIFAがリリースされるのは本当に良い事だと思います。

正直に言うと、ポータブルデバイスでの本格的なFIFAは初めてです。

しかし同時に、リソースの観点から見る必要があります。
そしてそれは数字が要因になります。

プラットフォームのサポートについては、FIFAのような大きなタイトルでテストをし、もし上手くいけば可能な限りそのプラットフォームに当社のポートフォリオの多くを持っていけるでしょう。

そうなる事を願っていますが、それは私の個人的な野心です。

 

まずEAとしてはニンテンドースイッチを支持しており、その普及の助けになりたいとコメントしています。

その為にFIFAを出せる事はとても良い事であり、携帯出来るプラットフォームでここまで本格的なFIFAを作ったのは初めてだとも述べています。

FIFAはこれまでPSPやPS Vitaでもナンバリングタイトルをリリースしていますが、据置のプラットフォームと比べるとスペックの問題でどうしても選手の顔が似ていなかったり、一部のモードが削除されていたりしました。

ニンテンドースイッチ版はPS4版やXbox One版に収録されているストーリーモード『The Journey』がありませんが、『FIFA Ultimate Team』を含めた他のメインモードはすべて収録されており、ゲームエンジンもニンテンドースイッチ用に特別にカスタマイズしたものを利用しています。

この仕様はPS4やXbox Oneと同じような最高峰の体験をするには不十分にも感じますが、EAはニンテンドースイッチ版を『過去最高の携帯プラットフォームでのFIFA』と位置付けており、他の据置プラットフォームとはまた違うコンセプトである事を前面に出しています。

ニンテンドースイッチの高品質な携帯性をEAは支持していますが、しかしそれも結果が出なければサポートを継続する事は難しく、FIFAの売上によって今後の対応が変化するとしています。

EAのタイトルは『バトルフィールド』や『タイタンフォール』など、本体に高いスペックが必要になるゲームが多いので、それらがニンテンドースイッチへ対応できるかは確かではありません。

しかしその一方で『シムシティ』などは携帯出来るプラットフォームと相性が良く、PS4 / Xbox Oneでのリリースが決定した『シムズ4』のニンテンドースイッチ版を望む声なども多くあるようです。

純粋なスペックでは他の据置プラットフォームに遅れを取れますが、『過去最高の携帯プラットフォームでのFIFA』をユーザーがどのように受け取るかが今後に響いてきそうです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    なんかそんなんばっかだな

    • 管理人のみう太 より:

      大きなメーカーになる程、ソフトが売れる確信が無ければ出すのは難しいですからねー。
      他のハードと比べて切った方が得であれば切られてしまうのは、コストがかかる以上仕方ないかもしれません(´・ω・)

  2. 匿名 より:

    EAって売れなかった口実を先に出して、はいはい売れませんでした終わり!って感じなイメージ
    それにEAが売れたって言える基準がどのくらいの本数なのかわからないからなんとも

    仮に他機種版の数百万本単位を基準にしてたらまず間違いなく売れない
    まあ海外のサッカー選手がTwitterでマリカーやってますみたいに宣伝してくれると少しは違うのかもしれない
    基本EAは信用してない今までの任天堂への扱いを見てると

    • 管理人のみう太 より:

      他の据置プラットフォームに比べると厳しいとは思いますけど、PSPやPSVitaでもナンバリングが数本出ていたので、携帯版の需要が無い訳ではないみたいです。
      PSVitaは海外であまり評価は良くなかったですけどそれでも続いていたので、スイッチで数本続く可能性はそれなりにあるのかも…?

  3. 匿名 より:

    もう予約数とかを見れば結果は分かってるし、「うちは今まで通り渋い対応でいきます」という宣言をしただけという感じ
    カンファレンスの場にも出てきてたけど、毎回パフォーマンスだけしていくいつものEA

    • 管理人のみう太 より:

      でも任天堂としてはFIFAやNBA2K、スカイリムなどを前面に出して新しいユーザーにアピールしたい立場ですからねー、『携帯機として』どれだけ海外で受けるか次第ですかね(´・ω・)
      PSPとPSVita合わせると10本もFIFA出てるんですね。
      PSVitaの次の枠が狙えるなら、それなりに支持されるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。