EAは『FIFA 19』以降もニンテンドースイッチで展開する可能性が高いとコメント

ゲーム情報メディア『IGN』の記事によると、アメリカのゲーム開発会社『EA』は、今後も『FIFA』をニンテンドースイッチで展開する可能性が高いようです。

元の記事はこちら

『FIFA 18』発売前から前向きな発言

記事によると、海外のゲーム情報メディア『GameSpot』は『EA』のスーパーバイジングプロデューサーにインタビューを行い、今後のニンテンドースイッチについて尋ねています。

EAのAndrei Lazarescu氏は質問に対し、『今後も『FIFA』はNintendo Switchに登場していくんじゃないかと思います』と答えており、これからも前向きに検討していく事を明かしました。

『FIFA 18』はPSやXbox系列だけでなく、ニンテンドースイッチでもリリースされる事で話題になりました。

しかし、EAにとってもニンテンドースイッチでどれだけの成功を収められるかは未知数であり、『FIFA 18の結果によって今後を考える』とコメントされています。

その為、実際に『FIFA 18』がリリースされてから今後について明言されると思っていましたが、現段階で次の作品を示唆するという予想外の展開になりました。

 

発売は2017年9月29日が予定されており、すでに予約も開始されているので、この時点である程度の手ごたえがあった結果なのかもしれません。

今後も『別のバージョン』として展開?

ニンテンドースイッチ版の『FIFA 18』には、ストーリーモードとなる『Journey』が収録されていません。

これは、PS4 / Xbox One版で活用されているゲームエンジン、『Frostbite』がニンテンドースイッチで動いていないからであり、『Frostbite』なくして『Journey』を実装する事は出来ないとの事です。

Lazarescu氏は、今後ニンテンドースイッチで『Frostbite』を動かす可能性はあるが、それは大変さがまったく違うと答えており、決して簡単に実装できるものでは無い事を明かしています。

EAはニンテンドースイッチ版『FIFA 18』を据置ゲームではなく、『FIFAシリーズ歴代最高の携帯バージョン』と紹介するように、携帯ゲームとして取り扱っているのが見て取れます。

ニンテンドースイッチ版は確かに一部モードが制限されていますが、このような仕様は過去にもあり、『FIFA 06』から『FIFA 15』までの10作品に渡って、同じように一部が制限されたPSP版、PS Vita版がリリースされています。

(その前はGBA版やGBC版なんかもありますけどね)

特にPS Vitaは海外でなかなか普及台数が伸びませんでしたが、それでも『FIFA 12』から『FIFA 15』まで4作品リリースされており、『携帯出来るFIFA』に一定の需要がある事を裏付けています。

今後ニンテンドースイッチに『Frostbite』が適応され、『FIFA』がPS4版やXbox One版と同じ内容になるかは分かりません。

しかし、例え一部のモードが制限されているとしても、ニンテンドースイッチ版『FIFA』は他のプラットフォームと違う、『別バージョンのFIFA』として続けていく可能性が十分ありそうです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。