『ファイアーエムブレム無双』のDLCや続編などについてのインタビュー記事が掲載

海外のゲーム情報メディア『Nintendo Life』は、2017年9月28日に発売が予定されている『ファイアーエムブレム無双』について、開発者にインタビューを行っています。

元の記事はこちら

なぜ『ファイアーエムブレム』を無双にしたのか?

『ファイアーエムブレム無双』とは、インテリジェントシステムズの開発する『ファイアーエムブレム』と、コーエーテクモゲームスの開発する『無双シリーズ』がコラボレーションした作品です。

これまでも任天堂とコーエーテクモのコラボレーションタイトルに『ゼルダ無双』がありますが、なぜ今回『ファイアーエムブレム』とコラボする事になったのか、経緯を訪ねています。

 

林(コーエーテクモ):ゼルダ無双の3DS版では、タッチスクリーンを利用する事でマップ上のキャラクターを切り替える事が出来ました。

ゲームに取り組んでいた当時、私たちはこのシステムがファイアーエムブレムに本当にピッタリだと感じていました。

武器の三すくみのような戦略要素も合わせて、私たちはこのアイデアを思いつき、任天堂にゲームを提案する流れでした。

樋口(IS):インテリジェントシステムズの観点からは、ゲーム内のキャラクターの監督を担当していたので、コーエーテクモから任天堂に、任天堂から私たちに、様々なファイアーエムブレムのキャラクターを登場させる方法について考えました。

そして私たちは無双シリーズのファンなので、このファイアーエムブレムの無双ゲームについて本当に興奮しました。

 

確か3DSでリリースされた『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』は、下画面のマップに表示されているキャラクターをタッチする事で、使うキャラクターを切り替える事が出来るんですよね。
(私はWii U版しか遊んでないんですけどね…(´・ω・))

『ファイアーエムブレム無双』も2人のキャラクターをペアにして出撃するのですが、途中でキャラクターを切り替えられるシステムは『無双Orochi』や『戦国無双 クロニクル』、『戦国無双4』でも取り入れられていたので、近年の無双シリーズでは珍しくないのかもしれません。

確かに途中でキャラクターを切り替えられると、20分くらいの戦闘を色んなキャラクターで遊べるようになるので、飽きにくいという良さがあると思います。
それはもう実感してます(´・ω・)

そんな『キャラクター変更システム』ですが、ゼルダ無双の開発中にはすでに『ファイアーエムブレム』に向いていると感じていたようです。

インタビューでは開発は2年前にすでに始まっていたとも答えているので、ゼルダ無双のすぐ後にファイアーエムブレム無双も企画が上がっていたのかもしれませんね。

ファイアーエムブレムは原作では1人で複数相手に無双するゲームではないので、仲間を切り替えて協力する、と言うスタイルが原作にも沿っているのかもしれません。
(闘技場でめっちゃ育てれば無双も出来るんだけどね。)

キャラクターをペアにする事で様々な組み合わせが可能になり、例えばまだ弱いキャラクターを育てるために強いキャラクターと組ませたり、強いキャラクター同士を組み合わせて最高報酬を狙ったり、足の遅いキャラを騎馬ユニットと組ませて補ったり、ステージに合わせた戦略が取れるようです。

また、本作は原作の『3すくみ』が取り入れられているので、剣と槍、槍と斧、斧と魔法、魔法と弓、のようにそれぞれ違った武器の組み合わせなんかも良さそうですね(´・∀・)

登場する作品が『暗黒竜』『覚醒』『if』に絞られた理由

本作はファイアーエムブレムの様々なキャラクターが登場する作品ですが、それでも『暗黒竜と光の剣』、『覚醒』、『if』の3作品からしか登場しません。

 

:ファイアーエムブレム無双のキャラクターを決定する時、考慮する必要のあった事は、様々な種類のクラスの登場でした。

もしすべて異なる作品からキャラクターを登場させた場合、それは剣を使うキャラクターばかりになってしまう側面がありました。

もう1つは、マップ上でキャラクターを切り替えられるようにしたいと言う事でした。
最もゲームプレイを面白くするために、様々なクラスを表現したいと思っていました。

この3つのタイトルには様々な種類のクラスが登場しているので、かなり良いと思いました。

 

これは以前からも言われていましたが、ファイアーエムブレムの主人公は多くが剣士なので、みんな似たような武器になってしまうんですよね。

『ファイアーエムブレム無双』でも様々なクラスのキャラクターを登場させる為、作品を絞っている事が分かります。

また、様々なクラスを入れた方がキャラクターを切り替える意味がある、と言う側面もありそうです(´・ω・)

確かにペアを組んで出撃しているのに、剣士から剣士へ切り替えてもあまり意味無さそうですもんね…(´・Д・)

『ファイアーエムブレム無双』が本家に与える影響

『ファイアーエムブレム』はご存知の通り、戦略的なシミュレーションRPGですが、ファイアーエムブレムが無双になる事で今後どうなるか?についても尋ねています。

 

樋口:このゲームをプレイしたプレイヤーがファイアーエムブレムにもっと興味を持ち、過去のゲームをプレイしてくれたら嬉しいです。

しかし、私たちがこのプロジェクトで興奮したのは、過去のファイアーエムブレムのキャラクターが無双のゲームに登場し、兵士の大軍を相手にするスリリングなアクションに参加出来る事でした。

これは今までユーザーの見ていたファイアーエムブレムとは違います。

ファイアーエムブレムのファンがこれをプレイし、これが初めての無双ゲームであるなら、無双スタイルのゲームを恋しいと思っているなら、それは素晴らしい事です。

 

なるほど、この辺はゼルダ無双と同じような考え方ですね(´・∀・)

ファイアーエムブレムのファンには無双シリーズに、無双シリーズのファンにはファイアーエムブレムに興味を持ってもらう事が1番と考えているようです。

実際ファイアーエムブレムと無双は戦略性など共通する点もありますが、ゲームのジャンルはまったく別なので、これが新しいシリーズの作品に踏み出すきっかけになるかもしれません。

 

樋口:あなたが知っているように、ファイアーエムブレムはシミュレーションゲームですが、このゲームはアクションゲームなので、ゲームスタイルが異なっています。

しかし、私が無双シリーズで感銘を受けた点は、グラフィックと視覚的な美しさです。

それら視覚的な要素は我々のゲームにも追加したい要素です。

特にこのゲームでは、それぞれの勝利シーンなども作られており、素晴らしいものだと思いました。

これらカットシーンと視覚的な美しさは、私は本当にこのゲームの素晴らしい点だと思うので、恐らく私たちに影響を与えるでしょう。

 

インテリジェントシステムズにとっても、ファイアーエムブレムのキャラクターが無双の綺麗なグラフィックで動いている事に興奮しており、今後の作品に影響を与えるものだと答えています。

ファイアーエムブレムはこれまでも戦闘アニメーションに力が入っていましたが、それでもシミュレーションRPGである以上テンポも重要になるので、あまり間延びせずあっさりとした演出である事も多い作品でした。

しかし、無双で実現した躍動的なモーションや美麗なグラフィックは新鮮なものであり、今後の作品に取り入れたい事だとしています。

最近の3DSの作品ではキャラクターのモデリングが少しSDっぽいデフォルメされたものなので、リアルな等身で動いている事もまた新鮮に感じるのかもしれませんね。

DLC、マルチプレイ、amiibo、そして続編

『Nintendo Life』は他にも様々な質問をしています。

まず、ゼルダ無双にはDLCがあったおかげで長期間にわたって楽しむことが出来た事を例に挙げ、ファイアーエムブレム無双でも同じようにDLCを配信するのかを尋ねています。

 

:ゲームがリリースされた後、人々がそのようなフォローアップを楽しみしている事は理解しています。

しかし今はメインのゲームの開発に注力しているので、もう少しお待ち頂く事でどのような形になるか知って頂けると思います。

 

DLCに関してはまだ明言はされていないようです。

DLCを配信するとすれば恐らく新キャラクターの追加になると思いますが、どのキャラクターが望まれているのか、どのクラスを追加して欲しいのか、もしくは他の作品からの参戦も検討するのか…などなど、リリース後の要望に合わせる必要がありそうなので、今から事細かに決めておくのは難しいのかもしれません。

何にせよまずは最初からどれだけのキャラクターが登場するのか、に注目ですね(´・ω・)

 

:現段階ではオンラインによる機能は予定していません。オフラインでのみマルチプレイが楽しめます。

 

オンラインプレイについては実装されておらず、オフラインでマルチプレイが出来るようです。

公式サイトを確認したら、サイトにもプレイ人数は書かれていないんですねぇ…(´・Д・)

恐らくテレビモードなら画面を分割して2人で遊べるんだと思いますが、携帯モードであれば友達と持ち寄って1人1画面で遊ぶ事が出来そうです。

 

:ゲームでamiiboを使う事で得られる要素については正確には言えませんが、このゲームは、現在発売されているすべてのファイアーエムブレムのamiiboと互換性があります。

 

amiiboについては対応しているらしく、ファイアーエムブレムのamiiboであれば何かしらの『いい事』がありそうです。

ゼルダ無双では例えば『リンク』や『トゥーンリンク』のamiiboを使用する事で、新しい武器『スピナー』をアンロックする事が出来ました。

ファイアーエムブレムシリーズのamiiboはスマブラの『マルス』や『ルキナ』、『ルフレ』、『アイク』、『ロイ』に加えて『カムイ』も発売予定ですし、『ファイアーエムブレム エコーズ』の『アルム』と『セリカ』も発売されています。

また、今後は『クロム』と『チキ』のamiiboも発売予定なので、気になる方はamiiboもチェックしておくと良さそうです。

因みに私は『マルス』、『ルキナ』、『ルフレ』のamiiboは持ってますよ(´・∀・)

 

樋口:無双のファンがファイアーエムブレムに関するゲームを遊んで、このフランチャイズに興味を持って貰う事が出来れば、それは素晴らしい事になります。

 

この『素晴らしい事になります』とは『先を見せる事が出来る』という意味合いも含まれており、『ファイアーエムブレム無双』が成功すれば続編の開発の可能性がある、と示唆しています。

本作では先ほども書いた通りファイアーエムブレムの中の3作品からしかキャラクターが登場しないので、更に別の作品のキャラクターも追加した続編を望む声は多いかもしれません。

その為にはまず本作を受け入れて貰う必要があり、その結果次第では…と言う事ですね(´・ω・)

元々アクションゲームでは無かったファイアーエムブレムを無双に投影した本作が、ユーザーからどのような評価を得られるのかに注目です。

他にも記事には『2人のオリジナルキャラクターについて』や『E3でのデモについて』なども書かれているのですが…、詳しく知りたい人は元の記事も見てみて下さいね(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。