ファイアーエムブレム無双に『シーダ』と『チキ』が参戦、竜石でまさかの肉弾戦

2017年9月28日に発売が予定されている『ファイアーエムブレム無双』に、『シーダ』と『チキ』の参戦が発表されました。

公式サイトはこちら

『暗黒竜と光の剣』から新たな英雄

『ファイアーエムブレム無双』は、様々なファイアーエムブレムシリーズからキャラクターが参戦していますが、『東京ゲームショウ 2017』にて新たなキャラクターが2人発表されました。

これまでは『ファイアーエムブレム 覚醒』と『ファイアーエムブレム if』のキャラクターが中心に紹介されていましたが、新たに『暗黒竜と光の剣』から『シーダ』と『チキ』がトレーラーに登場しています。

 

『シーダ』はタリスの王女であり、『暗黒竜と光の剣』においてはメインヒロインのキャラクターです。

コーエーテクモゲームスのインタビューでも『シーダはマルスとセット』という認識があり、今回の参戦は当然である旨のコメントをしています。

ファイアーエムブレム無双でも原作通りペガサスナイトであり、見たところモーションは他の天馬騎士である『ティアモ』や『ヒノカ』と同じようです。

(必殺技や一部のモーションは違うっぽい?)

原作であまり大きな活躍のなかった『ティアモ』を含め、3人のペガサスナイトが参戦している事を考えると、『トライアングルアタック』が再現されていそうな気もしますね(´・∀・)

『チキ』も『暗黒竜と光の剣』に登場するキャラクターで、見た目こそ幼い少女ですが、正体は『マムクート』と呼ばれる竜の一族であり、1000年以上の時を生きています。

原作では『竜石』というアイテムを利用して竜に変身し、強力なブレスで攻撃をしますが、『ファイアーエムブレム無双』では竜石を用いた肉弾戦で戦います。

正確には物理的な攻撃じゃなくて、魔力を纏ったパンチなのかも…?

※動画の最初はシーダ、4:10辺りからチキ

原作とは違う戦い方に戸惑うかもしれませんが、もし原作を完全に再現した場合は常に『竜』の状態で戦う事になるので、『チキ』というよりは1匹の『竜』を操作しているだけになってしまいます。

また、常に竜になっているとチキ本来の可愛らしい姿で操作する事が出来ないので、それを考慮してこのスタイルになったのかもしれませんね。

しかし、チキを変身させて竜の姿で戦う事も可能です。

本作はゲージが溜まると一定時間パワーアップできる『覚醒』というシステムがあります。

これは『三國無双』や『海賊無双』でも似たようなシステムがあるので、なんとなくイメージできる人もいるかもしれません。

この『覚醒』の状態になると、チキは竜石を利用して『神竜』に変身し、爪やブレスを用いた強力な攻撃で敵を蹴散らします。

因みにチキは『ファイアーエムブレム 覚醒』にも登場していて、そちらは更に2000年後の、3000歳になった大人の姿のチキが仲間になります。

『ファイアーエムブレム無双』でもクロムなどが登場するので、もしかしたら2000年前のチキとの特別な会話なども期待…出来るかもしれません。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    竜石での攻撃に違和感

    • 管理人のみう太 より:

      でも変身せずに戦わせるなら、こうするしかなかったんですかねぇ…(´・ω・)
      カムイみたいに部分的に竜にする事も出来ないので、ある意味1番難しいキャラだったかも…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。