スイッチ版『FIFA18』は何故フレンド同士でオンライン出来ないのか、EAがコメント

2017年9月29日に『EA』から発売された『FIFA 18』ですが、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版に限り見過ごせない欠点があると海外メディアは報じています。

元の記事はこちら

ローカルは魅力的だけど、オンラインは二の次?

『FIFA』シリーズはアメリカのメガパブリッシャー『EA』が開発するサッカーゲームで、特に海外では熱狂的な人気のあるタイトルです。

毎年様々なプラットフォームで発売されていますが、2017年はニンテンドースイッチ版も用意されている事でも話題になりました。

ニンテンドースイッチ版は、PS4やXbox Oneなどの他のバージョンと違いがあり、使用しているゲームエンジンの都合でストーリーモードが無かったり、代わりにローカルでの通信対戦や『おすそわけプレイ』に対応していたりと、細かな仕様が変更されています。

その中で『見過ごせない欠点』として、海外メディアは『フレンドとのオンライン』を挙げています。

FIFAシリーズは数々のフットボールクラブから好きなチームを選択して、フレンドと対戦するのが楽しみの1つでもあります。

しかし、ニンテンドースイッチ版ではフレンドとオンラインで遊ぶ方法が用意されておらず、これについてEAはコメントを発表しました。

 

「FIFA 18 on Switch」は、ローカルシーズンを提供し、2つのコンソール間でお互いのプレイを楽しむことができます。

FIFA アルティメットチーム、オンラインシーズン、オンライントーナメントなどのオンラインモードを利用して、オンラインで競い合うことをお勧めします。

 

ニンテンドースイッチ版の『FIFA 18』は、ローカル通信出来る事が最大の魅力であり、フレンドと対戦をしたいのであれば一緒にプレイして欲しい事を示唆しています。

しかし、もちろん中には遠くに暮らす友人や家族とプレイしたいというユーザーもおり、フレンドとのオンラインの実装を望む声も少なくありません。

ニンテンドースイッチ版『FIFA 18』は、他のバージョンと比べても売上げ本数が少ないですが、海外のオンラインショップでは品切れになっているところも出ており、単純に出荷が絞られていた可能性が高いです。

EAとしてはすでにPS4とXbox Oneに根強いファンが数多くいるので、ニンテンドースイッチ版はフレンド戦がそこまで盛況になるとは考えていなかったのかもしれません。

事実、オンラインを堪能したいというユーザーは他のプラットフォームで購入している人が大多数にも考えられますが、品切れ状態のニンテンドースイッチ版『FIFA 18』が今後もどれだけ好調を維持できるのか、それによってはアップデートが検討される可能性もあり得るかもしれません。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    売上は結果論なので、実装されてないシステムとは関係ないだろう
    そんな言い訳を認めてたら、なんでもかんでも劣化版の言い訳になる
    実装されてれば、どれほど売り上げが伸びたのか?
    なら議論の余地はあると思う
    まぁサッカーにまるで興味がないので、FIFAがどうとかわからんが。
    てか、日本でも普及期を終えてるPS4ですら
    ウイイレとドッコイの5万程度スタートじゃなかったっけ、
    日本あんまりスポーツゲー売れないんじゃ?W杯なら見るカァー程度だし。

    • 管理人のみう太 より:

      平たく言えば『スイッチ版はローカルが目当てだからフレンド戦は別にいいよね』みたいな感じだったのかなぁ、と(´・ω・)
      日本ではリアルなスポーツよりバラエティに近い方が人気出ますよね、そもそも地上波で常日頃放送されている訳でもないですし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。