PS4でリリースされた『FURI』の開発者が、スイッチへの移植に関心

海外のゲーム情報サイトによると、PS4でリリースされた『FURI』の開発者は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)への移植に関心を持っているようです。

元の記事はこちら

超スピードなアクションゲーム、スイッチに移植?

『FURI』とは海外のデベロッパー『The Game Bakers』が開発した3Dアクションゲームで、現在PS4 / Xbox One / PCにて配信されています。

色鮮やかな世界観に対し、『剣術バトル』と『弾幕シューティング』が組み合わさったバトルは非常にスピードが速く、スタイリッシュかつ緊迫感のある1対1のバトルが楽しめます。

(なんか見た事あると思ったら、スタイリッシュなエルシャダイに見えなくもない…)

 

海外のゲーム情報メディア『Dual SHOCKERS』はこの『FURI』の開発者にインタビューを行い、ニンテンドースイッチに対してどのように思っているかを尋ねました。

開発者は質問に対し、『FURIの移植には十分なフレームレートを確保する必要がある』と述べた上で、『愛(強調)がそれを実現する』と答え、ニンテンドースイッチへの移植へ関心を持っている事を明かしました。

『FURI』は弾幕シューティングのように飛んでくる攻撃を避けながらボスの撃破を目指すアクションゲームですが、自分の回避行動はまさに『瞬間移動』と呼べるようなものです。

それだけのスピード感を大切にしたゲームですので、フレームレートの低下はゲームの魅力を半減させてしまうかもしれません。

ニンテンドースイッチはPS4やXbox Oneといったプラットフォームに比べるとスペックが劣り、フレームレートを確保する事も難しく思えます。

しかし、例えばEAの開発した『FIFA 18』は、内容はPS4 / Xbox One版と異なる部分もありますが、カスタムビルドしたエンジンや時間をかけた調整を行う事で、常時60fpsでのゲームプレイを実現しました。

開発者にとっては大変な事だと思いますが、もし60fpsを維持したままニンテンドースイッチ版『FURI』が開発されれば、魅力を損なう事なく外で遊ぶ事も出来るようになるかもしれません。

 

あ、因みにPS4版は日本でもリリースされているみたいですよ(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    本当に、ニンテンドースイッチはPS4やXbox Oneよりも
    スペックが劣るんですか?
    PS4のソフトがスイッチに移植されたり、マルチされているので
    スイッチのスペックは十分高いと思います

    • 管理人のみう太 より:

      んー…、比べれば劣るというのはたぶん間違いないと思います。
      なんせ携帯出来るように小さくなっていますから、あのサイズでPS4以上の性能にするのはしんどいかと…。
      ただ、あくまで『比べれば』であって、スイッチのスペックが十分高いとは私も思いますよ(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。