3DS版『ゼルダの伝説』を開発したグレッゾが『新たな伝説』を作るスタッフを募集中

日本のゲーム開発スタジオ『グレッゾ』は公式ホームページにて、『一緒に伝説を作りませんか2』と銘打った求人募集を行っています。

公式サイトはこちら

数々の3DS版ゼルダに携わったソフトスタジオ

株式会社グレッゾは東京都渋谷区に本社を構えるソフトスタジオで、現在プログラマーとデザイナーを緊急募集しています。

グレッゾはこれまで主にニンテンドー3DSに向けたタイトルを開発しており、『Ever Oasis -精霊とタネビトの蜃気楼-』や『アライアンス・アライブ』、『THE LEGEND of LEGACY』、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』、『ゼルダの伝説 トライフォース三銃士』など、数々の話題作に携わっています。

そんな中グレッゾは新たなスタッフを募集しており、『一緒に伝説を作りませんか2』という募集内容から、新しい『ゼルダの伝説』の開発を始めるのではないかと期待されています。

どのようなプロジェクトが動いているのかは分かりませんが、募集内容を読むことで少し傾向が分かるかもしれません。

まずプログラマーに関しては『C++』を利用した制作経験は必須ですが、好ましいスキルとして『Unity』と『アンリアルエンジン』の経験を挙げています。

また、デザイナーに関してもキャラクターやマップの制作経験だけでなく、『アンリアルエンジン』による実務経験を『あると望ましいスキル』に挙げています。

グレッゾが必ずしも任天堂のプラットフォームに作品をリリースするとは決まっていませんが、『Unity』と『アンリアルエンジン』はどちらもNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に対応したゲームエンジンであり、3DSでは『アンリアルエンジン』を動かす事は出来ないので、新たなプラットフォームへの展開が期待できそうです。

任天堂は以前インタビューにて、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された後であっても、昔ながらの見下ろし型ゼルダの伝説は発売する可能性があるのか?という質問に対し、そのような作品のファンもいる事は分かっており、いずれは開発される事を示唆していました。

今回グレッゾがどのようなゲームの開発を考えているのかは分かりませんが、もしかしたら『ゼルダの伝説 トライフォース三銃士』のような、新たな見下ろし型ゼルダの開発が始まるのかもしれません。

まだスタッフの募集段階なので詳細の発表は先になりそうですが、気になる方は今後も公式からの続報に注目です。

◇良かったらシェアしてね!

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    スカイウォードソードHDとか?

    • 管理人のみう太 より:

      記事では見下ろし型ゼルダを挙げましたけど、アンリアルエンジンを使うなら3Dのゼルダって可能性も結構ありそうかも…(´・ω・)
      でもアンリアルエンジン初挑戦の作品がスカウォってのはハードルが高そうな気もする…?

  2. 匿名 より:

    こんにちは、いつもユウガタネコさんの記事更新を楽しみにしています。
    少し気になったのですが、記事中にあるアライアンス・アライブとレジェンドオブレガシーは確かにグレッゾ所属の小泉今日治さんが関わっているのですが、グレッゾの仕事というより小泉さん個人の出向というのが正しいかなと。
    どちらもフリューの作品で制作会社はキャトルコール。フリューの松浦さんがどうしても小泉さんに参加してほしいとレジェンドオブレガシーのときに自らお話をしにいったとインタビューで話していました。

    • 管理人のみう太 より:

      確かその2つはグレッゾ主導ではなかったよなと思いつつ、公式サイトには制作実績に入っていたので、まぁ『携わった』なら良いのかなと思ったんですけど、ちょっと微妙ですかね…w
      もしかしたら消しておくかもしれないです(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。