ガンホーがスイッチに向けてソフトを開発中。パズドラではなく『アクションゲーム』

海外のゲーム情報メディア『Nintendo Life』は、6月に開催されたE3の期間中に株式会社ガンホーのCEO、森下一喜氏に『パズドラ』と『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』について尋ねています。

元の記事はこちら

ニンテンドースイッチ向けタイトルは開発中、ジャンルはアクション

まず最初にインタビューでは、ニンテンドースイッチ向けに本当にタイトルを開発中なのかを訪ねています。

森下氏はその質問に対して、ガンホーには現在いくつかの開発タイトルがあり、ニンテンドースイッチにはアクションのゲームを用意しているとの事です。

このゲームの開発は4~5年前から始まっており、時間の経過とともに育てられてきました。
そして任天堂からニンテンドースイッチが発表された時、この新しいプロジェクトはニンテンドースイッチに適していると感じたそうです。

ガンホーのアクションゲームってあんまりイメージに無いですよね。
どんなゲームになるんだろう…(; ・`д・´)

また、『パズル&ドラゴンズ』はスマートフォンのモバイルゲームとしてスタートしましたが、『パズドラZ』や『パズドラクロス』は3DSでリリースされ、任天堂のスーパーマリオとコラボレーションした『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』も発売しました。

これらスピンオフのタイトルはすべて任天堂のプラットフォームにある為、将来的にはニンテンドースイッチに『パズル&ドラゴンズ』を持ち込む事も検討しているようです。

これからは『グローバル』を焦点に

アメリカでは『スーパーマリオエディション』が同梱された『パズドラZ』が2015年に発売されました。

『パズル&ドラゴンズ』の魅力はパズルゲームでありながら、パズルの部分は実質的にはカジュアルなアクションゲームのようであり、世界中の誰でも楽しくゲームを遊ぶ事が出来る点だと答えています。

しかし、パズドラには日本独自の特殊な要素がいくつも含まれており、海外ではどのような形でリリースされるかが分からなかったと言います。

私パズドラあんまりやってないので詳しくないんですけど、これは『クシナダ』とか『カグツチ』とか日本神話のキャラクターの事っぽいですね(´・ω・)

その為、これからはグローバルな視点でタイトルを開発し、日本だけでなく世界的に受け入れられるタイトルを目指す方針のようです。

また、言い換えればこれは現在開発中のタイトルにも言える事で、ニンテンドースイッチでリリースされるタイトルも世界で発売される事を示唆しています。

次にしたいコラボは『ゼルダの伝説』

『パズドラ』は『スーパーマリオ』とのコラボレーションを果たしましたが、どのようにしてコラボ出来たのかについても尋ねています。

ガンホーは『パズドラZ』をリリースして成功し、また新しいスピンオフ作品を作ろうと考えていました。

その時、せっかく任天堂のプラットフォームで開発しているのだからマリオバージョンを作りたいと思い、実際にマリオがテーマのプロトタイプを作ってから宮本茂氏に見せてみたそうです。

すると宮本氏はそれを『良いよ!』と答えてくれた為、そのまま完成まで漕ぎ着ける事が出来たと答えています。

なので任天堂から『これを作る事が出来ますか?』と言われる事はほとんどなく、『こんな感じで作ってみましたけど、どうですか?』と聞く事の方が多かったそうなので、ガンホーの作りたいものをしっかりと作れたようです。

『パズル&ドラゴンズ』はこれまでに『ファイナルファンタジー』や『モンスターハンター』、『ドラゴンボールZ』などなど…、様々な作品とコラボレーションをしてきました。

今後はどのようなコラボレーションをしたいか?と言う質問に、1番の夢は『ゼルダの伝説』とのコラボだと答えています。

マリオは究極のコラボであり、他のタイトルももちろん素晴らしいですが、特にゼルダを外す事は出来ないと答えており、私たちがゼルダを上手く活かせるかは分かりませんが、もしコラボが可能であればそれは本当に嬉しいと熱意を見せています。

森下氏は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も大好きであり、全ての祠を攻略し、ほぼすべてのアイテムも集めました。

しかし、この物語を終わりにしたくないので、最後のガノンだけはまだ倒せずにいるようです。

私やん…(´・ω・`)

とは言えいつかはクリアをする必要がありますし、それは『スーパーマリオ オデッセイ』や『スプラトゥーン2』が発売される前に果たさなければ、私はゲームを管理する事が出来なくなると笑いながら答えています。

ニンテンドースイッチ版『パズドラ』はまだ具体的な話はありませんが、もしかしたら将来的には『パズル&ドラゴンズ ゼルダの伝説 エディション』が出る…、なんて可能性もあるのかもしれません(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ガンホーって須田のグラスホッパーの親会社なので、それも込みの話なのだろうか
    ガンホーのゲーム部門単体の話でグローバルとなると、なかなか既存のIPでは大変そうですね
    中国からは撤退してたような気がします(まぁswitchは中国の本土では販売できませんが)

    PS4で展開したリパブリックは、たしか3000本くらいしか売れてなかったような
    フォトリアル系でない、グローバルな作品になるのかな

    • 管理人のみう太 より:

      そうか、グラスホッパーの事を忘れていた(´・ω・)
      確かにグラスホッパーは『ノーモアヒーローズ』を開発してるらしいですし、それなのかも…?
      ガンホーはパズドラとラグナロクオンラインくらいしか正直知らないんですよね、他のタイトルだとしたら何だろう…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。