北斗の拳 × 龍が如くの『北斗が如く』がPS4で2018年に発売決定

株式会社セガは、PS4向けに完全新作タイトル『北斗が如く』を発表し、ディザートレーラーも公開しました。

『龍が如く』がまさかのコラボレーション

今回新たに発表された『北斗が如く』は、セガの開発する『龍が如く』と、週刊少年ジャンプで連載していた人気コミック『北斗の拳』がコラボレーションしたタイトルです。

『龍が如く』のスタッフが開発のノウハウを活かし、『北斗の拳』を題材にした新たなる境地のゲームに臨んでいます。

 

ディザートレーラーでは『龍が如く』の主人公『桐生一馬』が登場し、『お前は既に死んでいる』の名ゼリフと共に『北斗の拳』の世界へと転換します。

最初にこそ『龍が如く』の世界が描かれますが、本作は100%『北斗の拳』のゲームであり、『龍が如く』のキャラクターは登場しません。(多分)

ストーリーは原作に沿った物ではなく完全オリジナルで、『ケンシロウ』の他にも『シン』や『レイ』といったお馴染みのキャラクターが登場するようです。

 

ストーリートレーラーから少し戦闘の様子を見る事も出来ますが、バトルはやっぱり龍が如くらしさがありますね。

ケンシロウを操作して、取り囲むモヒカン達をなぎ倒す爽快感がありそうです。

『龍が如く』といえばバトルだけでなく、ビリヤードや釣り、ゲームセンター、キャバクラなどいくつものミニゲームが用意されており、数多くの『お遊び』要素がありました。

それは『北斗が如く』でも健在なようで、ケンシロウがバーに赴きその筋肉を活かしてカクテルを作ったり、原作になかった『おちゃめ』なケンシロウが見られるかもしれません。

これまでも『無双』シリーズなどがコミックとコラボレーションする事はありましたが、『龍が如く』が別の作品とコラボするとは予想していませんでした。

もしこの『北斗が如く』が成功した場合は、今後さらなる『○○が如く』シリーズが続くかもしれませんね。

まだ詳細は分かりませんが、本作は2018年にPS4にて発売予定です。

原作がお好きな方は、『北斗が如く』の続報に注目してみてはいかがでしょうか(´・∀・)

 

私は微妙に世代じゃないんだよなぁ…(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    声優が黒田氏のままだと
    「お茶目なケンシロウの姿が見れる」というより
    「桐生さんがケンシロウのコスプレしてる」っぽくなりそうだなぁ…
    コラボタイトルだしそれが狙いなのかもしれないけど

    宮本武蔵(見参)や坂本龍馬(維新)は見た目もキャラもモロ桐生さんだったけど
    こっちは見た目だけケンシロウになってるから違和感あるのかな

    • 管理人のみう太 より:

      見参や維新はあくまで『龍が如くのスピンオフ』でしたけど、こっちは完全に『北斗の拳』ですからね。
      お遊び要素は面白そうですけど、やり過ぎると原作のイメージを壊しかねないので賛否が分かれるかもしれません(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。