スイッチのダウンロード専用ソフトをパッケージ化?『Limited Run』が提携を発表

アメリカに本社を構えるゲームパブリッシャー『Limited Run Games』は、2017年10月21日にNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)との提携を発表しました。

元の記事はこちら

ゲームは物理メディアで集めたい人の希望に応える

『Limited Run Games』とはアメリカのパブリッシャーなのですが、通常のパブリッシャーとは方針が大きく異なり、独自のゲームの開発、販売は一切していません。

『Limited Run Games』は『ゲームの総デジタル化』に抵抗する為に立ち上げられた会社で、インディーズのデベロッパーと提携する事で、ダウンロード専用のゲームをパッケージ化する事業を行っています。

これまでもPS4やPS Vitaと提携をしており、最初はダウンロード配信限定タイトル『Breach & Clear』と『Saturday Morning RPG』のパッケージ化、その後もいくつかのタイトルを物理メディアに変換しています。

社名の『LIMITED』の通り、生産はすべて数量限定で、いずれも2,000本~5,000本程度しか生産されておらず、コレクターにとっては非常に価値の高い商品になっています。

『Limited Run Games』は以前より『ニンテンドースイッチのゲームを取り扱いたい』とコメントしていましたが、ゲームカードを大手パブリッシャーに優先したい考えが任天堂にあったので、本体発売から8ヶ月もの間『保留』となっていました。

しかし、未だ制限は多いものの、任天堂から正式な承認が下り、2018年から順次ダウンロード専用ソフトのパッケージ化を行っていくとの事です。

 

 

どのようなタイトルがパッケージになるのかは分かりませんが、ニンテンドースイッチ独占タイトルに注目していると答えており、例えば『デ・マンボ』や『GOLF STORY』などのパッケージ化の可能性がありそうです。

…そもそも海外ではゲームのパッケージ化が盛んで、日本ではダウンロード専用な『そるだむ!開花宣言』や『Has-Been Heroes』、『東方紅舞闘V』などがパッケージ化されているんですけどね…w

『Limited Run Games』はアメリカのパブリッシャーなので、日本向けのゲームをパッケージ化するかは分かりませんが、PS4では『LA-MULANA EX』という日本で開発されたゲームがパブリッシングされており、もしかしたら日本で馴染みのあるゲームがパッケージ化する事もあるかもしれません。

また、ニンテンドースイッチのゲームはリージョンフリーなので、海外で購入したゲームも日本で遊ぶ事が可能であり、『Limited Run Games』は日本への発送も対応していますので、気になる方は今後も公式サイトなどをチェックしてみると良さそうです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

1件の返信

  1. NS より:

    東方のゲームは対応言語が日本語のみなので、日本と海外で別々にセーブデータを保存出来ますね。というより、こういう仕様の方が違う国のバージョンを遊んでる感じでいいんですよね、僕の場合。そう考えるとゲームソフトまで原則多言語対応は、少々余計な仕様だったかなとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。