『スーパーマリオ オデッセイ』はE3の時より解像度やフレームレートがパワーアップ

海外のゲームメディアが『スーパーマリオ オデッセイ』の現在の試遊版を調べたところ、E3で公開された時よりパワーアップしているようです。

※1600p×900pは900p、1280p×720pは720pと表記するのが普通だとコメントを頂いたので修正しました。ちゃんと知ってなくて超ゴメン。

元の記事はこちら

高解像度かつ安定したフレームレート

『スーパーマリオ オデッセイ』は、任天堂が2017年10月27日に発売を予定しているスーパーマリオの最新作です。

本作は1月の『ニンテンドースイッチ プレゼンテーション』で初公開され、E3でも試遊台や実機プレイの様子が放送されました。

その時も美しいグラフィックが話題になりましたが、現在は当時より更にクオリティが高くなっていると海外メディアが紹介しています。

E3の時はテレビモードでは720pで動作していましたが、現在は900pに変更されており、またフレームレートも60fpsとなっています。

ポータブルモードになると解像度は落ちて720pになり、フレームレートも低下しますが、ポータブルモードでは画面も小さくなるのでこれでも十分な性能になっています。

 

ニンテンドースイッチは携帯が出来るほど小型な分、純粋な据置プラットフォームに比べるとフレームレートを確保するのが難しいハードです。

例えばベセスダの『DOOM』などは、PS4版では60fpsで動作しますが、ニンテンドースイッチ版は30fpsでの動作が確認されています。

『スーパーマリオ オデッセイ』は広大なワールドマップが特徴の1つですが、マップの広さに対して900pで60フレームというのはかなり頑張っているように思えます。

しかし、フレームレートは周りの状況によって変動する事があります。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では基本30fpsでしたが、特に森の中などオブジェクトが多い場所ではフレームレートの低下が見られました。

『スーパーマリオ オデッセイ』も周りのオブジェクトや処理によってフレームレートが一時的に低下する可能性はありますが、今のところ公開されているプレイ動画では滑らかに動作しており、どのような仕上がりになるのか期待したいところです(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    1600×900のことを普通1600pとは表現しないのでは
    900pといったほうがわかりやすい気がする
    1280×720も普通は720pと表現するはず

    • 管理人のみう太 より:

      しまったー、ちゃんと1600×900って書き方にすれば良かった!
      ありがとうございます、修正しましたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。