『スーパーマリオオデッセイ』がゲームオーバーにならない理由を任天堂が回答

海外のゲームメディアは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で発売が予定されている『スーパーマリオ オデッセイ』について、なぜゲームオーバーが存在しないのかを尋ねています。

元の記事はこちら

ゲームオーバーは一部のユーザーの欲求に影響する

3Dマリオの最新作、『スーパーマリオ オデッセイ』は2017年10月27日に発売が予定されていますが、今作は『ゲームオーバー』の概念が無く、ミスをしてもコインを失うペナルティだけになっています。

この仕様について海外のゲームメディアは質問をしており、なぜゲームオーバーが無くなったのか任天堂の元倉健太氏が答えています。

 

私たちは、このような広大な探索に焦点を当てたゲームで、ライフシステムがどのように機能するかを考えました。

このタイプのゲームでは、リスタートポイントが数多くあり、ライフシステムは私たちにとって絶対に必要な要素ではなかったので、ライフ制を採用しないことに決めました。

また、ゲームに慣れているユーザーは、マリオの残機が無くなった時に表示されるゲームオーバー画面を見る事はほとんどありませんが、経験の浅いユーザーはおそらくゲームオーバーを頻繁に見ることになるため、一部のユーザーのプレイの欲求に影響すると考えました。

 

本作は『スーパーマリオ64』や『スーパーマリオ サンシャイン』と同じように『箱庭マリオ』と呼ばれる作品ですが、ワールドの広さは『スーパーマリオ オデッセイ』が随一となっています。

その為、他のシリーズと比べて探索の要素が多くなっており、ゲームオーバーはその探索を妨げる原因になると考えているようです。

また、ある程度ゲームに慣れているユーザーであればゲームオーバーになる事は滅多にないですが、これから初めてゲームをするようなユーザーはミスを重ねやすく、ゲームオーバーはゲームに対するモチベーションに影響すると答えています。

昔のゲームに比べて近年のゲームは難易度が低く、一部では『ヌルゲー』なんて呼ばれる事も少なくありません。

しかし、昔のゲームが難しいのは『少ない容量で長く遊んでもらう』という意味合いも強く、実際にプレイに慣れてしまうと2~3時間でクリア出来てしまうゲームもよくあります。

『スーパーマリオ オデッセイ』がクリアにどのくらいかかるのかは分かりませんが、今はクリアまでに30時間以上かかるゲームも少なくなく、それがゲームに慣れていないとなると更に時間が必要になります。

ゲームオーバーの概念が無いとなると、スリルを求めているユーザーには物足りなく感じるかもしれませんが、初心者であってもある程度の時間でクリアまで漕ぎ着きやすくなります。

任天堂は『スーパーマリオ オデッセイ』に関してはスリルのあるアクションではなく、自由気ままな探索を軸に楽しんで欲しい、という方針のようで、これはどちらが良いかという話ではなく、それぞれのプレイヤーの好みで評価が分かれてくるのかもしれませんね。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

10件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    うーん、まぁ理解はできるかな
    箱庭マリオはストーリーの進行とムーンを集めるやり込み要素が大きいだろうし、ムーンを集める最中に頻繁に難所でゲームオーバーになるのは目に見えてる
    (マリサンでは何度も落下を繰り返した経験もあるし、わりと迷ったりもした)
    ストーリーとやり込みに集中させても、箱庭マリオのゲーム性にさほど影響はないということかな
    もちろん、落下などで、MAPの登り直しなどはあるだろうから、その辺で緊張感のバランスを取るんだろうか

    • 管理人のみう太 より:

      ミスはミスでちょっと戻されますけど、いちいちゲームオーバーになる必要はない、って事ですね(´・ω・)
      確かにゲームオーバーでタイトルからってなると、いちいち戻すのがちょっと面倒くさくも感じるんですよねぇ…。

  2. 匿名 より:

    最近の3Dマリオは幾らでも残基増やせたし残機制というシステムが形骸化してたからいっそ取っ払っちゃうのは良いと思うよ
    ゲームオーバーになってもタイトル画面に戻されるだけだしそもそも意味のないシステムだった

    • 管理人のみう太 より:

      確かに初代のマリオから『無限1UP』があって、それを知っていればゲームオーバー自体ならなかったですもんね(´・ω・)
      それならゲームオーバーを取っ払っても関係なさそうかも?

  3. 匿名 より:

    これ勘違いしてる人が多いんだけどゲームオーバーが無いといってもチェックポイントには戻されるよ
    いままでミスしたらチェックポイントに戻されるときに残機が減ってたのをやめて、コインを減らすだけでチェックポイントに戻される仕様(以前発表した時から変更が無ければ)
    残機がなくなってゲームオーバーになっても結局リトライで残機3に戻る(中間ポイントじゃなくてステージ最初には戻されるけど)のはあまり意味がなくなってたからね
    ゲームオーバー画面を見せつけられても暗に「お前は下手くそだ」って宣言されるだけでスリルにはつながっていないしね
    他のアクションゲームで残機制を残してるものってほとんど無い(格ゲーくらい?)のに一部でヌルゲーと叩かれる始末

    • 管理人のみう太 より:

      やー私もちょっと間違えていたかも、海外の記事だと翻訳でズレてしまう事があるので、指摘があると助かりますー。
      最近はヌルゲーとも言われがちですけど、個人的には『ヌルい』じゃなくて『親切』って感じなんですよね、これも親切の一種なんじゃないかなーと(´・ω・)

  4. 匿名 より:

    今日公開された動画だと、マリオランにあったようなお助け機能で落下してもシャボン玉で即復帰できるシステムもあって、自由に切り替え可能だったり
    迷ってしまう人向けに行き先を矢印で示してくれるガイド機能とかもあるようだな
    どこまでもユーザーフレンドリーな仕様だ
    複雑になりすぎたゲームの敷居を少しは下げてくれるだろう
    マリギャラ2の時は解説DVDとかつけてたっけな

    • 管理人のみう太 より:

      そう言えばWiiのマリオでも、多人数の時はシャボンに入って仲間に任せたり出来ましたね(´・∀・)
      これからマリオを始めるってユーザーにも配慮すると、こういったガイドに近い機能とかも必要なんでしょうね。

  5. 匿名 より:

    ただのヌルゲーになるだけではなかろうか

    • 管理人のみう太 より:

      ゲームオーバーになるやり直しは、ただただ面倒くさいので削除しましたってのも頷けますけど、『ゲームオーバーにならないように真剣に遊ぶ』という意味ではスリルは減ってるかも?
      でもある程度テクニックのある人はそもそもゲームオーバー自体なりにくいシリーズなので、得意な人はどっちでもそんなに変わらないかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。