スイッチ向けに開発中の『真・女神転生Ⅴ』が正式発表、発売日などは追って公開

株式会社アトラスは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に向けて開発中とアナウンスしていた『真・女神転生』の新たな情報を公開しました。

特設サイトはこちら

正統ナンバリングタイトルがスイッチに登場

『女神転生』シリーズとは、アトラスが『悪魔』という異形の存在をテーマに開発したRPGで、1987年に1作目となる『デジタル・デビル物語 女神転生』がファミコンで発売され、1992年にはそのゲームシステムを継承した『真・女神転生』がリリースされました。

その『真・女神転生』シリーズ25周年プロジェクトとして、2017年1月に開催された『ニンテンドースイッチ プレゼンテーション2017』にて新作の開発が発表され、多くのファンの期待を集めていました。

2017年10月23日にアトラスは、公式特設サイトにて新たなディザートレーラーを公開し、正式なタイトルを発表しました。

 

タイトルは『真・女神転生Ⅴ』に決定し、正統なナンバリングタイトルである事が明かされました。

まだゲームに関する情報はこのトレーラーしかほとんど無く、不明な点が多いですが、舞台はシリーズお馴染み『現代の東京』となっているようです。

ミニスカートの女子高生らしき人や、スーツを身に纏ったサラリーマンが歩く駅はまさに現代の東京そのものですが、トンネルらしき場面では何体もの倒れた悪魔が映され、最後には荒廃した東京で男女が悪魔に襲われて映像は終了します。

まだどのようなストーリーになるかは分かりませんが、女神転生の新作が発表される度に『また東京が壊滅するのか…』とネットでは囁かれており、今回も残念ながら東京が壊滅するかもしれません(´・ω・)

なお、今回のトレーラーには『隠しキーワード』なるものが盛り込まれているらしく、それは『Shekinah Glory』と『Daath』の2つのようです。

調べると『Shekinah Glory』とはヘブライ語で『神の臨在に伴う栄光』という意味があり、聖書にも出てくる言葉のようです。

また、『Daath』も聖書に登場するヘブライ語で、こちらは『生命の樹(セフィロトの樹)』と言う意味がありますが…、このキーワードがゲームにどのように関わってくるのかはまだ明らかになっていません。

(ウィキペディアを見たけど難しくてよく分からんかった(´・ω・))

本作は『アンリアルエンジン4』で開発されており、これまでの女神転生シリーズより格段に向上したグラフィックが特徴にもなっています。

2016年には『真・女神転生Ⅳ FINAL』が発売されていますが、オリジナルの女神転生Ⅳは2013年に発売されているので、2018年に発売するとすればおよそ5年ぶりのナンバリングタイトルとなり、シリーズファンには待望の1作となりそうです。

発売日や価格については未定ですが、25周年プロジェクトである事を考えると2017年~2018年が25周年に当たるので、もしかしたらそこまで遠くはないのかもしれません。

その他の情報は追って公開するとの事ですので、気になる方は続報にも注目です。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    メガテン初のHDタイトルであり、25周年プロジェクトでもあるので、開発陣も力入ってるだろうね

    • 管理人のみう太 より:

      正統なナンバリングですから、完成度には期待できそうですよね(´・ω・)
      実はメガテンあんまり触った事ないんですけど、いきなりⅤから遊ぶのはアリなのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。