新作恋愛ADV『ワールドエンドシンドローム』が正式発表、公式サイトもオープン

アークシステムワークスは2018年に発売を予定している新作恋愛アドベンチャーゲーム、『ワールドエンドシンドローム』を発表しました。

※この記事は2017年10月25日に投稿した記事を加筆・修正したものです。

公式サイトはこちら

ひと夏の恋愛ADV、ティザームービーも公開

アークシステムワークスは2017年10月24日より、謎の新作タイトルを示唆するホームページをオープンしていましたが、正式に『ワールドエンドシンドローム』の開発を明らかにしました。

発売は2018年、プラットフォームはNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)/ PS4 / PS Vita が予定されています。

これまではホームページを訪れても、ドアの隙間からイラストの一部を見る事しか出来ませんでしたが、今ではゲームの概要やキャラクターを確認する事が出来ます。

ジャンルはひと夏の恋模様を描いた恋愛アドベンチャーゲームで、2人のメインヒロインのビジュアルや、ティザームービーが掲載されています。

 

メインヒロインの1人である『楠瀬舞美(くすのせ まいみ)』は主人公の従妹で、とある出来事から同居する事になった活発な女の子です。

舞台となる『魅果町(みはてちょう)』の高等学校、魅果高校のテニス部に所属しており、サッパリとした性格は男性のみならず女性からも高い人気を持っているようです。

もう1人のヒロインである『甘奈 未海(あまな みう)』は寡黙で、ミステリアスな雰囲気が特徴的な同級生です。

『ミス研』という謎の部活の部長を務めており、クールでしっかり者の一面を持っていますが、彼女がバイトで務めているカフェを訪れれば意外な一面が見れるかもしれないようです。

本作の詳細はまた追々発表するとの事ですが、開発は『Birthdays the Beginning』などを代表する『トイボックス』が、キャラクターデザインは『ブレイブルー』のメインデザイナーである『加藤勇樹』氏が担当しており、どのような世界観で本作が描かれるのかが気になります。

アークシステムワークスといえば『ギルティギア』や『くにおくん』シリーズなどが有名ですが、トイボックスとタッグを組んだ本作がどのような展開をするのかに注目です。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    今サイト見たらいきなりこっち覗いてて、びっくりしたw

    • 管理人のみう太 より:

      サイトがオープンする前は扉の前でスタンバイしてる感じだったんですねw
      目だけこっちを向いてたからちょっと怖かったかも…(´・Д・)

  2. NS より:

    「これが、僕の全力だ!!」とか言ってスマッシュを決める「げんきくん」を始めとする大家族が登場する、DLソフトシリーズ。任天堂機のアークのゲームもこれまたファミリー系のみという印象でしたから、美少女RPGは新鮮ですね。CLANNADもアリな気がして来ました。

    • 管理人のみう太 より:

      アークのギルティギアとかはPSがメインですもんね、このジャンルを任天堂では珍しい(´・ω・)
      クラナドは風子が好きです。

  3. 匿名 より:

    でかい(何がとは言わない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。