『Nintendo Spotlight: E3 2017』は6月14日午前1時から配信 + これまでのE3を振り返り

任天堂公式Twitterによると、任天堂は6月14日の午前1時から『Nintendo Spotlight: E3 2017』を配信するとの事です。

スーパーマリオオデッセイなどを詳しく紹介

毎年6月に開催される『E3』にて、今年も任天堂は出展を予定しており、E3版Nintendo directである『Nintendo Spotlight: E3 2017』を配信すると公式Twitterにて告知されました。

海外でのイベントなので仕方ないですが、まぁ深夜ですね!
私は多分次の日に見ます!

配信日については以前より情報が出ていたのですが、この度公式に発表されました。
内容としては『スーパーマリオ オデッセイ』などの”2017年発売のソフト”を中心に紹介するとしています。

なので『開発中だけど発売はまだ先のソフト』は紹介されませんが、逆に言えば『発表から発売までが近いソフト』が中心に紹介されるので、E3で取り上げて話題性が高いうちにリリース、と言う流れになりそうです。

現段階ではスーパーマリオ オデッセイしか具体的なタイトルは分かりませんが、他にも『ゼノブレイド2』や『ファイアーエムブレム無双』、噂になっている『マリオ × ラビッツRPG』などが期待できそうですね。

もっと発売の近いタイトルでは『ARMS』や『スプラトゥーン2』、『ポッ拳DX』がありますが、こちらは本当に発売が目前なので、E3よりも近いうちにARMSのような個別ダイレクトで紹介する気もします(´・ω・)

E3では毎年、事前に開発が発表されていなかった”サプライズ”なタイトルが用意されていました。
今年は『メトロイド』や『F-ZERO』のサプライズを望む声も多いですが…、どのような発表がされるのか注目ですね(´・∀・)!

任天堂のE3:2014

近年の任天堂のプレゼンテーションで最も盛り上がったのが、2014年の『Nintendo Digital Event』だったと思います。

 

2014年から任天堂はE3で直接プレスカンファレンスを行うのではなく、動画配信による新作発表と、TreeHouseと言う番組でゲームの紹介を行っています。

2014年ではすでにWii Uはソフト不足で苦戦している、と言う印象が付いていましたが、その印象を払拭する為か数多くのタイトルをデジタルイベントで発表しました。

大規模なプレスカンファレンスではなく50分ほどの映像との事で、発表するタイトルの数が少ないのではないか、内容が不十分なのではないか、と言う懸念も出ていましたが、実際はテンポの良さとコミカルなクレイ風アニメーションも相まって評判は良いものでした。

2014年のラインナップは

  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U/ 3DS
  • スプラトゥーン
  • ゼルダ無双
  • ヨッシー ウールワールド
  • ゼノブレイドX
  • ベヨネッタ2
  • デビルズサード
  • 進め!キノピオ隊長
  • スーパーマリオメーカー
  • タッチ!カービィ スーパーレインボー
  • ポケットモンスター オメガルビー / アルファサファイア
  • ゼルダ最新作(ブレスオブザワイルド)

と非常に見応えがあり、更に宮本茂さんはWii Uを活用した新たなタイトルとして『スターフォックス』の映像と、『プロジェクト ガード(スターフォックスガード)』、『プロジェクト ジャイアント ロボット』の3作品を紹介しました。

プロジェクト ジャイアント ロボットは発売されないまま現在に至っていますが、長年新作が待ち望まれていた『ゼルダの伝説』や『スターフォックス』の映像が公開された事もあり、Wii Uもまだまだこれから新しいタイトルがいくつも出ると強調されていました。

他にも『スプラトゥーン』と『スーパーマリオメーカー』はE3で初公開されたタイトルですし、大きな注目を集めていた『大乱闘スマッシュブラザーズ』も新しい情報が発表され盛り上がりましたね。

そう言えば岩田社長とレジー社長がタイマン張ったのもこの年でしたね…w

任天堂のE3:2015

2015年も任天堂は引き続き大規模なプレスカンファレンスは行わず、Nintendo Digital Eventを配信しました。

 

2014年で発表した『スプラトゥーン』や『ゼルダ無双』、『ベヨネッタ2』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』などはすでに発売され、新たなWii Uのタイトルが望まれていました。

2015年のラインナップは

  • スターフォックス零
  • スーパーマリオメーカー
  • 幻想異聞録#FE
  • どうぶつの森 amiiboフェスティバル
  • マリオテニス ウルトラスマッシュ
  • ヨッシー ウールワールド
  • ゼノブレイドX
  • ゼルダの伝説 トライフォース3銃士
  • ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ
  • ファイアーエムブレム if
  • どうぶつの森 ハッピーホームアカデミー
  • マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMix
  • 妖怪ウォッチ

と、2015年も数多くのタイトルが動画内で発表されました。

しかし2015年は2014年に比べてWii Uのタイトルは減少し、紹介されたWii Uタイトルの大部分がすでに発表されていたものだったり、ゼルダの伝説の出展が無かったためサプライズに欠けた内容だったとやや盛り上がりには欠けていたようです。

まぁ、確かに私も2014年の盛り上がりを期待していたら少し肩透かしだった覚えは正直あります…(´・Д・)

また、2014年のテンポの良かったプレゼンに比べて、2015年は開発者インタビューや裏話に時間を多く割いており、それがマイナスポイントだと感じている人も多かったようですね。

これは2014年に2015年以降発売のタイトルも発表してしまった為、2015年に発表する新たなタイトルが無くなってしまったのが原因かもしれません。

もしくは、すでにNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けの開発に移行し始めていたので、Wii U向けタイトルの開発は消極的になっていたのもありそうですね。

任天堂のE3:2016

2014年、2015年とデジタルイベントを配信してきた任天堂ですが、2016年はオンライン発表イベントは実地せず、『ゼルダの伝説』と『ポケットモンスター』に焦点を絞った発表をしました。

 

当時はすでに新型ハード『NX』の存在が発表されており、E3でNXの詳しい発表があるのではないかと噂されていましたが、NXの発表はなく『ゼルダの伝説』の新たな映像を中心に紹介されましたね。

『ゼルダのアタリマエを見直す』と言うコンセプトのもと、ロッククライミングの要領でどこでも登って行けたり、敵から武器を奪って戦ったり、料理を作ってハートを回復させたり、今までのゼルダとは全く違うシステムが話題になりました。

『任天堂はE3でゼルダしか発表しない』という前評判から否定的な意見も出ていましたが、実際E3開催後は大きな話題になり、最も話題になったタイトルとして取り上げられたようです。

確かにこれは心躍りましたよね、この世界を走り回れるのかと(´・ω・)

しかし大きな話題になった一方で、やはりNXについて知りたかった、もっと他のタイトルを紹介して欲しかったという意見も多く、ゼルダを待ち望んでいたかそうでないかで意見が分かれる結果となりました。

任天堂のE3:2017

あと4日となった2017年のE3ですが、今年は任天堂にとってニンテンドースイッチが発売されて最初のE3となります。

米任天堂のレジナルド社長は今年のE3に対して『非常にビッグなものになる』と答えており、ニンテンドースイッチ向けの新たなタイトルの発表が期待されています。

噂では任天堂のプレゼン動画は30分ほどと言われていますが、任天堂はソフトの紹介をデジタルイベントで、実機でのプレイなどを後のTreeHouseで取りあげていますので、配信動画だけで考えればそのくらいが妥当かもしれませんね。

またプレゼン動画を見たらこちらのサイトでも取り上げたり、見ながら喋る動画も上げたいと思っていますのでよろしくお願いします(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

12件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    2014年のは何回も見返すほど素晴らしかったから
    今年も同レベルのを期待してる

    • 管理人のみう太 より:

      『MOTHER3は!?』とか、アニメに自虐的なネタが入っていたのも面白かったですねw
      2015年も人形劇風でしたし、今年も何か趣向を凝らしたものになっているのかも気になりますね(´・ω・)

  2. 匿名 より:

    配信時間短いみたいだし、今年はあっさりした感じになりそう

    • 管理人のみう太 より:

      開発者インタビューなどにどれだけ時間を割くかによって、発表できる本数も変わってきそうですね。
      取りあえずタイトルだけ30分で一気に発表して、その後のTreeHouseで細かく実機プレイとかを見せるのかも…?

  3. 匿名 より:

    別に今年のゲームを中心に語るE3本来の形なわけで
    そもそも何時間もかかる方が焦点ぼやけるだけだから
    サクッと要点まとめて放送して、あとはtree houseとプレイアブルなんだろう
    インディーや国内向けは、また9月頃にダイレクトでもやるだろう

    • 管理人のみう太 より:

      2時間くらいのステージカンファレンスって、ぶっちゃけ長くてダレてくる事ありますよね(´・Д・)
      たぶん現地なら盛り上がるんだろうけど、こっちじゃ翻訳で見てるから長いのが合わないってのもありそうだなぁ…。

  4. 匿名 より:

    今年は去年と同じようにTreeHouseやるから2015年よりは酷くならないかな。
    あと、去年みたいに出展が1本だけじゃないから楽しみ。

    • 管理人のみう太 より:

      去年はもう開発中のSwitch向けタイトルをひた隠す必要があったから、ゼルダ1点張りは仕方なかったですねw
      少なくともすでにマリオオデッセイやらゼノブレイド2やら目玉があるのは分かっているんで、それだけでも期待値は高そう(´・ω・)

  5. 匿名 より:

    マリオデがとても楽しみです
    形式は箱庭タイプのようですが、マリギャラを思わせる空気感があるような
    マリギャラで最初のステージに降り立った時、これからどんな大冒険ができるのかと鳥肌が立ったので
    あれをもう一度味わえたら幸せです

    • 管理人のみう太 より:

      なんて言うんですかね、広大なのにゲームらしいサイズに落とし込んでいる、って感じがすごいですよね(´・ω・)
      箱庭マリオもサンシャイン以来ですか、これまでの良いところを上手く融合して欲しいですね!

  6. 匿名 より:

    2014のは本当にすごかったですね。
    スマブラ目当てでみてたら、発表された新規IPスプラトゥーンがここまでになるとは思ってもませんでした。
    ただ、当時もスプラがかなり注目集めてたみたいでしたが。
    あれを見てしまったから、もう据え置きは買わないと決めてたのにWiiU買っちゃったんですよねぇ……

    • 管理人のみう太 より:

      いや、スプラトゥーンはまず見せ方が良かったですよね。
      何だこのインク?って思いましたもん(´・ω・)
      正直私もスプラトゥーンが無かったらここまでWiiUは起動してなかったな…、ってくらい遊びましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。