スイッチ版『RiME』の日本発売日が11月16日に決定、価格はPS4版と同じ3,780円

スペインのデベロッパー『Tequila Works』は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けタイトル『RiME』の発売日を発表しました。

※この記事は2017年8月4日に公開した記事を加筆・修正したものです。

元の記事はこちら

発売が11月16日に決定、北米から2日遅れて

『Tequila Works』はニンテンドースイッチ版『RiME』の発売日を、北米では2017年11月14日、ヨーロッパでは11月17日、そして日本では11月16日にリリースすると発表しました。

『RiME』は元々2013年にPS4独占タイトルとして初公開されましたが、2017年1月にはニンテンドースイッチ、Xbox One、PCなど別のプラットフォームでも発売するとアナウンスしました。

他のプラットフォームと比べて最も遅いリリースとなりましたが、ニンテンドースイッチ版の発売日も決定したようです。

海外の発売日が先行して発表されていたので、日本でのリリースは少し遅れるのではないかとも思いましたが、すでにPS4版などでローカライズはされていたので、そこまで海外と日本で大きな違いは出なかったようです。

 

『RiME』の世界観は独特で、『ゼルダの伝説 風のタクト』を思わせるような鮮やかなグラフィックに、奥深いパズルアドベンチャーが高い評価を得ています。

ゲームメディアのレビューでは『パズルを苦手としている人にも、その気持ちを変えうる力がある』と評価しており、普段パズルに触れないユーザーでも引き込まれる作品だとしています。

ニンテンドースイッチ版『RiME』はダウンロード専用ソフトで、価格はPS4版と同じ3,780円です。

因みに海外ではパッケージ版も用意されており、そちらは40ドル/ユーロ(約4,400円)と少し高めの値段設定になっていますが、これはカートリッジにコストがかかる為だと説明されており、代わりにパッケージ版には10ドルで別売りされる『サウンドトラック』のダウンロードコードが同梱されています。

日本ではパッケージ版は用意されていないので、このサウンドトラックを手に入れるには、Amazonなどから別途購入する必要がありますが、気になる方はそちらもチェックしてみて下さいね(´・ω・)

 

 

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    後発マルチでもインディーズが売れやすいswitchとはいえ、
    半年遅れでこの手のタイプのゲームがどれだけ数字が伸ばせるのか
    価格もほぼ普通の大手が出す値段と大差がないだけに。
    そもそも他機種はどれほど売れたのだろう
    switchには本家のゼルダもあるしなぁ

    • 管理人のみう太 より:

      ゼルダをリスペクトした雰囲気はありますけど、価格がほとんどパッケージと同じですからね(´・ω・)
      内容は面白いでしょうけど、遊びたいと思っていた人はすでに他のプラットフォームで遊んでるかもなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。