Nintendo Switchのeショップにローカライズされていない海外タイトルが登場

先日のNintendo Directでもいくつかの海外で制作されたタイトルが発表されていましたけど、任天堂公式サイトを見ると5月2日に『TumbleSeed』と言うゲームが日本でもNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに配信予定になっています。

公式ページはこちら:https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000000163

言語の壁が薄ければ海外ゲームも配信されるかも?

この『TumbleSeed』はアメリカで開発されたインディーズタイトルなのですが、この度日本でも配信されるようになったみたいです。
しかし公式ページを見ると、どうやら日本向けにローカライズされている訳ではなく、海外で配信されているものをそのまま日本のeショップでもダウンロード出来る、と言う事のようです。

まずどんなゲームなの?と疑問を持つと思いますので、公式のトレーラーを紹介しましょう(´・ω・)

海外らしいスゴイ鮮やかな色彩でありながら、何となくシンプルな操作で遊べそうな感じですよね。
プレイヤーはコントローラーで坂(下の棒)を操作して、Seed(種)を上手く転がして山の頂上を目指すのが目的みたいです。
穴に落としたり、不用意にクリーチャーに触れてしまうとダメみたいですね。

しかもこのゲーム、用意されたステージをクリアするシンプルなタイプだと思いきや実はローグライクらしいんですよ!
プレイする度に5つのワールドからランダムに生成され、更にそれぞれ特殊能力を持った30種類以上のSeedで遊ぶ事が出来るとの事です。

さてさて、最初に書いた通り、このゲームは日本向けにローカライズされていません。
なので日本でダウンロードをした場合でも、英語の画面でプレイする事になる訳ですね。

しかし実際に映像や画面を見れば分かる通り、そもそも文章自体がほとんどゲーム内に無く、ちょっとした単語やSeedの名前が英語でポツポツ書かれているだけっぽいんですよね。

これはニンテンドースイッチが今までのハードと違いリージョンフリーになった…影響があるからかはよく分からないんですけど、この例を見れば、今後も言語の壁がそこまで厚くなければ、ローカライズされていない状態であっても海外のゲームが日本でも配信されるようになるのかもしれません。

海外のインディーズはSwitchに対して好意的なデベロッパも増えていますから、そう言ったタイトルが日本でも配信されれば楽しみも増えますし、インディーズも盛り上がるから良いですね!

個人的には海外でSwitch向けに開発されている『GoNNER』ってゲームが日本でも配信されて欲しいなぁ…。
あまりテキスト量の多くないゲームであれば日本でも遊べるようになるかもしれないので、そう言ったタイトルをチェックしてみるのも楽しいかもですね(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 匿名 より:

    GoNNERは日本でも発売されるみたいですよ!
    ネコマリオタイムで紹介されてましたし間違いなく日本のショップにも来ますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。