スマホのローグライクRPG『ドラゴンファング』がスイッチでもリリース決定

株式会社トイディアは、スマートフォンで展開していた『ドラゴンファング』のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版を発表しました。

関連記事はこちら

スマホ生まれのシレン風ローグライク

今回トイディアが発表した『ドラゴンファングZ ~竜者ロゼと宿り木の迷宮~』とは、スマートフォンで配信されている『ドラゴンファング』のニンテンドースイッチ版であり、トレーラーも公開されました。

 

本作は『風来のシレン』のようなローグライクゲームであり、ランダムで生成されるダンジョンをひたすら地下深く潜っていきます。

家庭用でリリースするにあたって『しっかりやり込める本格ローグ』をコンセプトに、アイテム持ち込み無し、レベル引き継ぎ無し、と、古き良きやり応えのあるローグライクが楽しめるようです。

しかし独自の要素も数多く用意されており、200種類以上いるモンスターを倒す事で特殊能力を得たり、周囲8マスに壁が無い状況で戦う事でパワーアップしたり、ロングダンジョンをクリアする上で重要なテクニックがいくつもあります。

初心者ではローグライクは難しく、すぐ死んでしまう事もありますが、何度も死んで打開方法を覚えるのが楽しみの1つでもあります。

空いた時間に少しずつダンジョンを進められるという点では、携帯出来るニンテンドースイッチとも相性が良さそうです。

因みに『ドラゴンファング』はNew 3DSでもリリースされましたが、そちらはスマホ版と同じで『プレイ無料 / アイテム課金』方式となっていました。

本作はどのような方式になっているか分かりませんが、今後PS4やXbox Oneでのリリースも予定しているらしいので、こちらは買い切り型のゲームになっている可能性が高そうです。

発売は2017年秋が予定されており、『東京ゲームショウ2017』でも出展予定となっているので、気になる方は今後の続報もチェックしてみて下さいね(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。