スイッチに複数のインディーズタイトルが配信予定、日本配信も…?【2017/07/29】

スプラトゥーン2が発売され、より一層話題になっているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)ですが、インディーズのタイトルも複数配信が予定されています。

パズルアドベンチャー ブロッくる

『パズルアドベンチャー ブロッくる』はインテンスの開発するパズルゲームで、ニャコ属の小市民クルルンと、記憶喪失の女神アリカが不思議な世界『ワンダーラビリンス』を冒険します。

タイトルがパズルアドベンチャーなのでジャンルはパズルなのですが、可愛らしいキャラクターデザインも特徴的なゲームです。

内容はいわゆる落ちものタイプのパズルゲームとは異なり、用意されたステージを『回転』させる事でクルルンをゴールまで導くものです。

ワンダーラビリンスは『氷の国 アイシクルパレス』や『火山地帯 フレイムマウンテン』など非常に広く、ギミックの豊富なステージが160も用意されています。

アンドゥやリトライ機能も実装されており、ちょっとした空き時間にサクサク遊べそうですね。

配信日は8月3日、価格は800円とお求め安くなっています(´・∀・)

購入ページはこちら

Slime-san

 

Slime-sanは、突然森に表れた巨大なワームに食べられてしまった『スライム』を操作し、外への脱出を目指す2Dアクションゲームです。

シンプルなアクションゲームに見えますが、スライムは胃の中にいるので時間が立てば胃液で溶けてしまい、急いでゴールを目指す必要があります。

400の部屋で構成された100ステージ、更にハードモードがあるので倍の200ステージが用意されており、HD振動やおすそわけプレイも対応しています。

日本語で言えば『スライムさん』と非常にフレンドリーな感じがしますが、すでにリリースされているSteam版では英語しか用意されておらず、ニンテンドースイッチ版が日本でも配信されるかは分かりません。

しかしあまりテキストを必要としないゲームですので、もしかしたら可能性はある…かもしれませんね。

海外の配信日は8月3日、価格はまだ分かりませんが、Steamでは約1,200円でした。

Retro City Rampage DX

 

『Retro City Rampage DX』は『Vblank Entertainment』の開発する見下ろし型2Dアクションゲームで、まるで『Grand Theft Auto』をファミコンの世界に落とし込んだようなゲームです。

グラフィックは8bitの昔懐かしいものですが、コンセプトはある意味まさに現代的なもので、自由度の高いオープンワールドゲームのように楽しむことが出来ます。

本作はすでに3DSやWii、PS4、PS3、PS Vita、Steamと様々なプラットフォームで配信されており、8月3日にはニンテンドースイッチ版も配信予定との事です。

Steamでも非常に評価は高いですが日本語へのローカライズはされておらず、日本での配信はまだ未定です。

Sine Mora EX

 

『Sine Mora EX』は過去にリリースされた『Sine Mora』のパワーアップ版で、爽快感のある横スクロールシューティングゲームです。

様々な視点からの演出やリアルなグラフィック、重厚なストーリーが特徴的で、開発には『THQ NORDIC』と『グラスホッパーマニファクチュア』の須田剛一氏が携わっています。

ステージはすべてで7つ用意されており、50以上の武器の組み合わせや、初心者から上級者まで楽しめる難易度設定など奥深いタイトルになっています。

欧州でのリリース日は8月8日に設定されており、価格は24.99ポンド(約3,600円)です。

日本で配信されるかは分かりませんが、8月9日に配信が予定されているSteam版では日本語にも対応しているので、ニンテンドースイッチ版も期待できるかもしれません。

The Escapists 2

 

『脱獄系シム』と非常に珍しいジャンルのゲームがこの『The Escapists』で、本作はシリーズ2作目になります。

主人公は監獄からの脱獄が目的となりますが、もちろん簡単に脱獄する事は出来ません。

普段は模範囚として真面目に働きながら、こっそり材料やお金を集めて脱獄の準備を進めます。

本作はsteam / PS4 / Xbox Oneにて8月23日のリリースが予定されていますが、ニンテンドースイッチ版に関してはまだ明らかになっていません。

また、今のところ日本語へのローカライズは予定されていないようなので、今後の情報に注目です(´・ω・)

こういう記事もまとめた方がいいかしら…

という訳で、最近情報があった配信タイトルをまとめました。

こう言った情報は結構いくつかあるんですが、日本での配信がどうなのか分からないのであんまり取り上げていなかったんですよね…。

しかしニンテンドースイッチはリージョンフリーで海外のソフトもダウンロード出来るので、もしこういった情報が気になる方がいれば今後も取り上げていこうと思います(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。