過去の任天堂ハードから、スイッチやジョイコンの新色を予想してみる

どうもみう太です(ΦωΦ)

任天堂のプラットフォームと言えば様々なカラーバリエーションも特徴の1つですが、発売から1周年を迎えたNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)も様々な新色が追加されています。

今回はそんな本体やコントローラーの色について取り上げてみようと思います(ΦωΦ)

最初は3色だけだったジョイコンのカラー

ニンテンドースイッチのカラーバリエーションについては、本体は大部分が液晶なのでブラックで統一されていますが、その代わり自由に着脱できるジョイコンに様々なバリエーションが用意されています。

最初は『グレー』『ネオンレッド』『ネオンブルー』の3色のみでしたが、ニンテンドーストアではジョイコンの組み合わせを自由に選択可能で、発売当初から一種の着せ替え的な楽しみが用意されていました。

その後、『ARMS』のイメージに合わせた『ネオンイエロー』、『スプラトゥーン』のアオリとホタルをイメージした『ネオンピンク』と『ネオングリーン』、そしてマリオのイメージカラーに合わせた『レッド』が今では発売されており、よりバリエーション豊かになっています。

1年でこれだけの新色が追加されましたが…、今後はどのような色が増えていくのでしょうか?

次は『ポケモン』に合わせた色?

これまでジョイコンの新色は、何かしらの大きなタイトルと合わせて発売されていました。

という事は次の色も何か大型タイトルと合わせて出てくる可能性が高そうですが…、そうなると現在開発中とアナウンスされている『ポケットモンスター』が最有力候補でしょうか?

しかしポケモンと言えば『ピカチュウ』ですが、すでに『ARMS』の時にイエローは発売されていますし、モンスターボールと合わせても『レッド』もすでに追加されています。

とすると、まだ特定の色は分かりませんが、新作のポケモンのバージョンに合わせた色がジョイコンで追加されるかもしれません。

『ポケットモンスター』と言えばこれまで2つのバージョンの同時展開が慣例になっていますが、例えば『ルビー / サファイア』ならレッドとブルー、『サン / ムーン』ならオレンジとダークブルーといったように、相反する色でカラーバリエーションが増える可能性はありそうです。

つまり次のポケモンの組み合わせが分かれば、ジョイコンの色も予想できるかもしれません(ΦωΦ)

落ち着いたダークブルーが増えるかも?

アメリカ任天堂の公式Twitterでは、ニンテンドースイッチの発売1周年を記念してジョイコンを並べた画像を投稿していますが、これが新色の『ダークブルー(ネイビー)』ではないかと噂されています。

しかし、このツイートはあくまでお祝いの為であり、ジョイコンの新色を発表するものでは無いので、グレーのジョイコンが照明の関係でブルーっぽく見える…、というだけの可能性が高そうです。

ネオンブルーとネオンレッドも最初期のカラーですので、それに合わせるなら並んでいるのはグレーと考えるのが順当かもしれません。

ただ、以前にも任天堂の公式動画にて、上の画像のようなブルー系のジョイコンが映り込んだシーンがあり、近いうちに新色の発表はあり得そうです。

ビビットな明るい色は近年人気も高まっていますが、『子供っぽい』という印象も根強く残っており、結局グレーのような落ち着いた色合いしか選ばない人も少なくありません。

なんとなくのイメージ的には、『メトロイドプライム4』がブルーやパープルのジョイコンと合っていそうな気もします。

サムスのカラーを取り入れるならオレンジになりますけど…(ΦωΦ)

むしろメトロイドならクリアカラーか?

90年代後半から2000年台にかけて大流行したカラーバリエーションが、中の基板などが透けて見える『クリアカラー』です。

若い方にはあまり馴染みが無いかもしれませんが、今では信じられないほどクリア(スケルトン)カラーが流行した事があり、ゲームボーイやニンテンドー64の本体だけでなく、ゲームのカセット、デジモン、ミニ四駆やビーダマンまでクリアカラーになる程の人気っぷりでした。

任天堂の公式サイトでも『最も売れたゲームボーイカラー』は1位が『クリアパープル』になっており、2位の『クリア』と合わせてワンツーフィニッシュを飾っています。

今ではクリアカラーの製品はほとんど目にする事が無くなってきましたが、もし『メトロイド』を意識するならスケルトン仕様が1番メトロイドっぽい…かもしれません。

全面クリアカラーは少し人を選ぶかもしれませんが、ゲームキューブのコントローラーでは上半分がバイオレット、下半分がスケルトンと分かれているものもあり、この仕様であれば意外と手に取りやすそうです。

この時代になってクリアカラーの復活はあるのでしょうか…?

重厚感あるメタリックも復活して欲しい?

ニンテンドーDSの発売当初は重厚感のあるプラチナシルバー1色であり、その後も光沢のあるようなカラーバリエーションが特徴的でした。

特にプラチナシルバーはまるで金属のような質感で、高級感と頑強さを演出していました。

その後マイナーチェンジを果たしたニンテンドーDS Liteでも、『グロスシルバー』や『メタリックロゼ』など金属をイメージした本体が用意されています。

しかし、メタリックなデザインは携帯ゲームでは『重そう』というイメージにも繋がるのか、次のニンテンドーDS i では『メタリックブルー』を除いてシンプルな色で統一され、だんだん重厚感のある色合いは減ってきました。

ニンテンドースイッチのジョイコンも軽さが1つのポイントになっているので、重たそうな印象を与えるメタリックとは相性が悪いのかもしれませんが、黒い本体に取り付けたときの組み合わせとしては悪くない気がします。

色合いも落ち着いたものになりそうですし、今の派手なカラーバリエーションが苦手な方にとっては、意外と良い選択肢になりそうです。

手頃に買い替えられないのがネックだ…

スケルトンやメタリックはちょっと懐かしいですよね、昔のホームページとか無駄にメタリックな壁紙が使われていた覚えがあります(ΦωΦ)

最近はシンプルでカラフルな色合いが流行しているので、時代に合わせてカラーバリエーションも変異しているようです。

私はネオンブルーとネオンレッドの組み合わせのニンテンドースイッチを購入して、それで満足しているのですが、やっぱりスプラトゥーンのネオンピンクとネオングリーンのジョイコンも欲しかったんですよね。

ただ、ジャイロセンサーやIRカメラ、HD振動など様々な機能の盛り込まれたジョイコンは8,000円近くする高級品…、もちろん性能を考えたら高いという訳ではないのですが、それならソフトを1本買えると考えるとなかなか手が出ません…(ΦωΦ)

兄弟とかと日ごろから遊ぶなら良いんだけどなー。

今後も様々なカラーバリエーションが追加されると思いますが、ニンテンドースイッチのアクセサリーとしてスキンシールもいくつか出ているみたいなので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

(元のジョイコンの色がグレーなら使いやすそう?)

でもそれだとスケルトンやメタリックは無理なのか…。

◇良かったらシェアしてね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。