Nintendo Direct放送後、国内海外問わず様々なSwitch向けタイトルのPVが公開

4月13日に配信されたNintendo Directですが、ダイレクト配信後には国内海外問わず様々なタイトルのPVが新たに公開されています。

『ソニックフォース』モダンソニックプレイ動画

こちらは2017年冬に発売が決定した『ソニックフォース』の新たなプレイ動画です。
今作では近年のスリムなソニックだけでなく、クラシックな丸みのあるモダンソニックでもプレイできる事が明らかになっていますが、そのモダンソニックによる実際のゲームプレイ映像となっています。

見た目は今より丸っこくても流石のソニック、ものすごいスピード感があります。
基本的には常に走り続けながら障害物を避け、リングを取り、敵を倒しながらひたすら突っ走るという感じですが…、これはなかなかのスリルと爽快感が味わえそうですね。
と言うかスタイリッシュすぎて本当にモダンソニックなのか…?

Wii Uなどで発売された近年の『ソニック ロストワールド』や『ソニックトゥーン 太鼓の秘宝』などではソニック特有のスピード感が損なわれているとの評価が出ていましたが、今作ではあのスピードのソニックが帰ってきたと前評判では上々のようです。

『神巫女 -カミコ-』紹介映像

すでに配信が開始された『神巫女 -カミコ-』の紹介映像が公開されました。
こちらの動画でカミコがどのようなゲームなのか確認する事が出来ます。

動画を見た感じ、昔のゼルダの伝説を彷彿とさせるゲームデザインですね!
特に剣士タイプのヤマトは、昔のゼルダをスタイリッシュにした感じに近そうです。夢をみる島とかっぽいよね。
レトロなデザインでありながら攻撃のスピードや移動などはスムーズでテンポもよく、サクサクと進める事が出来そうです。

3人のキャラクターでそれぞれ操作感が違うのも繰り返し遊ぶ楽しみがありますよね。
ウズメなんかは遠距離攻撃が出来るから楽そうと思いきや、レトロゲームさながら斜めに矢を撃つことが出来なさそうなので、その辺りが意外と厳しくなりそう…?

カミコはすでに配信中であり、なんと税込500円というワンコインで購入できるので気になる方はチェックしてみましょう(´・ω・)

公式サイトはこちら:http://flyhighworks.heteml.jp/games/kamiko/
購入はこちら:https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000000313

『ナムコミュージアム』紹介トレーラー(海外版)

海外にて『ナムコミュージアム』の紹介映像が公開されました。
発売は2017年夏となっていますが、日本では発表されなかったので海外だけの発売なのか…?は、謎です。

ナムコミュージアムと言えば昔にもPSとかでリリースされていましたよね。
ファミコン時代のナムコの名作が詰め込まれたタイトルですが、本作でも『パックマン』『ドルアーガの塔』『ギャラガ』『スプラッターハウス』などなど…、懐かしの名作がいくつも収録されているようです。
今のところ10タイトルが判明していますが、まだあるんですかね?

当時のナムコのゲームはアーケードがベースなので、やりごたえのあるゲームが揃っています。
と言うかドルアーガの塔とか自力でクリアできるものなのか…。

今のところ海外でしか発表されていないので日本ではどうなるか不明ですが、やっぱり元は日本から発祥したものですから日本でもリリースして欲しいですよねぇ。
パックマンとか東京五輪の動画にも出てたじゃん!

『SINE MORA EX』紹介トレーラー(海外版)

須田51さん所属するグラスホッパー・マニファクチュアがアートディレクションやサウンドデザインを担当した『SINE MORA EX』の紹介映像が海外にて公開されました。
須田51さんと言えば1月のSwitch発表会でまさかの武藤敬司のモノマネを披露して、海外で翻訳を困らせたあの人ですね!

SINE MORAは2012年にPS3やXbox360などでもリリースされており、本作はEXと付いているようにパワーアップ版と言う感じのようです。

ゲームの内容はリアルかつシンプルな横スクロールシューティングといった感じです。
近年ではグラディウスのようなタイプのシューティングゲームは減ってきましたから、今ではこういうゲームも貴重なのかもしれません。
場面によっては視点が少し変わったりもするみたいなので、アインハンダーみたいでもあるかも?

こちらもグラスホッパーが関わっているなら日本ではどうなの?と思ったのですが、発売はTHQ Nordicなんですね…。
THQ Nordicはオーストリアの会社なので、日本では難しいですかねー。
とは言え見た感じではそんなに英文テキストなどが多い感じでもありませんし、ローカライズの作業が少なければ日本でも展開し易かったり…、するんでしょうか?

『The Jackbox Party Pack 3』海外PV

こちらは北米でリリースが予定されている『The Jackbox Party Pack 3』なのですが、何でしょうこの…、何?
1つのゲームではなく、様々なゲームが詰め込まれているタイプのソフトのようです。
いわゆる『1-2-Switch』や『メイドインワリオ』に近しいタイプのゲームだと思うのですが、やはり日本とはノリが違うというか、雰囲気に圧倒されてしまいますね…w

こちらは他のタイトルと違って日本でのリリースは難しそうですねー。
…いや、多分リリースされないだろうな。されないです!

しかし少し手順は大変ですが、ソフトはリージョンフリーなので日本でもダウンロード版を購入する事は可能なハズなので、このノリを味わってみたいという方は調べてみるのも良いですね!
私は買わないけど…

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

1件の返信

  1. しげ より:

    ソニック期待してますよセガさん

しげ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。