スイッチ版『ポータルナイツ』が海外ゲームレンタルサイトに登録

海外のゲームレンタル企業『GameFly』のサイトに、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版『ポータルナイツ』が掲載されています。

該当ページはこちら

新しいサンドボックス型RPG

『ポータルナイツ』とは、海外のデベロッパ『505 Games』が販売を担当したサンドボックス型のRPGです。

『505 Games』といえば『テラリア』で知っている方も多いかもしれませんね(´・ω・)

世界がブロックで出来ているサンドボックスゲームといえば『マインクラフト』が思い浮かびますが、『ポータルナイツ』は様々なエリアやクエストが用意されており、よりアクションRPGとしての要素が強くなっています。

日本では『モノづくりアクションRPG』というキャッチコピーで2016年にSteamで発売され、つい先日、2017年6月29日には『スパイク・チュンソフト』からPS4版が発売されました。

 

今回海外のサイトに登録されたポータルナイツは『Portal Knights:Gold Throne Edition for Switch』というタイトルであり、少し特別なものになっています。

タイトルに含まれる『Gold Throne』とはDLCの名前で、ニンテンドースイッチ版ではこのDLCがあらかじめ収録されたものになりそうです。

 

しかし、日本で先日発売されたPS4版にはDLCが含まれていないので、DLCも含まれたバージョンとなると日本での扱いはまだ分かりません。
(PS4版のDLC『ゴールドスローンパック』の配信日はまだ未定)

それでも海外のゲームレンタルサイトにタイトルが登録されたという事は、海外でのリリース自体は近いかもしれませんね。

今後日本ではどのように取り扱われるのかに注目です(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    確か以前、任天堂アメリカが映像で公式にタイトル名出してたはず

    • 管理人のみう太 より:

      これ記事書いてて思ったんですけど、確かに過去にポータルナイツに関する情報あったかも…。
      日本でも出てる事を知らなかったので、あんまりちゃんと調べてなかったかもです…w

  2. 匿名 より:

    海外はともかく、日本はスパイクチュンがやるかどうかでしょうなぁ
    スパチュンは角川傘下で合併以後に任天堂ハードへのソフト供給ってほとんど無いんですよね
    内製パブとなると多分0なんじゃ無いかな
    ローカライズも多くやってますけど、テラリアくらいしか無いかも?

    一応、協力会社に名前は連ねただと思うので0では無いと思いますけど
    (親会社直属の角川ゲームスは確か名前がなかった)
    海外アカウントで遊ぶことも可能ではありますが、
    標準で日本語対応してないだろうなー、正式な発表待ちですかね

    • 管理人のみう太 より:

      とは言えポケダンとかはスパチュンの仕事ですし、全く繋がりない訳ではないのでなんとも言えないですねぇ…(´・ω・)
      でも確かにローカライズ作品だと『ネクロダンサー』とか『ホットラインマイアミ』とか、PS向けのタイトルの方が多いですね。
      対応するにしてもまだまだ先の話になりそう…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。