任天堂はスイッチのセーブデータがバックアップ出来ない事を懸念している

海外メディア『Mashable』は、アメリカ任天堂のレジー社長にインタビューを行い、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のセーブ機能について尋ねました。

元の記事はこちら

『セーブデータが消える恐怖』を任天堂は理解している

2017年3月3日にニンテンドースイッチが発売され、およそ8ヶ月が経過しましたが、未だ解決されていない問題として『セーブデータ』の扱いが挙げられており、それについて海外メディアはアメリカ任天堂のレジー社長に質問しています。

ニンテンドースイッチは、例えダウンロードしたゲームが消えてしまったとしても、eショップから無料で再ダウンロードが可能です。

しかし、セーブデータに関してはニンテンドースイッチ本体に保存され、SDカードなどにコピーする事も出来ないので、万が一消えてしまった場合は復元する事も出来ず、最初からやり直すしか方法がありません。

海外のコミュニティ『Reddit』でもこの問題を指摘する声は多いという意見にレジー社長は、まずニンテンドースイッチは任天堂が懸念していた故障のお問い合わせは比較的少ないと前置きをした上で、そのセーブデータへの恐怖は理解していると答えました。

例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で120の祠を巡り、400以上のコログの実を集めたデータが、そこから無くなってしまうのがどういう事かを理解し、任天堂は消費者指向の企業であるので、懸念へ対して引き続き取り組んでいくとコメントしています。

任天堂は具体的な解決方法を明らかにはしませんでしたが、セーブデータに関する問題は認識しており、バックアップではありませんが、先日のアップデートで他のニンテンドースイッチへデータを移行させる事が出来るようになりました。

セーブデータのバックアップに対する解決法は主に2つ考えられ、1つは手元のSDカードなどにセーブデータをコピー出来るようにする事です。

これは3DSなどでも採用されており、誰でも手軽にバックアップを残す事が出来ますが、一方でバックアップからデータを解析され、チートの利用者を増やしてしまう可能性があります。

任天堂はこれを問題とし、ニンテンドースイッチではセーブデータがユーザーの目の届かない本体に保存されていると考えられています。

もう1つは、オンラインストレージを任天堂が用意して、インターネット上にセーブデータをコピーする方法です。

これはPS4やXbox Oneなどで採用されており、任天堂ハードでも『ポケモンバンク』がこれに当たります。

こちらの方がオンラインサービスの開始に伴って実装される可能性が高いですが、ニンテンドースイッチは室内だけでなく外出先でも起動できるハードで、常にオンラインに繋げられる環境とは限らない事から、いくつかの複雑な問題があるとレジー社長は述べています。

とはいえニンテンドースイッチの基本的な位置づけは据置プラットフォームであり、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『スーパーマリオ オデッセイ』、今後は『スカイリム』や『ドラゴンクエストⅪ』といった長時間遊べるタイトルも増え、セーブデータの重要性はより増してきます。

自然に消えてしまう事は無くとも、何かの衝撃で壊してしまったり、つい水没させてしまったり…、修理でニンテンドースイッチ本体を修復する事は出来ても、セーブデータは修復する事が出来ないので、何かしらの対策の用意に期待したいところです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

15件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    将来的には何らかの対応はあるだろうけど、HDDや過去のメモリーカードと比べて今の揮発性メモリは物理衝撃にも熱にも寒さにも大きな影響を出さないし、受けにくく
    雷サージもあまりなぁ
    PCE時代やPS1やSSのメモリ時代なら消えたこともあるが、現代ではPSO2のような破壊データくらう以外で消えるって物理以外だとあんま起こらん。というか起きたことがない

    桜井が語ってたけど、彼はすでにPSNのクラウドセーブの容量を使い切ってるらしい
    結局、使う人にだけ必要なサービスだったり、必要な人にはいくらあっても足りない
    そのために、使わない人にもPSNやゴールドのように高額な月額による何らかの負担を強いるのか?ポケモンバンクのように使う人だけ課金するのか、プラットフォーマーが自己負担するのか、技術面以外でも課題はあるんじゃない?

    そら他社と右へ習へで、月5000円取りますというなら、その点の話は簡単だろうけど

    • 匿名 より:

      ソニーもMSも12か月分一括払いの場合で約5000円じゃなかったっけ?

      • 匿名 より:

        月5000円は間違いでしたね、そらそーだわw
        そんな金額でサービスとかすごいことになりそうだw

    • 管理人のみう太 より:

      確かにすべての人が必要なのかがありますし、ポケモンバンクみたいに別サービスとして用意するのもアリなのかも?
      出来るだけ無駄なサービスは省いた方がその分価格を抑えられますから、何をオンラインサービスに選ぶかが気になるところですね(´・ω・)

  2. 匿名 より:

    オンラインサービスで対応すればいいんじゃない?

    • 管理人のみう太 より:

      その可能性が1番ありそうなんですけど、別途対策を用意する可能性もありそうですね(´・ω・)
      もし万が一修理にとか出すときはバックアップを取っておきたかったりもするので、必要とするユーザーは一定数いそうだけど…。

  3. 匿名 より:

    先日、Switchを修理に出して戻ってきたけど
    第一に確認したのはセーブデータでしたね、無事だったけど
    昔のようにセーブデータが消えても一からやり直すって事は
    気力も時間もないですし、オンラインサービスでいいので
    クラウドとかでバックアップとして残せるようにしてほしいですね

    • 管理人のみう太 より:

      スーファミの頃とかは何回でもやり直しましたけど、今はストーリーをまた最初からってのは厳しいですよね…w
      ゼルダのデータとかは確かに消えたらショックが大きいので、多少お金がかかっても安心は買っておきたいかも(´・ω・)

  4. 匿名 より:

    Switchは持ち運びできますから、何かの拍子に壊すことが他の据え置きに比べたらあり得ますからね。しっかりとした対応を期待したいですね。

    • 管理人のみう太 より:

      トイレとでも持っていけますけど、落とさないようにすごい気を使いますw
      物理的な耐久性は高いらしいですけど、水没だけはどうしようもないので要注意ですね(´・ω・)

  5. 匿名 より:

    根本的な話だけど、課金も始まって無いのに議論することだろうか
    PS4もPSN+への課金がないと、一部のデータ以外はバックアップ取れないし
    そもそもPS4開始時にそんな機能はなかったわけで、これからでしょ

    記事にもあるように、レジーは問題を認識してるし、予定がないとも話していない
    こういった懸念に対する問い合わせ自体が非常に少ないものだと言うように
    まだセーブはバックアップが取れて当たり前!という意識はまだ一般化してないと思う。消えたらおしまい、無くしたらおしまいという意識はあると思う

    任天堂という企業イメージ考えると課金者のみに権利を与えるという
    現状の常識にどう寄せるかも検討するんじゃないかね、
    課金しないと使えないのはおかしい!とかいう人出てくるんじゃないのか心配

    本体の普及が落ち着くまでは有料化の開始もないんじゃないかと思ってるけどさ
    せっかく本体の供給が間に合わないほど売れてるのに、急いで有料化して小銭稼ぐ時期でもない朝そうだし

    • 管理人のみう太 より:

      元々は秋開始予定だったのが2018年に延期したのは、普及台数の関係もありそうですよね(´・ω・)
      秋に始まってたらスプラトゥーンやARMSがやりたかったけど買えなくて、買えた時にはオンラインの無料期間が終わってた…、なんてユーザーも結構いたと思うので、そもそも品薄が解消されるまではまだまだ先の話なのかも…?

  6. 匿名 より:

    嘘乙。
    課金無くてもPS4はUSBに保存できるんですわ。

    早くスイッチにもオンラインでもいいからバックアップ機能つけて欲しいわな。
    データ消えた時がホント怖い。

  7. 匿名 より:

    ちなみにPS4はPS+加入なしでもバックアップ取れるから嘘つきは消えてね。

    スイッチのバックアップできれば無課金でお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。