スイッチに短時間の録画機能が追加、他の本体へセーブデータの引っ越しも可能に

2017年10月19日にNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)がアップデートされ、プレイ動画の撮影やデータの引っ越し機能などが追加されました。

公式トピックスはこちら

待望の録画機能、30秒を巻き戻して保存

任天堂は以前からニンテンドースイッチに対して『録画機能を実装する』と告知していましたが、2017年10月19日にその機能が解禁されました。

ニンテンドースイッチをVer 4.0にアップデートする事で機能が追加され、ジョイコン(L)にある『キャプチャーボタン』を長押しする事で録画モードを起動できます。

詳しくは公式サイト

録画機能で撮影された動画は本体の『アルバム』に保存されますが、ニンテンドースイッチは本体の保存容量が小さい事もあってか、録画は30秒までという時間制限が設けられています。

その為、いわゆる『実況動画』のような長時間に渡る動画は撮影できませんので、ちょっとした日記感覚で使う事の方が多いかもしれません。

 

録画の仕様は少し変わっていて、キャプチャーボタンを押した『30秒前』から録画されます。

『これから撮影する』という時に押すのではなく、『たまたま面白い事が起きた』という時にとっさに押せば、30秒前までさかのぼって動画に残せるので、カメラが回っていなくて撮り逃した!なんて事態も防げそうです。

アルバムに保存された動画は自分で必要な部分だけ切り出したり、動画の一部を画像に変換する事も可能で、TwitterやFacebookに投稿する事も出来るので、『ガッツリプレイ動画を撮って楽しむ』と言うよりは、『お手軽に撮ってSNSで共有する』という楽しみ方がメインになりそうです。

 

この録画機能についてはすべてのゲームに対応している訳ではなく、現段階では『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『マリオカート8 デラックス』、『ARMS』、『スプラトゥーン2』、そして発売が目前の『スーパーマリオ オデッセイ』で利用する事が出来ます。

なお、対応ソフトは今後順次追加されるとの事です。

長時間の動画撮影にも対応して欲しいユーザーは多いと思いますが、ニンテンドースイッチは大容量のHDDにも後々対応予定になっていますので、もし実装されるとしたらそのタイミング頃かもしれません(´・ω・)

新しいスイッチを買ったら…、データの引っ越しに対応

ニンテンドースイッチは新しい据置プラットフォームですが、携帯出来る特徴も持っており、家庭によっては兄弟で1台ずつ欲しい、なんて事もあるかもしれません。

家族で使っていたニンテンドースイッチに加えて、自分専用のニンテンドースイッチを新たに買ってもらった場合、前の本体から新しい本体へセーブデータなどを引越しする事が出来ます。

ユーザーのデータをそのまま引っ越す事が出来るので、その人のゲームのセーブデータやフレンドリスト、ニンテンドーアカウントへの提携などを引き継ぐことが出来ます。

ダウンロードソフトに関しては引き継がれませんが、購入履歴はそのまま引き継ぎますので、eショップから改めて無料ダウンロードが可能です。

ただし注意が必要なのは、自身でダウンロードしたソフトでなければ、新しい本体で再ダウンロードする事は出来ません。

つまり、以前の本体では兄がダウンロードしたソフトを遊んでいた場合、新しい本体では自分に購入履歴が無く再ダウンロードが出来ないので、この場合は改めて自分用に買い直す必要があります。

また、逆にゲームをダウンロードしたユーザーが別の本体に引っ越してしまった場合は、ゲームの権利も新たな本体に移ってしまうので、元々の本体にダウンロードされているゲームでは遊べなくなってしまいます。

セーブデータは誰でもそのまま引き継がれますが、ゲームデータに関しては購入した人の権利が必要になる、という事は覚えておく必要がありそうです。

 

また、アルバムに関してはユーザーに紐づけして保存されていないので、SDカードに保存してパソコンで移し替える必要があります。

あらかじめダウンロードも可能に

今回のアップデートでは他にも、『ユーザーが設定できるアイコンの追加』と『あらかじめダウンロード』が実装されています。

『あらかじめダウンロード』に関しては一部のゲームにしか対応していませんが、サードパーティから発売される今後のタイトルは容量が大きいゲームも多く、事前にダウンロードを済ましておけるこの機能は重宝するかもしれません。

しかし、もし今後新たな本体を購入して引越しする可能性がある場合は、ダウンロード版ではそれぞれのユーザーでソフトを購入する必要があるので、カードを使いまわせるパッケージ版の方が利点もあり…、ちょっと悩むところですね(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

10件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    本体の保存容量は関係ないと思う。PS4の場合15分で800MBしか使わないから。(PS4は720p60fps、Switchは720p30fps ほぼ同じ条件)
    ただ単に、動画サイトでは無くSNS用だから30秒だと思う。Twitterだと最大2分しかあげられないし。

    多分ニコニコやYouTubeが対応すれば15分ぐらいに延びるんじゃないかな?

    • 管理人のみう太 より:

      PS4ってそんなもんで録画できるんだ、シェアプレイ使った事なかった…(´・ω・)
      普通のキャプチャーボードで実況動画とか撮ると数GBになるので、最適化とかされてるのかな?
      今後収録時間が伸びるって噂もあるんですが…さてはて…?

  2. 匿名 より:

    Suica対応はまだかの…
    いちいちWiiU経由するの面倒なんじゃ

    • 管理人のみう太 より:

      ニンテンドースイッチはゲームに集中している分、まだ実装されていない機能が結構ありますね…w
      前触れなくアップデートされるので次はいつになるのか…(´・ω・)

  3. 匿名 より:

    動画よりもデータの引越しは待望してた人多いんじゃないかな
    家族で使ってると必ず起こることだと思ってたので、年末前に導入されて嬉しい
    メモリーカードのような媒体がなくなって、友人の家にデータ+ソフトを持ち込んで遊ぶのが難しい時代になってしまったからなぁ
    まぁswitchなら本体ごと持っていけば良いんだが。

    • 管理人のみう太 より:

      確かにクリスマス~お正月で、兄弟分でもう1台!は結構ありそうかも(´・ω・)
      スイッチは小さいから良いんですけど、他の据置プラットフォームだとダウンロードしたソフトとか持って行けないですもんね…w

  4. 放浪ホーロー より:

    プロフィールアイコンはもっとじゃんじゃん増やしていいと思うんだけどなー
    マリカーとかスマブラの操作キャラクターになってるキャラのアイコンは用意してあっても

    • 管理人のみう太 より:

      確かに、折角あれだけ大々的に発売された『ARMS』とか追加されても良いですよね…w
      でもアイコンが増えれば増えるだけMiiを作る人が減るので、その辺のバランスが難しい…のか…?

  5. べんか より:

    あー。。
    録画機能だいぶ期待してたんだけどなぁ
    今後のアプデで時間制限なく録画できるようにもしてくれないかな
    最低一時間でもいいから可能にしてほしい

    • 管理人のみう太 より:

      プレイ動画や実況動画を撮るにはちょっと無理ですね…(´・ω・)
      キャプチャーボードもHDMI対応のやつは結構高いので、出来ればハード側で対応して貰えれば…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。