Nintendo Switch版『Winning Post』と『Champion Jockey』が9月14日に発売決定

コーエーテクモゲームスはNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに『Winning Post 8 2017』と『Champion Jockey Special(チャンピオン ジョッキー スペシャル)』を発売すると発表しました。

発売日は9月14日に同時発売です。

Winning Post 8 2017

『Winning Post』とはコーエーテクモゲームスの開発する競馬シミュレーションゲームで、1993年から継続的にリリースが続いているシリーズです。

競馬ゲームと言えば『Winning Post』か『ダービースタリオン』が有名ですよね(´・ω・)

 

『Winning Post 8 2017』は2017年3月2日にPS4、PS3、PS Vita、PC向けにリリースされたタイトルですが、そのニンテンドースイッチ版のリリースが決定しました。

本作は2014年に発売された『Winning Post 8』の2017年版で、最新の名馬や『大阪杯』をはじめとした2017年のレース番組表に対応しています。

主人公は箱庭競馬界のオーナーブリーダーになり、数々の名馬を輩出していく競馬シミュレーションゲームで、『受け継がれる血統のロマン』をコンセプトに “人や馬との絆” が描かれています。

競馬のゲームと言うと若い世代には取っ付きにくいジャンルではあるかもしれませんが、Winning Postでは初心者でも競馬の魅力が体感できるようになっているようです。

主人公には秘書が付いており、初めて遊ぶ人でも分かりやすいようにチュートリアルをしてくれます。

主人公はストーリーを進めると結婚も可能ですが、秘書と結婚する事も可能で、生まれた子供が調教師や騎手になる事もあるようですよ(´・∀・)

ニンテンドースイッチ版では新たな要素として、Joy-Conを利用した片手プレイにも対応しています。
テレビの前で寝そべりながら、片手でリモコンを持つような感覚で遊べるみたいですね。

また、携帯モードではタッチスクリーンを利用した直感的な操作も可能で、快適なプレイが出来るそうです。

他の機種で配信されたDLCも最初から搭載されていて、新しい秘書や衣装が用意されています。

Champion Jockey Special

『Champion Jockey Special(チャンピオン ジョッキー スペシャル)』はかつてテクモが開発していた競馬ゲーム『ギャロップレーサー』と、コーエーの開発していた『ジーワンジョッキー』をかけ合わせた新たな競馬ジャッキーアクションゲームです。

Winning Postはオーナーブリーダーとして馬を育成するゲームでしたが、こちらはプレイヤーはジョッキー(騎手)となり、レースの1位を目指すアクションゲームです。

『Champion Jockey』はかつてPS3、Xbox360、Wiiで発売されましたが、今作は追加要素や新たな操作を加えたスペシャル版となっています。

プラットフォームがニンテンドースイッチになった本作の最大の特徴は、Joy-Conを利用した簡単かつ奥深い、体感型の操作です。

両手に持ったJoy-Conを実際の手綱や鞭に見立てて、ジョッキーになりきって振る事で競走馬を操ります。

また、本作はHD振動に対応しており、競走馬が駆ける足音に合わせてリアルな振動が再現されているようです。

実際にコントローラーを振る操作はやる事が多くて大変そうかもしれませんが、初心者でも簡単にできる操作方法も用意されており、誰でも楽しめるようになっています。

競走馬は歴代の名馬から現役の馬まで12,000種以上が用意されており、それだけでも十分すごいのですが…、なんと『シマウマ』や『トラ』、更には『ロードバイク』など実際の競馬ではお目にかかれないような競走馬(?)まで用意されています。

JAPAN WORLD CUPかな?

更に本作は先ほどのニンテンドースイッチ版『Winning Post 8 2017』と連動しており、Winning Post 8 2017のセーブデータがあればミライ、センチョク、ユーティライズ、ツヴァイヘンダー、ルックミーダッドと言った5頭のスーパーホースが最初から使用可能になります。

また、Winning Post 8 2017で自分が育てた競走馬を登場させる事も可能で、育て上げた自慢の馬に乗って遊ぶ事も出来るようです。

価格はどちらのタイトルも7,800円+税、発売日は9月14日(木)です。

 

しかしコーエーテクモゲームスはニンテンドースイッチに対してかなり積極的に展開していますね(´・ω・)

既に『信長の野望・創造 With PK』や『三国志13 With PK』をリリースしており、8月には『よるのないくに2』、9月に2つの競馬ゲームと『ファイアーエムブレム無双』、冬には『信長の野望・大志』を発売予定です。

今後も新たなタイトルが発表されるか注目ですね(´・∀・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    コエテクはフットワークが軽いね

  2. 匿名 より:

    初期から発売を宣言してたタイトルが公開かーと思ったらそっちはダビスタだった

    • 管理人のみう太 より:

      普段遊んでいないとダビスタもウイニングポストも違いが分からなかったり…、はありそうですねw
      ダビスタもSwitch版開発する発言はしていたけど、そっちはいつになるんだろう(´・ω・)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。