日本一ソフトウェア、今後はPS4とニンテンドースイッチのマルチを焦点に

『魔界戦記ディスガイア』などで知られる『日本一ソフトウェア』は、今後はPS4とNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のマルチプラットフォームに移行する方針のようです。

ディスガイア5が成功、携帯ハードとの相性が良い

『日本一ソフトウェア』は岐阜県に本社を構える日本のメーカーであり、これまで『魔界戦記ディスガイア』や『ファントムブレイブ』、『魔女と百鬼兵』などのヒット作をリリースしてきました。

多くの作品はこれまでPS系のプラットフォームで展開されていましたが、Wall Street Journalの望月氏によると、今後はPS4とニンテンドースイッチのマルチプラットフォームを考えているとの事です。

 

 

日本一ソフトウェアは、ニンテンドースイッチの本体と同時に『魔界戦記ディスガイア5』をリリースし、ロンチタイトルとして注目を浴びました。

日本では『1-2-Switch』や『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の陰に隠れがちで、新川社長も『3本目くらいのソフトとして選んで貰えれば』とコメントしており、あまり売り上げはパッとしたものではありませんでしたが、最終的には3万本の出荷を達成しており、十分に健闘していたようです。

更に海外では発売日がズレた事もタイミングが良かったのか、売上本数が10万本を超え、後発にも関わらずPS4版と大差ない成果を挙げています。

事実、日本一ソフトウェアはこのヒットを受け、前年同期と比べ大きく純利益を伸ばした決算結果を発表しました。

今回のツイートは公式の発表では無いので信憑性は確かではありませんが、日本一ソフトウェアの新川社長は以前にも、『ディスガイアの次回作はニンテンドースイッチで出す可能性が高い』とコメントしており、前向きな姿勢を見せています。

実際、日本一ソフトウェアのゲームはシミュレーションRPGが多く、コツコツとしたレベル上げなどの作業が多くなりがちなので、携帯出来るプラットフォームとは相性が良いと言われていました。

しかし、PS4で発売された『魔界戦記ディスガイア5』も当初は、『携帯で出すにはPS Vita2が必要になる』とコメントされており、携帯ハードに出すのが難しい状況であったようです。

ニンテンドースイッチであれば十分なスペックと携帯性を確保できると思われますので、今後は新川社長の言う『PS Vita2』のポジションに、ニンテンドースイッチが着く事になるかもしれませんね。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。