ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド DX Edition公式サイトがオープン、PVも公開

8月24日にPS4とNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にて発売が予定されている『ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド -デラックスエディション-』の公式サイトがオープンしました。

公式サイトはこちら:http://opuw.bn-ent.net/

PS3やWiiUなどからの移植、DLC51種が入り

『ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド -デラックスエディション-』は、以前PS3やWii U、3DS、PS Vitaにて発売された『ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド』の移植作であり、画面解像度を向上させ、配信されたDLC全51種が収録された完全版となっています。

先日もこのタイトルの発売が決定した記事は書いたのですが、公式サイトもオープンし新たなPVも公開され、更に詳しくゲームの内容を知る事が出来るようになりました。

 

詳しいスペックについても公式サイトに記載されており、PS4では画面解像度は1920×1080と大幅に向上、ニンテンドースイッチでもTVモードはPS4と同じ1920×1080、携帯モードはPS3やWii Uと同等の1280×720で描画されるとの事です。
またフレームレートに関しても、どちらも30fpsから60fpsに向上しています。

更に目を惹くのはDLCが全て収録されている点で、なんと全51種ものDLCがあらかじめ収録されています。
無料DLCや有料DLCだけでなく、初回封入特典やVジャンプの攻略本封入特典、森永のチョコレートに封入されていたクエストなど、ある種期間限定だったものまで収録されているのは嬉しいですね(´・∀・)

また、今作は2013年に発売された作品で最新のキャラクターでも『シーザー・クラウン』であると以前記事に書いたんですけど、無料アップデートで『ドンキホーテ・ドフラミンゴ』や『藤虎』と言ったキャラクターも追加されており、ドレスローザ編のキャラクターまで入っていたんですね、これは失敬(´・ω・)

価格はPS3版やWii U版の6,640円よりも安い4,800円、更に9月20日までであればダウンロード版は早期購入価格として4,320円と比較的お求めやすい価格になっています。

私これ買おうか悩んでるんですよねー、昔からジャンプ読んでるんでワンピースもリトルガーデン編から本誌で読んでるんですけど、海賊無双3からワンピースのゲームって買ってなかったんですよ。
そう言えば今日もジャンプ読みましたよ、あんまり目立ってないけどキャロット可愛いよね(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。