オーバーウォッチのNintendo Switch版について非常に難しいが可能ではあるとコメント

海外のゲーム情報メディア『Nintendo Everything』によると、オーバーウォッチのディレクターであるJeff Kaplan氏は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版のオーバーウォッチについて、非常に難しいが可能ではあると答えています。

元の記事はこちら:http://nintendoeverything.com/overwatch-director-on-challenges-bringing-the-game-to-switch/

ブリザードの開発した人気アクションシューティング

『オーバーウォッチ』とは、アメリカのゲーム会社『ブリザード・エンターテイメント』が開発したアクションシューティングゲームです。
Windows、PS4、Xbox Oneでリリースされ、日本でもスクウェア・エニックスからPS4向けに『エクストリームエッジ』レーベルから発売されました。

その人気は非常に高く『ザ・ゲームアワード2016』や『プレイステーションアワード2016』など数々の賞を受賞しており、2017年1月時点で2500万人以上のプレイヤー、更にはアメリカやヨーロッパ、日本などでもプロのチームが発足している程となっています。

…実は私自身はあんまり詳しくないのでWikipedia情報まんまで申し訳ないですがw

そんな大人気のオーバーウォッチですが、ディレクターを務めたJeff Kaplan氏がニンテンドースイッチ版についてコメントを出しています。

可能性はあるが、いくつもの障害が

まず結論から述べると、ニンテンドースイッチ版のオーバーウォッチは可能だとしています。
しかしその為にはいくつかのクリアしなければ問題があり、それは簡単ではないとも答えています。

“I think the problem is, we’ve really targeted our min spec in a way that we would have to revisit performance and how to get on that platform.
And also, it’s already challenging right now maintaining three platforms and patching simultaneously, which is something that we’ve finally been able to achieve.”

さぁ苦手な英語がきたぞー。

かいつまんで翻訳すると、まずSwitch版を考えるのであれば、そのプラットフォームに合わせてパフォーマンスを考え直す必要があるとしています。
ニンテンドースイッチは任天堂の新型据置機ですが、携帯性を実現する為に他社のPlayStation4やXbox Oneと比べると単純なマシンスペックではどうしても劣ってきます。
その為、他のコンシューマー版やWindows版をそのまま移植という訳にはいかず、Switchに合わせて作り直す必要があるという事ですね。

そしてもう1点、先ほど紹介したようにWindows、PS4、Xbox Oneと3つのプラットフォームで展開をしており、現時点で既にすべて同時にパッチを当てたり更新を継続していく事が難しいとしています。
ここに更にSwitch版までリリースしてしまうと、アップデートに必要な作業がさらに増えてしまう…、と言う事ですね。

マシンスペックに関しては他のPS4向けタイトルなどを移植する際にもよく言われていた事ですが、展開しているプラットフォームが多いとそれだけアップデートも大変になるんですね…。
言われれば当然そうなのですが、そういった理由で移植が難しくなるという事もある訳ですね。

「私はスイッチを愛しています! 2番目にお気に入りのゲームプラットフォームは3DSです。スイッチにオーバーウォッチをもたらすのは私たちにとって非常に挑戦的なことです。しかしながら実現可能なプラットフォームの探求は常に行っています」

引用:http://www.gamespark.jp/article/2017/03/15/72184.html

しかし以前のAMAセッションではJeff Kaplan氏はSwitch版のオーバーウォッチは非常に挑戦的な事としており、開発の可能性は否定していません。
そもそも検討をしていなければ問題点も洗い出しませんから、検討しているのは確かみたいですね。

うーん、私は申し訳ないのですがオーバーウォッチをまだ遊んだ事が無いんですよね…。
もちろんとても有名なのでタイトルは知っていますよ!真島ヒロ先生も大絶賛してましたよね確か。

なのでしっかりした事は言えないのですが、ニンテンドースイッチとの相性とはどうなんでしょう?
夏に発売されるスプラトゥーン2などは持ち寄ってローカル対戦できる事も見どころになっていますが、オーバーウォッチも同じように楽しめたりするんですかねー。

…やばいな、私がルールとかちゃんと知らな過ぎて踏み込んだことを書けないなw
ともかく今年中にはSwitch版をどうするか結論が出ると見られていますので、気になる方は続報をチェックですね!
ただ出たとしても日本でのローカライズはスクエニがこっちもやってくれるのかな…?

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。