【感想・レビュー】オクトパストラベラーの体験版を遊んでみた

おっすみう太です(=゚ω゚)ノ

先日の『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)』放送後に配信された、スクウェア・エニックスの新作RPG『project OCTOPATH TRAVELER』の体験版を遊んでみたので、感想やレビューを書いてみようと思います!

体験版ダウンロードはこちら

『2Dなのに新しい』RPG

『プロジェクト オクトパストラベラー』とは、現在スクウェア・エニックスが開発を進めている、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けの新作RPGです。

現在体験版をダウンロードする事が可能で、誰でも気軽に遊ぶ事が出来るようになっています。

さっそく体験版を起動させると、最初に1枚のコンセプトアートが表示されました。

本作はタイトルの『オクトパス』になぞらえて全部で8人の主人公がいるのですが、ここに描かれている8人が主人公っぽいですね。

(顔は見えないようになっているけど)

そのまま少し待っているとタイトル画面に移動し、デモ映像が流れます。

見ての通り本作はドットを用いた2Dグラフィックですが、建物などは3Dで描かれている部分もあり、スクエニは新たに『HD-2D』と呼んでいます。

最初に『アンリアルエンジン4』のロゴも表示されていますが、最新のエンジンを利用した上で2Dのゲームはなかなか珍しいですね(´・ω・)

タイトル画面から『New Game』を選ぶと、まずは主人公を選びます。

全員で8人いますが、体験版では剣士の『オルベリク』と、踊り子の『プリムロゼ』の2人から選ぶ事が出来ます。

真ん中に意味ありげにスペースがあるので、9人目がいるような…。

『ライブ ア ライブ』かな?

今回は『オルベリク』で始めてみました(´・ω・)

かつては王国で『剛剣の騎士』と呼ばれていた人物ですが、王を守る事が出来ず戦争に敗北し、小さな村で用心棒として生活をしています。

『何の為に剣を振るっているのか』が分からずに日々を過ごしていましたが、ある出来事から新しい旅に出る事を決意する…、みたいな感じのストーリーになっています。

オープニングの回想が終わると、いよいよ村からゲームが始まります(´・∀・)!

主人公の周りは敢えて少しぼやけたような表現になっていて、これがまたレトロな感じで良いですね!

マップは特別広くはありませんが、移動速度も特に問題なく、SFC…というよりはPS2の頃の2DRPGを彷彿とさせます。

建物の中もシームレスで入れますよ(´・∀・)

なんとなくレトロゲームの感覚で遊んでいたので、建物に入る時にロードがないだけでちょっと驚いてしまいましたw

ただ、建物の中の物は特に調べられたりはしないので、製品版ではアイテムが見つけられたり、何かメモが読めたりしたら面白そうだなぁ…と思います。

誰とでも戦える『試合』

本作はそれぞれの主人公に特殊なコマンドが用意されていて、『オルベリク』は『試合』を行う事が出来ます。

この『試合』とは、誰とでも戦闘が出来るコマンドで、村や町のほとんどの人とバトルする事が可能です。

こんな風に、村の自警団と『稽古』という形でバトルを申し込めます。

最初にチュートリアルで戦う事になるので、進めていれば自然と分かりますけどねw

村の村長とも戦えますよ!

しかもこっちがレベル1の時点だと、意外と村長も強い…っていうか固い…(´・ω・)

試合で戦って倒した相手はノビてしまうので連戦は出来ませんが、イベントを進めたり、マップを切り替える事で何度でも戦えます。

因みに村長は倒すたびにアイテムを落とすので、恨みは無くとも何度も戦ってしまいます…w

経験値やお金もちょっとだけど貰えました。

なお、かつて王国で名を馳せた騎士より強い自警団もいる模様。

何者だお前は(´・ω・)

弱点を突いて『ブレイク』を狙え!

戦闘は昔ながらのコマンドバトル…なのですが、ただレベルを上げて殴るだけでなく、戦略性が大切になるバランスになっています。

『オルベリク』は剣と槍を装備する事が出来るのですが、まずは敵がどちらに弱いかから調べる事になります。

もし剣で攻撃して相性が良ければ、相手の『ブレイクポイント』を1減らす事が出来ます。

ブレイクポイントを減らして0にすると『BREAK』の文字と共に、1ターン行動不能にする事が可能です。

ブレイクして行動不能になった敵は防御力も下がるので、そこで一気に強力な攻撃を叩き込むのがコツみたいです(´・∀・)

弱点の武器で何回攻撃すればブレイクさせられるかは敵によって違うので、タイミングを見てブレイクを狙う必要があります。

敵が1人ならひたすら弱点武器で攻撃していれば良いのですが、複数いる場合は誰を優先してブレイクさせるか、どの敵の行動を最も封じるべきか、を考えて戦闘を進めるのが大切です。

また、各キャラクターは戦闘中に『アビリティ』を使う事が出来ます。

いわゆる『特技』とか『魔法』ですね(´・ω・)

例えばオルベリクは『横一文字切り』という、敵全体に剣で攻撃する特技が使えますが、これなら剣が弱点の敵を一斉にブレイクさせる事も可能で、次のターン安全に攻撃したり回復する事も可能です。

 

そしてもう1つ大切なのが『ブースト』システムです。

ブーストポイントが毎ターン1ずつ溜まり、これを使う事で連続攻撃が出来たり、特技の威力を引き上げる事が出来ます。

例えば『あと3回攻撃しないとブレイクさせられない!』というときも、ブーストポイントを2使って、3回の連続攻撃で一気にブレイクさせる…なんて事も出来るんですね(´・∀・)

ブーストポイントをブレイクさせるために使うか、ブレイクさせた相手に大ダメージを叩き込む為に使うか、これもまたバトルの戦略性が広がっていると思います。

序章とは思えない強さのボス

今回は体験版なので、2人の主人公の『序章』まで遊ぶ事が出来ます。

最後にはボスが用意されているのですが、これが序章ながらなかなかの強敵で…

まず、でかい。

ひと目で『強そう!』って感じですね…(´・Д・)

敵キャラの下に、盾のマークに数字が書いてありますね。あれがブレイクポイントです。

あのボスは『6』と書かれているので、弱点の槍で6回も攻撃しないとブレイク出来ない訳です。これだけで手ごわい…。

しかも攻撃力が高く、『力を溜める』の後の攻撃は150ダメージ以上の強烈なものでした…!

まずは周りの手下を片付けると、ボスの攻略もずいぶん楽になりました。

力を溜めた後の攻撃は確かに強烈ですが、ブレイクで行動不能にすれば解除させる事が出来ます。

なのでバーストポイントを常に溜めておいて、力を溜めたら連続攻撃で一気にブレイクポイントを削り、行動不能に追い込みます。

もしバーストポイントを節約してブレイクさせる事が出来たなら、ブレイク中はボスの防御力も下がっているので、バーストポイントと特技を併用して大ダメージを狙いました(´・ω・)

上の画像がそうなんですけど、1700以上のダメージを叩き込むことが出来ました!

これだけじゃ倒せなかったけどな!

適度な戦略性と難易度

回復アイテムは結構使いましたけど、なんとかボスも倒す事に成功し、1時間ほどでゲームオーバーにもならず序章をクリアしました。

(強い自警団にはボコボコにされたけど、試合なのでゲームオーバーにはならなかった)

こいつな。

 

基本的には古きよりRPGのテイストが強いので、敵を倒してレベルを上げて、ちゃんと装備を揃えれば誰でも攻略が出来ると思います。

しかし、上手にバトルを進める事で多少レベルが低かったり、装備が弱くても立ち回れるバランスはなかなか面白かったです。

私はそんなにちゃんとレベル上げしてなかったので、レベル6くらいでボスに挑みました´・ω・)

 

ただ、道中のザコ敵もレベルが低いうちは結構固くて、力押しで何とかしようとすると苦戦しそうです。

レベルアップすれば全回復するのが救いだ…。

バトルもなかなかテンポが良いですし、仲間が増えれば更に戦略性が強くなりそうです。

意外と『詰将棋』みたいな感覚…かも…?

良かった点と気になる点

じゃあ最後にまとめておきましょう(´・ω・)

 

良かった点

  • 2Dグラフィックでは最高峰だと思う
  • 音楽もとても良い
  • ドアを開いたりするとHD振動を感じる
  • ロードは短め
  • バトルはテンポが良く、戦略性もある
  • バトルに余計なコマンドなどがないのでシンプルで分かりやすい
  • 各主人公ごとにできる特殊な行動が面白い
  • アイテムは結構頻繁に手に入る
  • 35歳の男が主人公とか、最近のゲームには無かったと思う

 

気になる点

  • 家の中の物とか、調べられるオブジェクトが欲しい
  • お店で装備を買ったら『すぐ装備する』があると便利
  • 2Dグラフィックで動きが小さいのに、セリフがちょっと多いかも?
  • お店や宿に限っては中に入れず、扉の前でメニュー操作するだけは寂しい
  • セーブポイントは多めだけど、いつでもセーブできる訳じゃない
  • ランダムエンカウントは嫌いじゃないけど、時には煩わしいかも
  • バトルは楽しいけど、特に斬新って感じではない

 

こんなところですかね?

取りあえず体験版は遊んでみて損はないと思うので、気になる方はチェックしてみて下さいね(´・∀・)

 

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    どこが通れてどこが通れないかが分かりづらいので、マップは欲しいかも

    • 管理人のみう太 より:

      あー、確かにマップは欲しいかもですね。
      主人公の周りがぼやけて表示されるのは雰囲気あるんですけど、通れる道なのかちょっと見難いんですよね…(´・ω・)
      ダンジョンはともかく、街や施設ではあると便利かも。

  2. 匿名 より:

    店に入れないというのは私は逆に煩わしくなくて良かったですねー
    どーせ入ってもNPCに話しかけて買い物するだけですし
    このゲームは屋内もシームレスだからあったらあっても良いんですけどね。
    戦闘後のリザルト画面でキャラが喜びのポーズもなく、立ちっぱなしはちと寂しい

    細かい点はアンケート実施までにもう少しプレイして、開発にフィードバックしてもらいたいものです

    • 管理人のみう太 より:

      店の中に他のNPCがいないなら、わざわざ入らなくても良いかもですね(´・ω・)
      確かに勝利後のアクションは欲しいですね、あと連続攻撃するときにちょっとで良いからモーション変えてくれたら嬉しいかなー。
      まだ発売は先そうなので、細かな点はこれを機に修正して欲しいですね!

  3. 匿名 より:

    自分は走りもちょっと遅いと思ったけど、コンパクトだから許せるって印象でしたね。
    敵がタフ過ぎるとも思ったし、レベルアップで全快もそれが回復手段になっちゃうのがやだなー。
    でもオルベリク編でわりと気に入ったんで、プリムロゼ編は製品版まで封印しようとしたんですが、
    結局やっちゃいました。
    シナリオ結構容赦無い感じでなかなか期待できそうですよね。

    • 管理人のみう太 より:

      確かに敵は結構固いんですよね、レベルが低いうちはちょっと手ごわかったかも…。
      オルベリク編面白かったですよね、あの『試合』も今後はもっと重要になるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。