『Project Rap Rabbit』のキックスターターが失敗、PS4 / スイッチの目標額に届かず

『七音社』と『イニスジェイ』がコラボレーションした新しい音楽ゲーム『Project Rap Rabbit』のKickstarter(キックスターター)キャンペーンが終了しました。

詳しい記事はこちら

目標額には遠く届かず…、Kickstarterの失敗

『Project Rap Rabbit』は『パラッパラッパー』や『ビブリボン』を手掛けた『七音社』と、『ギタルマン』や『押忍!闘え!応援団』を手掛けた『イニスジェイ』が共同で開発していた新しいリズムアクションゲームです。

 

本作は開発資金を調達する為に、5月中頃からクラウドファンディングであるKickstarterでキャンペーンを開始していましたが、6月20日をもってキャンペーンが終了しました。

結果は目標額である85万5000英ポンド(約1億2000万円)に対して16万1557英ポンド(約2,275万円)しか集まらず、失敗に終わっています。

 

クラウドファンディングへ再ローンチする為の更なる開発資金を捻出する事は難しく、この企画の縮小もしたくない事から、『Project Rap Rabbit』の開発を継続する事は出来ないとアナウンスされています。

七音社とイニスジェイはまだ今後の展開については詳しく話せないとしながら、この報告が『Project Rap Rabbit』の最後にならない事を願っていると答えています。

『もっと出来る事はあった』Kickstarterで2つの失敗

今回『Project Rap Rabbit』のクラウドファンディングが失敗した理由に、2つの要因があると分析されています。

まず、『Project Rap Rabbit』の目標金額が異常に高かった事です。

今では目標金額の欄に110万米ドル(約1億2000万円)、ニンテンドースイッチ版の開発に150万米ドル(約1億6670万円)となっていますが、当初はニンテンドースイッチ版の目標設定額は495万米ドル(約5億5000万円)となっていました。

PC版とPS4版が1億円強なのに対して、ニンテンドースイッチ版の開発には5億円以上必要になるのは明らかに設定額が高すぎる上に、最終的には4億円近く設定額を引き下げたのも不信感を煽る結果となりました。

もう1つの失敗の要因として、ゲームの内容を伝える映像が不足していた事が挙げられます。

本作は『和』と『ラップ』を掛け合わせ、まるでタイムスリップしたかのような過去の日本が舞台となっています。

その独創的なテーマやコンセプトは多くの人の興味を惹きましたが、具体的なプレイの映像などがほとんど無かった為、クラウドファンディングを成功させるだけの勢いが生まれなかったようです。

イニスジェイの矢野慶一氏は今回のKickstarterに対して『我々がもっと出来る事があったのは明らかだ。とても良い学習体験だった。』とコメントしています。

個人的にはビブリボンも持ってますし、応援団も『華麗に応援』を全部フルコンボするくらい遊んでたんで少し楽しみだったんですけどね(´・ω・)

音ゲー好きだし。

ただ、最初に目標額を見た時にやっぱり『ハードルが結構高いな』とは思いました。
PS2の頃から既にゲームの開発には2億~3億円程必要だったらしいので、やっぱりこれくらい開発には資金が必要になるんですかねぇ…(´・ω・`)

クラウドファンディングが失敗し開発資金の調達が難しいとなると、今後『Project Rap Rabbit』を見るにはどこか他のパブリッシャーが手を差し伸べてくれるかにかかっているのかもしれません。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    AUTOMATONによれば、出展していないE3で、いくらかの会社と会談が持たれたようですね。
    先入観アリアリで言わせてもらえれば、最初の目標額とストレッチゴールの不自然さからして
    最初からPC/PS4で決まっていたのではないかな?
    キックがダメになれば、SIEあたりがパブになって
    PS4専用で出すことになるまで決まってたのでは?

    bitsummitでは、SIEの方と一緒に登壇してコメントしてましたし、
    かなり不自然なキックスターターだったのは否めないかと、プレイしてみたかったですけどね
    ※たぶん、発売はされると思ってる

    • 管理人のみう太 より:

      出るなら出るで良いんですけど、釈然とはしないですねw
      流石にスイッチ版が5億は不自然と言うか、いやそれは無理だろ感が強かったですよねぇ(´・Д・)

  2. 匿名 より:

    単純にあんまり面白そうに見えないからでは?

    • 管理人のみう太 より:

      個人的には嫌いじゃないんですけどねw
      ただ、和をテーマにして海外でクラウドファンディングは魅力が伝わり難そうな気はします(´・ω・)
      イギリスの会社がデベロッパらしいので仕方ないかもですけど、規模を少し小さくして日本で資金調達した方がまだ話題になったんじゃないかなぁ…。

  3. 匿名 より:

    やはりロドニーさんは偉大であった

    思えばこれがパラッパ新作として(主人公はパラッパの弟子とか)
    だしておけば 集まったかもしれないですね

    クラッシュバンディクーが復活をしれっと行うぐらいですし

    • 管理人のみう太 より:

      題材がラップなら、パラッパラッパーとの繋がりを持たせても良さそうですよね、キャラクターもみんな動物ですし…(´・ω・)
      大規模なクラウドファンディングは、何かしら昔熱狂していたゲームのエッセンスとかが感じられないと難しそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。