PS4に新作『太鼓の達人』が発売決定。ニンテンドースイッチ版とは別のもの?

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4に向けて『太鼓の達人 セッションでドドンのドン!』のリリースを発表しました。

公式サイトはこちら

太鼓の達人最新作、PS据置ハードでは11年ぶり

音楽に合わせて太鼓をバチで叩くリズムゲーム、『太鼓の達人』最新作がプレイステーション4で発売決定しました。

 

『太鼓の達人』シリーズはこれまでも家庭用据置プラットフォームでリリースされてきましたが、2008年以降はWiiとWii Uでのみリリースされており、PS3でリリースされた『太鼓の達人』はありませんでした。

(携帯ハードならPSPやPS Vitaでもちょっと出てるけどね(´・ω・))

その為、プレイステーションの据置ハードでは2006年に発売された『太鼓の達人 ドカッ!と大盛り七代目』が最後であり、本作はおよそ11年ぶりのPS据置ハードでのリリースとなります。

専用『太鼓とバチ』、収録曲は70以上

公式サイトには収録曲は70曲以上と紹介されており、その一部がリストアップされています。

ロードムービーだッ!

と、どこぞの吸血鬼じゃありませんが、個人的に高橋優さんが『僕らの平成ロックンロール』の頃から好きなのであれですね、心揺れる(´・ω・)

『女々しくて』や『キセキ』と言った定番の曲から、『全力バタンキュー』、『ようこそジャパリパークへ』などなど、最近話題になった曲もしっかりと押さえています。

『夏祭り』『リンダリンダ』『紅』辺りはもう何年も前から必ず入っている気もしますが…w

『源平討魔伝』とか、結構マニアックなゲームミュージックを入れてくるのも『太鼓の達人』らしいですねw

近年ではボーカロイドや東方の曲も入っていて、私みたいなおじさんは時代を感じます(´・ω・)

収録曲はまだすべては公開されていませんが、70曲を超えるボリュームをとなっています。

本作はPS4専用『太鼓とバチ』も用意されています。

これを本体に繋ぐ事で、アーケードと同じような感覚で楽しむことが出来ますね。

今度の太鼓は進化していて、太鼓にコントローラーのボタンが付いているようです。

これでかなり操作も快適になりそうですが、ボタンの位置をうっかりバチで叩かないように気を付ける必要はありそうですねw

あと、私はWii専用の太鼓を持っているので知っているのですが、結構うるさいのでご近所の迷惑にならないように気を付けましょう(; ・`д・´)

PS4『太鼓の達人 セッションでドドンのドン!』の発売日は、2017年内となっています。
詳しい発売日については続報に注目です(´・∀・)

ニンテンドースイッチ版『太鼓の達人』

『太鼓の達人』はこれまで任天堂のプラットフォームでも数多くリリースされていましたが、ニンテンドースイッチではどうなのか?も気になるところです。

まず、結論から言えばニンテンドースイッチ版『太鼓の達人』は開発が予定されており、バンダイナムコの決算説明会でも『太鼓の達人』のリリースを明言しています。

画像の右下ですね。

『新プラットフォームへの積極対応』と銘打って、太鼓の達人のタイトルを挙げています。

その為、2017年度中にPS4だけではなく、ニンテンドースイッチ版の太鼓の達人もリリースされる可能性が高いと思います。

任天堂の公式サイトにも『太鼓の達人』のロゴが掲載されていますしね。

では今回発表された『太鼓の達人 セッションでドドンのドン!』がニンテンドースイッチでも発売されるのか?となりますが、個人的には少し違うのかな、と思います。

何故なら今までWiiやWii Uでリリースされた『太鼓の達人』は、任天堂とコラボレーションした楽曲、例えば『スーパーマリオブラザーズのテーマ』や『ポケットモンスターX・Y』、『とびだせ どうぶつの森メドレー』などが収録されていました。

また、現在ゲームセンターで稼働している『太鼓の達人 イエローVer.』では、更に『星のカービィメドレー』や『シオカラ節』も収録されており、ニンテンドースイッチ版にはPS4版では収録できなかったこれら楽曲が含まれたものになるのではないか、と予想しています。
(個人の感想です)

ともかく、ニンテンドースイッチ版も本当に2017年度の発売を予定しているのであれば、PS4版が発売される前に何かしらアナウンスされる可能性が十分にあります。

2つのプラットフォームの情報が出揃ってから、どちらのものを購入するか決めるのも良いかもしれません(´・ω・)

 

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。