スイッチ版『レイマン レジェンド』が日本でも2018年春に発売決定

フランスに本社を構えるパブリッシャー『UBI SOFT』は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版『レイマン レジェンド』を日本でも発売すると発表しました。

関連記事はこちら

海外で人気の2Dアクション、スイッチ版が登場

『レイマン レジェンド』とは『UBI SOFT』の人気キャラクター、『レイマン』を主人公にした2Dアクションゲームです。

日本では知名度の高いキャラクターではありませんが、海外では非常に人気が高く、『大乱闘スマッシュブラザーズ』への参戦も度々噂されていました。

元々は2013年にWii Uで発売され、日本では任天堂がパブリッシャーを務めた事から独占販売になると思いきや、UBIが自らPS Vitaに向けてリリースした事でちょっとひと悶着あったタイトルですw

海外ではPS3やXbox 360、更にPS4とXbox Oneにも移植されていますが、ニンテンドースイッチに移植した『レイマン レジェンド for Nintendo Switch』も2017年9月12日にリリースされました。

日本でのリリースは不透明でしたが、日本でも2018年春に発売する事が発表され、新しいトレーラーが公開されました。

 

本来はベーシックな2Dアクションゲームなのですが、トレーラーではニンテンドースイッチの『おすそわけプレイ』に焦点を当てており、子供が2人で対戦を楽しむ様子が映されています。

(本体が2台あるのにコントローラーをおすそ分けしてるのが気になるけど…(´・ω・))

トレーラーでは2人でプレイしていますが、最大で4人までローカル通信プレイが可能で、他にも携帯モードのタッチスクリーンを利用した操作なども実装されており、様々な楽しみ方が用意されているようです。

まだ詳細は分かりませんが、海外ではパッケージ版も用意されており、ファイルサイズは2.9GBとなっています。

また、体験版も海外では配信されていたので、気になる方は続報にも注目です(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。