『ルーンファクトリー』風インディーズタイトルがスイッチ向けに開発決定

海外のゲームデベロッパ『Magnus Games』は、『Re:Legend』というゲームを開発する為の資金をクラウドファンディングで調達しています。

※この記事は2017年7月31日に投稿したものを加筆、修正したものです。

クラウドファンディングページはこちら

ルーンファクトリーにインスパイアされたほのぼのRPG

『Re:Legend』というゲームは元々2015年に違うタイトルで開発されていたのですが、それは開発中に資金が不足し完成させる事が出来ませんでした。

しかし、スクウェア・エニックスのインディーズをサポートするコミュニティ『Square Enix Collective』のサポートもあり、『Re:Legend』として再び開発に漕ぎ出す事が出来たそうです。

 

このタイトルは『ルーンファクトリー』や『デジモンワールド』、『ファンタジーライフ』など日本のRPGの影響を強く受けており、暖かみのあるグラフィックでありながら高い自由度、スリリングなバトルなどが用意されています。

本作で出来る事は多く、畑を耕して作物を育てたり、作ったものを島の人にあげて友好度を高めたり、洞窟で鉱石を集めたり、ペットのモンスターを飼育したり、武器を錬成して島の外を探索したり…、まさにルーンファクトリーらしさがありますね(´・∀・)

『Re:Legend』の主人公は『ヴォッカアイランド』という島に漂着し、記憶を失っています。

主人公は新しい人生をスタートさせるため、ヴォッカアイランドで作物を育て住人と結びつき、自身の記憶を取り戻す方法を探します。

記憶を取り戻すためには『エチオア』と呼ばれる土地を探索する必要がありますが、世界には危険な『マグヌス』と呼ばれるモンスターで満たされており、なかなか一筋縄ではいかないようです。

…本当にルーンファクトリーだ…(´・ω・)

マグヌスと呼ばれるモンスターは非常に危険ですが、飼いならす事で戦闘、農業、釣り、トラベルなどに役立つパートナーになります。

また、しっかりと愛情を注いで育てる事で成長し、独自の条件で進化する事もあるようです。

進化したマグヌスはとても心強く、様々な場面で役立つのでこのパートナーの成長も重要な要素になりそうです。

本作はマルチプレイにも対応しており、最大で4人まで同時に遊ぶ事が出来ます。

マルチプレイのメリットとしては冒険の際に助け合えるのもありますが、例えば農業でも4人で役割分担する事で効率的に作業を進める事が出来ます。

また、1人1人違うマグヌスを連れてこれるので、それぞれのマグヌスにあった仕事を振り分ける事で、より快適にゲームをプレイ出来るようです。

マルチプレイに当たって、それぞれの主人公に独自性を持たせる事が大切だと開発者は考えており、自分で好きなキャラクターにカスタマイズする事が可能です。

それはヘアスタイルやヘアカラー、目の色、肌の色、服やアーマーまで設定可能で、他のプレイヤーとは違った主人公を生み出す事が出来ます。

『Magnus Games』はマレーシアの小さなデベロッパで、このゲームもたった6人で開発しているとの事です。

しかし日本のゲームに大きな影響を受けた『Re:Legend』は様々な要素が日本人向けになっており、キャラクターも非常に可愛らしく描かれています。

また、音楽に関しては『ファイナルファンタジー』や『ゼルダの伝説』の公式コンサート、『CAPCOMライブ』などの総合プロデューサーを務めた仲間将太氏が協力しているのも注目です。

本作はまず2018年第1四半期にPC版がリリース予定ですが、クラウドファンディングではニンテンドースイッチ版、PS4版、Xbox One版も視野に入っています。

目標設定額は25万ドルでニンテンドースイッチ版、28万ドルでPS4版、31万ドルでXbox One版となっており、すでにニンテンドースイッチ版の目標額をクリアしています。

8月10日現在ではおよそ27万ドルが集まっており、あと1万ドルでPS4版も開発が決定し、多くのユーザーに期待されている事が分かります。

本作は紹介したようにマレーシア発のタイトルなので日本でリリースされるかは分かりませんが、日本向けのグラフィックや音楽、スクウェア・エニックスのコミュニティが協力している事などからローカライズされる可能性も…、もしかしたらあるかもしれませんね(´・ω・)

ニンテンドースイッチはリージョンフリーなので海外のソフトでもダウンロードは可能ですが、今後は日本向けの情報があるかにも注目です。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    switch版のストレッチゴールが前なのは珍しいなぁ
    まぁ他機種ともそれほど金額に差はないから
    switchに到達すれば、残りもゴールしそう

    • 管理人のみう太 より:

      ここまでルーンファクトリーに寄せていると、携帯出来るプラットフォームが向いているって判断なのかもですね(´・ω・)
      何にせよリリースされるプラットフォームが増えるのは良い事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。