リメイク版『聖剣伝説2』は、スイッチが発表される前から開発が始まっていた

海外のゲーム情報メディア『Redbull』は、スクウェア・エニックスの小山田将氏にインタビューを行い、リメイク版『聖剣伝説2』について尋ねました。

元の記事はこちら

思い出と進化のバランスの難しさ

『聖剣伝説2』とは、1993年に『スクウェア』から発売されたスーパーファミコンのゲームで、非常に人気の高いアクションRPGです。

その人気からバーチャルコンソールなどでの配信だけでなく、先日発売された『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』にも収録されていたり、多くのユーザーの記憶に残っている名作です。

(私は何回バイオキメラを倒しても進めなかった記憶が強いけど)

その『聖剣伝説2』をリメイクした『聖剣伝説2 SECRET of MANA』が現在開発中であり、2018年2月15日にPS4 / PS Vita / PC で発売予定となっています。

基本的なシナリオやシステムはそのままに、グラフィックや音楽をすべて刷新、更にキャラクターボイスやトークイベントの追加など、生まれかわった『聖剣伝説2』が体験出来るようです。

 

インタビューで小山田氏は、多くのユーザーの記憶に残っているからこそ、そのグラフィックの違いに悩んだとコメントしました。

多くのユーザーはキャラクターへの思い入れも強いので、昔のドットのグラフィックを踏襲したデザインを希望しています。

しかし、ドットから3Dポリゴンに作り直す場合はどうしても細かな部分まで作り込む必要があるので、元のドット絵には無かった要素を入れる必要があり、それが過剰になると元のキャラクターと違うと言われてしまい、そのバランスを取るのが非常に難しいようです。

開発はキャラクターの動きを補完し、昔の『聖剣伝説2』のプレイヤーであっても3Dのグラフィックに失望しないよう気を使っていますが、それでも昔の美しい記憶に勝つのは難しいと、シリーズファンに納得して貰う事の難しさを語りました。

確かにリメイク版の『聖剣伝説2』は全体的にデフォルメが感じられ、一部では『スマートフォンのゲームのよう』と言われてしまう事もあります。

しかし、もしグラフィックを1番に重視した場合は、8等身の見た目にツヤツヤの髪質、細かな装飾品や装備品などなど…、リアルにすればするだけ、本来の『聖剣伝説2』らしさから遠ざかってしまうのかもしれません。

スイッチ版は予定にないが、要望次第で検討の可能性

リメイク版『聖剣伝説2』の対応プラットフォームはPS4とPS Vita、そしてPCであり、ニンテンドースイッチは含まれていません。

この理由について小山田氏は、本作はニンテンドースイッチが発表される前から開発が始まっていたと明かし、スイッチの期待値がここまで大きくなるとは予想出来ていなかったと答えました。

ニンテンドースイッチではすでに『聖剣伝説コレクション』が発売されていますが、そちらは基本的に過去作のベタ移植であったので、コレクションの開発より更に前からプロジェクトが進んでいたのかもしれません。

その為、現段階ではニンテンドースイッチ版の予定はありませんが、引き続きスイッチのユーザーを含む様々な意見を取り入れ、要望が多ければニンテンドースイッチ版の可能性もあるかもしれないとコメントしています。

本作はPS Vitaでもリリースが予定されている為、そこまでハイクオリティを求めたゲームにもなっておらず、もし開発が決定すれば移植自体はそこまで難しく無いかもしれませんね。

また、『聖剣伝説3』の可能性については、今はまだ何も発表出来る事がないとしながらも、私もそれに関わる仕事を何かしたいと答えており、皆様の聖剣伝説への継続的な支持に感謝を述べました。

『聖剣伝説コレクション』は過去作の移植でありながら、40,000本以上の比較的好調なセールスを記録していますので、『聖剣伝説2』のリメイク版も期待したいところです(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    グラ的に任天堂ハードでも売れそうな予感

    • 管理人のみう太 より:

      そもそもスーファミのタイトルですし、VCやスイッチのコレクション、ミニスーファミとか任天堂ユーザーと親和性はあるハズなんですよね(´・ω・)
      持ち運びやマルチプレイにも良さそうだし、スイッチ版もアリな気はするんですけどねぇ…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。