『ロックマン クラシックスコレクション2』の発売が発表 + 収録作4本をおさらいしよう

CAPCOMはPS4、Xbox One、PC向けに『ロックマン クラシックスコレクション 2』の発売を発表し、ファーストトレーラーを公開しました。
『ロックマン クラシックスコレクション』はロックマンのナンバリングタイトルをまとめて収録したタイトルで、コレクションパックの2作目となります。

ロックマン7~10までDLCも含めて

日本では2016年に発売された『ロックマン クラシックスコレクション』は『ロックマン』から『ロックマン6』までの6作品が収録されていましたが、『ロックマン クラシックスコレクション 2』では『ロックマン7』から『ロックマン10』までの4作品が収録されています。

 

前作ではファミコンでリリースされた6作品が収録されていましたが、今作はスーパーファミコンやプレイステーション、WiiやPS3などのダウンロードソフトと様々なプラットフォームのタイトルが収録されているのが特徴です。

更にこれ1本で8bit、16bit、32bitのロックマンが遊べるのも面白いところです(´・∀・`)

前作同様オリジナルのミッションに挑戦できる『チャレンジモード』や、400枚以上のイラストを閲覧できる『ミュージアムモード』も用意されており、ロックマン9、ロックマン10の追加コンテンツもすべて収録されています。

発売日は8月10日木曜日、価格はパッケージ版が2,990円+税、ダウンロード版が2,769円+税となります。
因みにパッケージ版はPS4でしかないようなので、その点は注意して下さいね。

ロックマン7 宿命の対決!

ロックマン7はこれまでファミコンでしかリリースされていなかったロックマンが、初めて別のプラットフォームに移行したタイトルです。

プラットフォームがスーパーファミコンになった事で表現力が増し、今までのロックマンとは一線を画すグラフィックの美しさがありました。

また、キャラクターは子供でも親しみやすいコミカルな雰囲気で描かれており、当時展開されていた『ロックマンX』とは違う明るいゲームデザインがされていましたね。

新しい試みもいくつもあり、『ライトット』や『フォルテ&ゴスペル』の初登場作品でもあります。
特にフォルテは待望のロックマンのライバルキャラで、後にフォルテが主人公の1人である『ロックマン&フォルテ』も発売されました。

ロックマンの代名詞であるチャージショットは溜め時間が伸び、威力も下がった為弱体化しましたが、むしろ今までのチャージショットが強すぎて特殊武器の使い道がボス戦くらいしかなかった部分もあるので、より特殊武器の価値が高まったという意味で好意的に捉えている人も少なくないようです(´・∀・)

他にもラッシュと合体した『スーパーロックマン』やショップの導入、様々な隠しアイテムなどもあるのですが、実はラスボスであるワイリーが非常に強い事でも知られています。

それはもうE缶をすべて使い切っても負けてしまうくらい…(´・ω・`)

問題点としてはグラフィックが向上した事で綺麗なのは良いんですが、ロックマン自体が大きくなったので敵からの被弾を貰いやすかったり、移動のスピードも遅く感じてしまいます。

この点はダッシュや壁キックが出来たロックマンXと比べられてしまう事もあったみたいですね(´・ω・`)

しかしそれでもゲームとしてバランスよくまとまっていますし、遊んで損のないクオリティの高いゲームだと評価されています。

ロックマン8 メタルヒーローズ

ロックマン7が発売された翌年、今度はプラットフォームをプレイステーションに変えてロックマン8が発売されました。
1ヶ月遅れてセガサターン版も発売されていますね。

私ロックマン8は実況動画で見た事くらいしかないんですよねー…(´・ω・)
(当時PSもSSも持ってなかった)

32bitになった事でロックマン7よりも更に色鮮やかになり、後に発売されたロックマン9とロックマン10が原点回帰の8bitゲームなので、ロックマン8が最もグラフィックのクオリティの高いロックマンになります。

ロックマン7の明るくてコミカルな良さをそのまま引き継ぎ、アニメーションムービーやボイスも実装されています。

毎回恒例の8ボスにもそれぞれボイスが付いた事でキャラが立ち、個性の強さはシリーズ随一のようですね。

前作で大きく被弾しやすかったロックマンのグラフィックは一回り小さくなり、水中では泳ぐことが出来たり、スノーボードで滑り続けるステージがあったりと新しい要素もたくさん追加されています。

今作ではE缶が廃止された代わりにステージに中間地点が用意されており、ゲームオーバーになってもステージの途中から再開が出来るようになっています。

また、今までは減りっぱなしだった武器エネルギーがミスをする事で全回復するので、ボス戦で武器エネルギーを使い切って負けて詰んだ、みたいな事は基本的にありません。

これが人によってはゲームの難易度が低く物足りないと感じる人もいるのですが、言い換えれば初心者でも遊びやすい作りになっています。

後はあれだな、ロールちゃんが可愛い。
ロールちゃんはこれまでのどのシリーズにも登場していたヒロインなんですけど、ロックマン8では服装が違うんですよねー(´・∀・`)
ロックマン8のロールちゃんの衣装は本当に似合っているので、すごく良いと思いますよ!

ロックマン9 野望の復活!!

ロックマン8が発売されてから10年以上経って、Wii、PS3、Xbox 360にリリースされた新作ロックマンが『ロックマン9』になります。

当時の最新ハードにしてまさかのファミコンベースであり、ただファミコン風であるだけではなく当時のパレットやスプライト、同時にいくつもの効果音をならすとBGMが消えるなど、当時のファミコンらしさをしっかりと再現しています。

原点回帰を謳っている本作は『ロックマン』や『ロックマン2』をベースにしており、後期タイトルでは当たり前のように出来ていたチャージショットやスライディングも出来ません。

そのため機動力や威力に物を言わせたごり押しが出来ず、特殊武器の使い分けや戦略的な立ち回りなど、当時のアクションゲームらしさが味わえます。

『ロックマン2の続編を作る』というコンセプトで開発されましたがショップなどの要素は引き継がれ、ゲームが苦手な方でもネジを集めてE缶などを買う事でクリアしやすくなっています。

とは言え難易度は高めで、特殊武器を使わなければ相当苦労するボスキャラはもちろん、とにかく一撃死のハリや穴が多いです(´・ω・`)

初見殺しのような場面も多いので、いきなり即死をしてなかなか突破できずストレスが溜まる…、なんて場面もちょっとあるかもしれませんね。

それでもシビアな難易度はある意味当時の『らしさ』があり、ここは好みによるところが大きいのかも…?

また、追加コンテンツで『ブルース』を使用する事も出来ます。
ブルースはロックマンに比べてチャージショットもスライディングも出来ますし、弾を弾く盾も持っています。

まぁその分防御力が低くて数発で死ぬんだけど…(´・ω・`)

ロックマン クラシックスコレクション2ではすでに収録済みなので、気になる方はブルースでプレイしてみるのも一興ですね(´・∀・`)

ロックマン10 宇宙からの脅威!!

ロックマン9の発売から1年後、更なるナンバリングタイトルとして『ロックマン10』がリリースされました。
こちらもWii、PS3、Xbox 360で配信されていますね。

ロックマン9から引き続き8bitのファミコンテイストで開発されており、チャージショットやスライディングも出来ません。

しかし難易度はロックマン9に比べて調整されていて、一撃死のトラップは激減しました。
また設定でイージーモードを選択する事も出来るので、初心者にも安心な設計になっています。

8ボスも個性的で『ストライクマン』ってすげぇよな、本当に野球のストライクなんだもの(´・Д・`)

前作に引き続きブルースも使用する事ができますが、こちらもブルースの方が防御力や基本性能が低めに設定されており、ロックマンより難易度が高めになっています。

更にロックマン10では追加コンテンツでフォルテも使用する事ができ、こちらはバスターが連射可能で最もクリアが簡単なキャラとなっています。

そもそも8bitで描かれたフォルテ自体がレアなので、それだけで一見の価値があるかもですね(´・∀・`)

と言う訳で、クラシックスコレクション2に収録されている4作品を簡単に紹介してみました(´・ω・)

最初にも書きましたが8bit、16bit、32bitのロックマンをそれぞれ楽しむことが出来るので、その違いを比べてみるだけでも価値がありそうです。

価格も3,000円以下とお手ごろなので、気になった方はチェックしてみて下さいね(´・∀・`)

因みに前作は3DSでもリリースされましたが、今作は3DSやNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)での発売は予定されておらず、CAPCOMからもノーコメントとの事です。

前作の3DS版はPS4版、Xbox One版から半年遅れて発売されたので今後ニンテンドースイッチ版などが発表される可能性もありますが、取りあえず発売予定の3つのプラットフォームから考えておくと良さそうです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    こういうのはスイッチのほうがあってると思うんだけどなぁ

    • 管理人のみう太 より:

      最新のグラフィックが必要、とかではないので、出来るなら携帯できるSwitchの方が向いていそう感はありますよね(´・ω・)
      Switch版も追々発表したりせんかなー。

  2. 匿名 より:

    クラコレ2も欲しいけどそもそも1がswitchじゃ出てなかった
    発売するとしたら1が先かもね

    • 管理人のみう太 より:

      確かにSwitchが出るとしたら1から出る可能性はありそうですね(´・ω・)
      先に1がDLソフトで発売とかになるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。