ニンテンドースイッチで将来的にセガサターンやドリームキャストが遊べるかも?

みんな大好きSEGA(セガ)は、過去に発売した自社のレトロゲームをすべて再現する企画『SEGA Forever(セガ フォーエバー)』を立ち上げました。

分かりやすい記事はこちら

メガドライブからドリームキャストまで、全てのリリースが目標

『セガ フォーエバー』とは、セガの開発したレトロゲームのすべてを段階的に配信する一大企画で、iOS / Android向けに配信が予定されています。

 

第一弾はメガドライブでリリースされた

  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ
  • 獣王記
  • ファンタシースターII
  • カメレオンキッド
  • コミックスゾーン

以上5タイトルが配信予定となっています。

なんとこれらタイトルはすべて無料でプレイする事が可能で、更に1.99ユーロ(だいたい240円)ほど課金すると広告の表示を消す事が出来ます。

注目すべき点は『ほぼすべてのセガのゲームを、すべて無料で配信する』と目標を掲げている事であり、将来的には『セガサターン』や『ドリームキャスト』のタイトルも無料で配信されるかもしれないところです。

セガサターンやドリームキャストのゲームは任天堂の『バーチャルコンソール』でも、PSの『ゲームアーカイブス』でも配信されていないので、この配信は待ち望んでいる人も多いかもしれません(´・∀・)!

しかし残念なのは、この『セガ フォーエバー』は現在海外での展開しか発表されておらず、日本での配信予定はありません。

今ではMicrosoftの『Xbox』がハード事業に参入していますが、それまで任天堂、Sonyと共に日本の第一線で戦ってきたセガ…。
是非ともこの企画は日本でも展開して欲しいところです(; ・`д・´)

ニンテンドースイッチなどのコンソールでの展開も視野に

海外ゲーム情報メディアのインタビューによると、この『セガ フォーエバー』は全体の90%以上が『Unity』により制作されているようです。

『Unity』は『いっしょにチョキッと スニッパーズ』や『スーパーボンバーマンR』等にも用いられたゲームエンジンですね(´・ω・)

『セガ フォーエバー』に『Unity』を選んだ理由をセガのマーケティング責任者 “Mike Evans” 氏が語っており、それはこの『セガ フォーエバー』と言うコンテンツを他のプラットフォームにも持ち出しやすいからだ、と答えています。

最初の焦点はモバイルでありモバイルの権利を得る事が重要としながらも、その後、これらゲームをNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のようなコンソールに利用する事も出来るとの事で、他のプラットフォームでの展開も視野に入れているようです。

懐かしのレトロゲームが遊べるのは非常に魅力的ですが、これが『セガサターン』や『ドリームキャスト』となるとコントローラーのボタンの数も増えてきますし、スマホでは操作が難しくなりそうです。
(バーチャファイターとかな)

そう考えた時、ちゃんとしたボタンの付いた家庭用ゲーム機で遊びたいという意見も少なくないと思いますので、ニンテンドースイッチなどでのリリースを望む声は実際に多くなるかもしれませんね。

問題はまず日本でも配信されるかですが…、こればかりは続報に期待するしかありません(´・ω・`)
祈るのですm(゚- ゚ )

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    スマホ版が日本では配信されないし、過度な期待はできないな

    • 管理人のみう太 より:

      フォーエバーを展開するセガ・アメリカやセガ・ヨーロッパは日本のセガとは会社が違う為、日本での展開予定は無い…との事です(´・ω・)
      少なくとも現時点では厳しいみたいですねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。