海外で開始した『ミニスーパーファミコン』の予約が即完売、日本は9月中旬から

2017年10月5日に発売が予定されている『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』ですが、海外では予約が殺到しているようです。

関連記事はこちら

前回も品薄になった『クラシックミニ』

任天堂の『クラシックミニ』シリーズとは、過去のプラットフォームを忠実に再現した復刻版とも言える新しいハードです。

以前はファミコンを再現した『ミニファミコン』がリリースされ、30本のソフトが収録されていました。

任天堂は21本のスーパーファミコンソフトが収録された『ミニスーパーファミコン』の発売を、2017年10月5日に予定しています。

海外では先行して予約が始まりましたが、記事によるとAmazonでは30分、ウォルマートでは5分、大手ゲームショップGameStopなどでは開始とほぼ同時に完売になり、非常に高い人気があるようです。

昨年発売された『ミニファミコン』も人気が高く、品薄で手に入れられない人が多いまま製造が中止になってしまいました。

その状況をみて、任天堂は『ミニスーパーファミコン』は十分な在庫を用意するとコメントしていましたが、今回も予約はあっという間に終了してしまったので、日本でもなかなか入手は難しくなるかもしれません。

『ミニスーパーファミコン』は日本と海外でソフトが違ったり、どこでもセーブが出来る新しい機能が搭載されていたりしますが、最大の特徴として発売されなかった『スターフォックス2』が収録されています。

スターフォックスは日本はもちろん、海外でも非常に高い人気があるので、これも予約が殺到した原因の1つかもしれませんね。

 

任天堂は現在公式サイトにて、ミニスーパーファミコンの紹介映像を公開しています。

面白い機能の1つとして『リプレイ』が実装されており、中断したポイントの少し前からプレイ動画を再生して見返す事が出来ます。

更に、このリプレイの途中からゲームを再開させる事も可能で、時間を巻き戻して遊び直す事まで出来るようです!

なのでこの機能を利用すれば、例えば『ファイアーエムブレム』で仲間が死んでしまった時も、1分前に時間を巻き戻す事で世界線を変える…事が出来るかもしれません。

(1分前じゃ変えられない未來かもしれないけど…(´・ω・))

スーパーマリオや星のカービィ、ドンキーコング、ヨッシーアイランドにストリートファイターなどなど…、今遊んでも色あせない名作の詰まった『ミニスーパーファミコン』ですが、入手したい方は予約のスケジュールなどをこまめにチェックした方が良さそうです。

日本の予約は『9月中旬』から予定されています。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    これも争奪戦になるだろうし、ミニファミコンと同じく早期生産終了もありえる

    数量限定じゃなく受注生産形式にしてほしいわ
    発売前から欲しがってる人には定価で買う権利ぐらいあってもいいだろうに…

    管理人さんはこれ狙ってないの?

    • 管理人のみう太 より:

      ファミコンが圧倒的スピードで売れましたからねぇ、こっちの在庫はどうなっているのか…。
      私も欲しいんですけど、その時期って色々ソフトが出るじゃないですか…。どうしたものか悩んでますよ…(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。