本格ホラーアドベンチャー『死印』がスイッチとPS4で復活、追加要素も用意

『ファミ通.com』の先出し週刊ファミ通にて、PS Vitaで発売されたホラーアドベンチャー『死印』のPS4版とNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版が明らかになりました。

元の記事はこちら

品切れにもなった話題のホラーゲームが再登場

『死印』とは、日本のソフトスタジオ『エクスペリエンス』が開発するホラーアドベンチャーゲームであり、2017年6月1日にPS Vitaにて発売されました。

本作はその独特なビジュアルと、恐怖心を煽るゲームデザインが非常に話題になり、PS Vita版の初回生産が追い付かず品切れ状態にもなった話題作です。

その『死印』に追加要素を加えた新たなバージョンが、PS4とニンテンドースイッチでも開発中であると明らかになりました。

主人公は突如体に噛まれたような痣が浮かび上がり、その『シルシ』を持つ者は数日後に原因不明の死を遂げてしまいます。

同じように痣を持った人たちが1つの館に集められ、死へのカウントダウンが進む中、生き残る術を見つけ出すために怪異が潜む『戦慄の心霊スポット』を探索します。

※動画はPS Vita版

90年代の日本を舞台に、都市伝説をテーマにした本作はじっとりとした恐怖があり、間違った選択をする事でタイムリミットが削られていく焦燥感など、派手さは無くとも心に来る恐怖体験を味わう事が出来ます。

発売日や価格などの詳細はまだ分かりませんが、エクスペリエンスは以前よりPS4やニンテンドースイッチへの参入を明らかにしており、開発自体は少し前から始まっていたのかもしれません。

来週のファミ通には詳細が掲載されていると思いますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    初めて知ったけどなかなか面白そう

    • 管理人のみう太 より:

      面白そうだけど怖そう…(´・ω・)
      ビックリドッキリ系じゃないからまだ良いですけど、ホラーは苦手だから買うかはちょっと悩んじゃうなー…w

  2. 匿名 より:

    Switchに現状足りないのはホラーだと思っていたのでこれは嬉しい
    アドベンチャーってのも貴重だし

    • 管理人のみう太 より:

      バイオハザードとかDOOMのようなサバイバルホラーは出ますけど、こういったアドベンチャー系のは珍しいですよね(´・ω・)
      このジャンルも今後は増えていくのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。