任天堂がスマートフォン向けアプリ『ゼルダの伝説』を開発中であるとの噂

Wall Street Journalによると、任天堂はスマートフォン向けに『ゼルダの伝説』のアプリを開発中だと報じています。

元の記事はこちら:http://jp.wsj.com/articles/SB12389501321203413476904583146291750443224

任天堂の『5つのスマホゲーム』の内の1つ?

記事によると、Wall Street Journalの望月氏は複数の関係者から『スマートフォン向けゼルダの伝説』が開発中であるとの情報を入手したそうです。

任天堂はDeNAとタッグを組んでスマートフォン向けのゲームに力を入れており、そのラインナップを更に拡充する為にゼルダの伝説のアプリを開発しているとの事です。

任天堂はすでに『Miitomo』、『スーパーマリオラン』、『ファイアーエムブレムヒーローズ』の3つのアプリをリリースしており、更に『どうぶつの森』のアプリの配信も予定しています。
任天堂は当初2017年度3月までに5つのスマートフォンアプリを配信する予定であったので、あと1つまだ明らかになっていないタイトルがありますね。
その最後の1つが『ゼルダの伝説』になる、と言う事になります。

関係筋によると『どうぶつの森』のアプリは2017年後半にリリースされるとの見方が強いようで、ゼルダの伝説はそれに続く形になる、との事です。
ただし、開発の進捗などによってはリリースの順番や時期が前後する可能性があるとも書かれています。

このゼルダの伝説のアプリに関してはもちろん公式の発表はありませんので、信憑性の高いものかは分かりません。
ただ、すでにマリオやどうぶつの森、任天堂が直接開発に携わった訳ではありませんがポケモンなど、有名なIPを使ったアプリがリリースされているので、ゼルダの可能性もあり得るのかもしれません。

ゼルダの伝説がスマホアプリになったとして、どのようなゲームになるか難しそうですね…。
スマホアプリでも3Dのゲームが作れない訳ではありませんが、それでもやっぱり制約は多いですし、どちらかと言えば『神々のトライフォース』や『トライフォース三銃士』のような見下ろし型の視点で謎を解いていく…、と言う感じのゲームの方が合っていそうな気もしますね(´・ω・)

他のブログのコメントでは、スマートフォンをブレスオブザワイルドのシーカーストーンのように扱う位置情報ゲーム…なんて予想もありました。
それ面白そうですけど、ポケモンGoみたいに任天堂だけじゃ対応が難しそう…?

因みにこれとは別に、ポケモンカードゲームのスマートフォンアプリも開発中だと言う噂もあるようです。
ポケモンカード昔は買ってたなぁ…。
裏の絵柄が変わって昔使っていたカードが使えなくなってやめちゃったんですよ、昔はポケモンカードの裏の絵が違ったの知ってます?

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    流石にゼルダで位置情報ゲームは無いかなw
    多分、携帯機で出してる2Dゼルダの可能性が高いですね。
    他の記事で見たけど、確かポケモンカードゲームに関してはイギリスでは配信中?だったはずです。
    でもカードゲームなのでやっぱりスマホでは無く紙でやりたいですね。

  2. 匿名 より:

    来年 再来年あたりは3DSが消えて、Switchとスマホのツーマンセルで売っていくのかなぁ…

    • 管理人のみう太 より:

      3DSは今後もセールスを続けていくとはしていますけど、世界樹の迷宮やファイアーエムブレムシリーズなどはすでに『最後の3DSタイトルになる』とコメントしてリリースしていますので、Switchに移行すれば縮小は仕方ない部分はありますね…(´・ω・)
      そうなると確かにSwitch / スマホがしばらく柱になるのかも?

  3. 匿名 より:

    普通の2Dゼルダとか出してきたら最悪だけど(スイッチでやれや)
    タッチ特化ゼルダなら期待

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。