スプラトゥーン2に『Bバスパーク』が追加?前作の問題点を改良したリメイク版か

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で発売されている『スプラトゥーン2』の解析を行ったところ、新ステージ『Bバスパーク』が見つかったと報告されています。

元の記事はこちら

前作にも登場したステージ、改良して再登場?

『スプラトゥーン2』にはアップデートで順次ステージが追加されていますが、新ステージ『Bバスパーク』が近いうちに発表されるかもしれません。

『Bパスパーク』は前作の『スプラトゥーン』にも登場したステージで、数々のなだらかな坂と、中央の高台が特徴的なステージです。

この解析画像が本物なのか確証はありませんが、前作と見比べると少しマップの形が変わっており、まずスタート地点から真っ直ぐ平坦な道が追加されています。

また、前作より中央の高台も低くなっているように見えますし、全体的に少し縦長になったような気もします。

※こっちの画像は前作のもの

前作の『Bバスパーク』は他のステージと比べても狭いマップで、特に『ガチホコ』では最初にホコを持ったチームがそのままタッチダウンまで運べる事も多く、今ではガチホコで『Bバスパーク』が選ばれる事は無くなっています。

(プライベートマッチであればガチホコを遊ぶ事が可能です)

他にも、ガチホコでなくとも押し込めれば圧倒的に有利に立てるマップでもあり、場合によってはスタート地点に押し込まれたまま取り返せない…、と言う事も起こりやすいステージでした。

もし本当にスプラトゥーン2にも登場するのであれば、このような問題点を解消する為にリメイクされている可能性は高そうです。

『スプラトゥーン2』にはこれまでも『タチウオパーキング』や『ホッケふ頭』、『モズク農園』が前作から引き続き登場していますが、以前のインタビューで『改善の余地のあるステージを復活させたい』とコメントされており、いずれもある程度のリメイクがされています。

実際『ホッケふ頭』と『モズク農園』に関しては、一度押し込まれると取り返すのが難しかった問題点を、通路の幅を広くしたり、中央の広場を調整する事で、よりナワバリの取り合いがしやすくなりました。

また、前作の『タチウオパーキング』に関しては高台の上が常に有利であり、チャージャーや長距離シューターが猛威を振るっていましたが、本作はインクレールで高台まで登れるようになっていたり、中央の広場が広くなった事で対岸までチャージャーが届きにくくなっていたり、前作の不満点を解消して登場しています。

そういう意味では前作の『Bバスパーク』も『改善の余地があるステージ』であり、今作ではちゃんと『ガチホコ』でもバトルが成立するように、リメイクが検討されてもおかしくなさそうです。

となると、前作の『シオノメ油田』は『ガチホコ』だけでなく『ガチヤグラ』でも登場しない、ある意味レアなステージになっていましたが…、こちらも改善されて登場する可能性はあるかもしれませんね。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    イカ返し付けてリスキルできなくした感じか

    • 管理人のみう太 より:

      スタート地点へはなかなか入り込めないようになってるっぽいですよね(´・ω・)
      前作は1回全滅すると一気に攻め込まれるので、それの対策になっているのかな?

  2. 匿名 より:

    出たリスキルパーク

    • 管理人のみう太 より:

      そんなフィードバックを反映して、今度は改良されている!…ハズ(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。