『ミニスーパーファミコン』対応のコントローラーを海外が開発中、なんか丸い

海外でゲームの周辺機器を販売している『My Arcade』は、『SNES Classic(海外版ミニスーパーファミコン)』に対応したコントローラーを開発しています。

元の記事はこちら

新たに作られたコントローラー、使いやすい…?

任天堂は2017年10月5日に、スーパーファミコンを小さくして21本のタイトルを収録した『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』をリリース予定です。

海外でも、海外版スーパーファミコン『Super NES』を小さくした『Super NES Classic Edition』が発売予定となっています。

海外の『Super NES Classic Edition』にも日本と同じようにコントローラーが2つ同梱されていますが、独自のコントローラーを開発しリリースするメーカーも少なくありません。

『My Arcade』もその中の1社であり、『Super NES Classic Edition』で利用出来る『Super Gamepad』を発表しました。

…なんか、丸い…(´・ω・)

このコントローラーはレトロと現代の良いところを掛け合わせた結果、丸みのあるフォルムになったようです。

説明文にはワイヤレスで動作し、ターボ機能(連射機能?)、ゲーム選択メニューへ直接アクセスできるホームボタンを備えており、NES Classic(ミニファミコン)やバーチャルコンソールでも利用できると書かれています。

ミニスーパーファミコンってワイヤレスのコントローラーに対応しているんでしょうか?
日本と海外じゃ仕様が違ったりもするのかな…(´・ω・)

様々な用途に使える便利なコントローラーですが、このバルーンのように見えるフォルムは海外では賛否あるようで、現時点では未知数なものとなっています。

画像だけでは大きさが分かりにくいので何とも言えないのですが、この丸みは本当に手にフィットするのだろうか…。

それと『ABYX』の文字の位置がちょっと気になりますよね、任天堂のオリジナルみたいにボタンの上に書いてある方が分かりやすいかも…?

日本の『ミニスーパーファミコン』には、当時のデザインを忠実に再現したコントローラーが最初から2つ同梱されていますので、無理に他のものを買わずともそれが1番使いやすい…なんて気もしそうですね(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    SFCコントローラは実家に、純正コンとアスキーパッドがあったけど
    個人的に後者の方が持ちやすくて肌触りも良かったなあ

    形も作りも当時(1990年)の完全再現だと
    「懐かしいし思い出深いけど、もっと持ちやすく改良してほしい」…と感じちゃう人も多いかもしれないですな

    • 管理人のみう太 より:

      今でも私スーファミ遊ぶんですけど、確かにちょっと十字キーとかギシギシ感があるんですよね(´・ω・)
      グリップもないですし、久しぶりに持つ人には確かにちょっと使いにくく感じちゃうかも…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。