スーファミのクラシックミニが発売決定、日本版と海外版で収録タイトルに違いが

任天堂はスーパーファミコンのソフトを21本収録した『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』の発売を発表しました。

公式ページはこちら

収録タイトルは21本、海外との違いも

『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』とは、昨年発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター』のスーファミ版です。

外見は当時のスーパーファミコンをそのまま小さくしたようであり、21本のスーファミタイトルが1つのハードの収録されています。

収録されているソフトのタイトルは

  • スーパーマリオワールド
  • スーパーマリオカート
  • スーパーマリオ ヨッシーアイランド
  • スーパーマリオRPG
  • スーパードンキーコング
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • スーパーメトロイド
  • 星のカービィ スーパーデラックス
  • スターフォックス
  • F-ZERO
  • ファイアーエムブレム 紋章の謎
  • パネルでポン
  • 超魔界村
  • スーパーストリートファイターII
  • ロックマンX
  • ファイナルファンタジーVI
  • 聖剣伝説2
  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • 魂斗羅スピリッツ
  • スーパーフォーメーションサッカー
  • スターフォックス2

と、かなり豪華なラインナップとなっています。

いやこれ、本当に豪華だぞ(´・ω・)

スーパーファミコンを当時持っていた人なら遊んだ事のあるタイトルもあると思いますが、現代でもう一度プレイしてみても絶対楽しめるラインナップだと思います。

『スーパーマリオRPG』とか『スーパードンキーコング』とかは今見ても本当に綺麗なグラフィックですしね(´・∀・)

ラインナップの中にはいくつか最近になってリメイクされたタイトルもありますが、敢えてリメイク前の作品を楽しんでみるのも一興かもしれません。

因みに『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』は海外でもリリースされるのですが、日本版とは少し収録されているタイトルに違いがあります。

海外では

  • スーパーパンチアウト!!
  • MOTHER2 ギーグの逆襲
  • カービィボウル
  • ストリートファイターII ターボ ハイパー ファイティング
  • 悪魔城ドラキュラ

がラインナップに含まれており、代わりに

  • ファイアーエムブレム 紋章の謎
  • パネルでポン
  • スーパーストリートファイターII
  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • スーパーフォーメーションサッカー

は日本版にしか収録されていません。

ファミコンミニの時も日本と海外で違いはありましたが、海外ではアメフトの『テクモボウル』、日本では相撲の『つっぱり大相撲』が収録されていたように、お国柄を取り入れたものになっているようですね。

日本でも『悪魔城ドラキュラ』や『MOTHER2』を遊びたかったから同じラインナップにして欲しい…、と言う意見はあると思いますが、逆に『ファイアーエムブレム』辺りは日本でしかリリースされていないので、海外版に入れる事が難しくそれぞれ別のラインナップになった…などもありそうです。

『スーパーパンチアウト!!』や『悪魔城ドラキュラ』の海外での人気は日本以上なんですよね(´・ω・)

幻の『スターフォックス2』の収録

さてさて、1番目を惹くタイトルが『スターフォックス2』ですね。

これはスーパーファミコンでリリースされた『スターフォックス』の続編ですが、開発されたもののリリースされる事はなくお蔵入りとなっていました。

そんな幻のタイトルが、20年の時を経て正式にリリースされる事になりました。

因みにニンテンドー64でリリースされた『スターフォックス64』は、このスターフォックス2の要素を継承した作品だったみたいですよ(´・ω・)

メンバーも他の作品と少し違って、スターフォックスのメンバーには『フォックス』、『ファルコ』、『スリッピー』、『ペッピー』に加えてヤマネコの『ミユ』、犬の『フェイ』と2人の女性メンバーが加わっています。

また、スターウルフにも『ウルフ』、『ピグマ』、『レオン』に加えてコウモリのような猿のような『アルジー』と言うメンバーが追加されているようですね。

もしこの『スターフォックス2』が予定通りスーパーファミコンで発売されていたら、『クリスタル』がヒロインになっていなかったかもしれませんし、スターウルフに『パンサー』が加わる事も無かったのかもしれません。

なんかそう聞くと逆にミユやフェイを最新作で復活させてほしいような…(; ・`д・´)

因みにWii Uの『スターフォックス零』で登場した、アーウィンの陸上歩行モード『ウォーカー』も『スターフォックス2』で実装される予定だった機能であり、その原点を見る事が出来そうです(´・∀・)

ミニファミコンより『大幅な増産』

昨年発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター』は、非常に多くのユーザーに好評で高い評価を得ていました。

しかし、そんな中でも特に多かった否定的な意見は、供給数が少なく欲しい人に満足に行き渡らなかった点です。

今回も同じように品薄が予想されていますが、それに対してアメリカ任天堂は公式にコメントを出しています。

 

特定の数字は提供していませんが、NES Classic Editionよりも大幅に多くのSuper NES Classic Editionが生産されます。

出典:http://kotaku.com/nintendo-announces-snes-classic-1796418700

 

前回のミニファミコンは任天堂もどれだけのユーザーが望んでいるのか把握できておらず、想定以上の需要に応える事が出来ませんでした。

しかし今回はミニファミコンが品薄だった状況を考慮して、多くの人に行き渡るように大幅な増産をするとコメントしています。

それでも日本では少し入手しにくいかもしれませんが、早めの予約を心掛ければ十分手に入れる事が出来るかもしれません(´・ω・)

『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』の発売日は2017年10月5日(木)、価格は7,980円+税となっています。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    未発売の幻のソフトが収録されるっていうのは面白いね

    • 管理人のみう太 より:

      普通は遊ぶ事の出来ないものですからね、結局これで登場出来なかったキャラクターもいますし(´・ω・)
      人によってはこれだけで8000円分の価値がある!って意見もありそうですねー。

  2. 匿名 より:

    欲しい。しかし問題は「(通常価格で)買えるか」ですね。

    そしてスーパーフォーメーションサッカーに違和感…

    • 管理人のみう太 より:

      ミニファミコンより製造を増やすみたいですけど、日本ではどうですかね…(´・ω・)
      任天堂やコナミ、CAPCOMの中に『ヒューマン』のサッカーですからちょっと雰囲気違いますねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。