Switch、PS4、PC向けに『信長の野望・大志』が開発中、新しい信長の野望だ!

※先日から書き方がフランクになりました(´・ω・)

ファミ通の先出し記事によると、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、PS4、PC用タイトル『信長の野望・太志』が発表されるようです。

元の記事はこちら:https://www.famitsu.com/news/201704/25131775.html

ひとりひとりが持つ”志”がテーマ

信長の野望と言えばコーエーテクモゲームスが開発する、歴史シミュレーションゲームの金字塔ですよね。
わりと最近でもPS4やPS Vita向けに『信長の野望・創造 戦国立志伝』や、Switch向けにも『信長の野望・創造 with パワーアップキット』が発売されていたりと、なかなか多くの作品をリリースしています。

とは言え近年の作品は2013年に発売された『信長の野望・創造』をベースに作られたものでしたので、完全新規の信長の野望は4年ぶりの発表となりますね。

まだ開発中である事しか明かされていないので詳しい事は分かりませんが、『大志』というサブタイトルのように武将一人ひとりが持つ”志”にスポットを当てた作品になっているらしいです。

『一人ひとり』と言うのが気になりますよねー、信長の野望シリーズは通常は君主を最初に選んで、軍を動かして他国を攻め落としたり、内政で収益を増やしたり、外交で他の君主や朝廷と仲良くしたり…、基本的に自分の国を動かしていくゲームなんですよね。

ところが『信長の野望・創造 戦国立志伝』では君主としてだけじゃなく、一人の武将として人生を歩むことも出来るようになりました。
もしかしたら大志でも君主ではなく、一介の武将となって戦国時代を楽しむことが出来るのかも…?

信長の野望は私も最近の創造で初めて遊んだんですけど、やっぱりシリーズが長いだけあって面白いです(´・∀・)
最初に政治やら外交やら合戦やら覚えなきゃいけない事が多いのでちょっと戸惑うんですが、慣れてくるとどこと同盟を組んでおこうかな、次はどこを攻め落とそうかな、あの武将を仲間にするにはどうすれば良いかな…、これを考えて自分の思い通りに進んだ時に、シミュレーションゲームの面白さを感じますよね!

まぁ攻めてみたら敵の同盟国が援軍に来ちゃったり、調子に乗って土地開発してたら資金が足りなくなってたりもするんですけど…w

それと信長の野望の面白さは、毎回違うシチュエーションで楽しむことが出来る点ですね。
例えば織田信長率いる『織田家』でも基本的には強力な軍を持っていますが、年代によっては人材が少なかったり内部分裂をしていたり…、もしくは東北の『伊達家』や四国の『長曾我部家』のような地方領主で始めればどうやって上洛するかを考える必要があったり…、選んだ年代や地方で攻め方、守り方、政治の仕方、すべて違ってくるので遊ぶたびに違う楽しみ方が出来るのがとても面白いですよ(´・∀・)

『信長の野望・大志』についてはまだ詳細は分かりませんが、続報に期待ですね!
…ただ信長の野望シリーズはソフトの価格がなぁ…、ちょっと高いんだよなぁ…w

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。