【話をしよう】エルシャダイのルシフェルが登場する『The LostChild』がPS4/PS Vita向けに開発中

2017年5月24日に角川ゲームスは、PS4 / PS Vita向けタイトルとして『The LostChild(ザ・ロストチャイルド)』の開発を発表しました。

また、それに伴いディザートレーラー、ディザーサイトも公開されています。

公式サイトはこちら

『話をしよう。』あの神話が再び

『ザ・ロストチャイルド』はPS4とPS Vita向けに開発が発表された完全新作タイトルですが、その公式トレーラーでは2011年に発売されたあのタイトルのあの人(天使)が登場しています。

 

『話をしよう。』と言うセリフは、もしかしたらネットのどこかで見た、と言う人も少なくないかもしれません。
ディザートレーラーに登場する黒服の人物は【ルシフェル】と言う、2011年に発売された【エルシャダイ】にも登場した大天使です。

エルシャダイは発売前から公式トレーラーが非常に話題となり『話をしよう。』の他にも『そんな装備で大丈夫か?』や『大丈夫だ、問題ない。』、『ああ、やっぱり今回もダメだったよ。』などのセリフがネット上で流行しました。

エルシャダイを始めとした【神話構想】タイトルは2作目、3作目と続く予定だったのですが、エルシャダイ発売後に開発を担当したイグニッションの日本スタジオは解散してしまい、エルシャダイのIPを他のパブリッシャーに売却する交渉も行ったのですが上手く行かなかったようです。

最終的にはエルシャダイのディレクターを務めた竹安 佐和記氏の会社である【株式会社クリム】に譲渡され、今後も何らかの形で神話構想シリーズを展開する事が発表されていました。

しかしその発表も2013年の事でしたので、4年経ってまさかまたゲームが出るとは思わなかった…!と言う方も少なくないようです。
ていうか私もまさかエルシャダイに関する新作が出るとは思ってなかったぜ(´・ω・)

2011年に発売されたエルシャダイは3Dアクションゲームであり、コンセプトである『説明書いらず』の通り分かりやすい設計になっていました。

私もエルシャダイ持ってますよ、クリアしました(´・∀・)
3種類の武器を切り替えた戦闘や、3すくみを考えた戦い方、様々なコンボが楽しめてアクション面では結構楽しかった覚えがあります。
ただ、ちょっとクリアまでが短いのと、拍子抜けしたラストはありましたが…w

ザ・ロストチャイルドはまだディザートレーラーしか公開されていないのでどのようなゲームになっているかは分かりませんが、もう一度あのブームを巻き起こす事が出来るのか注目です。

『焦る必要はないさ、時間はいくらでもあるんだ。』

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。