Tokyo RPG Factoryの新作『ロストスフィア』、発売日が10月12日に決定

株式会社スクウェア・エニックスはPS4とNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに、新作RPG『ロストスフィア』を発売すると発表しました。

※この記事は2017年5月に掲載した記事に情報を追加したものです。

ノスタルジアな新作RPG

新たに発表された『ロストスフィア』はスクウェア・エニックスの子会社である『Tokyo RPG Factory』が開発を担当しており、『いけにえと雪のセツナ』に続く『Project SETSUNA』2作目のRPGとなります。

いけにえと雪のセツナもPS4とニンテンドースイッチで発売されていましたね(´・ω・)

 

Tokyo RPG Factoryは最先端のゲームではなく、大人が若かりし頃に熱中した90年代のRPGの良さを再現する事に重きを置いており、見下ろし型に近い視点や、コマンド形式のバトルなどRPGの伝統的な要素がふんだんに含まれています。

しかしビジュアルや演出、サウンドが決して古いという訳ではなく、伝統的な要素をちゃんと現代に向けて進化させた作りになっています。

この大きなフィールドマップを見下ろし視点で歩く感じ、確かに懐かしい…。
主人公の後ろに仲間が付いてくる方式も最近では見なくなりましたね(´・ω・)

キャッチコピーは『月はただ 美しく 冷たく 宿命を照らす』となっており、ロゴにも大きな三日月が描かれています。

世界は記憶によって作られており、記憶の力を使う少年『カナタ』を主人公に世界を巡ります。

記憶によって形作られたものは、記憶を失う事で消えてしまい、2度と元に戻す事が出来ません。

しかし記憶の力を使えるカナタの存在が、世界に大きな影響を与えていくようです。

発売日が決定、10月12日に発売

この度スクウェア・エニックスから発売日も発表され、PS4版、ニンテンドースイッチ版ともに2017年10月12日に発売が予定されています。

 

価格はパッケージ版もダウンロード版も5,800円で、Amazonや、スクウェア・エニックスの公式ストアで購入すると特典があるようです。

例えばAmazonでニンテンドースイッチ版を購入すると、特製スリープケースが貰えるみたいですよ(´・ω・)

PS4版では購入したストアに応じて特別なテーマが貰えるようです。

こちらも気になる方は公式サイトをチェックしてみて下さいね。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    海外向けにPC版、北米向けには任天堂が公式に動画載せてますね
    海外は2018年の早い時期に発売予定のようですが、PS4版は不明かな?
    任天堂の公式に動画出るということは、海外販売とローカライズは任天堂がやるのかな?

    • 管理人のみう太 より:

      ローカライズとかはまだ分からないですねー。
      でもいけにえと雪のセツナの繋がりで協力体制になっているのかも(´・ω・)?

  2. 匿名 より:

    ここのRPGって何で毎回暗い感じにするんだろう?
    90年代のRPGが好きな人ってもっと熱い感じの方が好きだと思うんだが

    • 管理人のみう太 より:

      私小さい頃ってRPGあんまり遊んでなかったんですよー(´・ω・)
      FF、ドラクエ、テイルズ、どれを遊んでいたかでも印象は違うのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。